僕は赤ちゃん恐怖症だ・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

赤ちゃんが嫌いという人生

これは僕が今実際に経験していることであり、嘘、偽りの無い事実です。これは僕の最近の悩みです。


悩みと言っても、そこまで大きい悩みではないです。

てか、あまり気にしていないので、悩みではないですが、


おそらく嫌悪感も抱く人もいると思いますが、

気にせず書きます。


昔から気付いていたことですが、僕は赤ちゃんが嫌いです。

子供嫌いと言うよりは、赤ちゃん恐怖症、

ペドフォビアというらしいですが、

おそらくそれに当たるのではないかと思います。


周りに赤ちゃんがいると気持ち悪い感情になりますし、

赤ちゃんの鳴き声がしていると本当にやばいです。


赤ちゃん恐怖症になった原因は、僕の家族関係が最悪で、

幸せの象徴であるとされる赤ちゃんの誕生、

家族が幸せというものに対して、違和感しかないからです。


僕の現実世界では、

家族といることが幸せではなかったので、

家族が幸せであるということに対して、

羨ましいという気持ちもありながら、

そうではない現実と比較すると、

なんとも言えない気持ちになります。


卒業文集に宝物は何かと聞かれ、

家族と書く人や、

家族を大事にする人が好きとか言う人は、

とことん幸せな家庭で時間を過ごし、

自分とは相容れない世界で生きてきたんだと、

いつも感じます。


で、これまでなぜ赤ちゃん恐怖症になったのかの理由を書いてきたわけですが、


何が言いたいかというと、

日常生活で赤ちゃん恐怖症だと色々困るわけです。


何かの集まりで、小さい子供がいる人達のコミュニティーにいると、

必ずと言っていいほど赤ちゃんを連れてくるわけです。


多くの人が、赤ちゃんはかわいい、愛するもの、

守るべき存在などの感情が湧くわけです。



そこに、赤ちゃんが気持ち悪いという人が一人でもいて、

「赤ちゃんが気持ち悪い」というような発言をしてしまうと、

場の空気はやばいことになるのは目にみえています。


多くの人の現実に、赤ちゃんはかわいい存在という現実が存在しているので、

僕がこのような発言をすると、総スカンを食らうのは目にみえています。


僕が、その時間を必死に我慢するしかないのですが、

本当に気持ちが悪いのです。


でも、いわゆる恐怖症なので病気なんです。

高所恐怖症の人は高いところがダメなように、

僕は赤ちゃん恐怖症なのです。


コミュニティーの誰かが出産をしたら、

グループLINEなどで出産した報告に、

LINEで赤ちゃんの画像を上げるわけですが、

本当に僕にとっては気持ちが悪いのです。


でも、理解はされないこともわかっていますし、

努力して治すことでもないと思っているので、

このまま、恐怖症は克服せずに生きます。


赤ちゃんは可愛いという現実を持っているのは、

もちろん良いことだと思いますし、

それが、普通という概念で考えたら、

普通なのだと思います。


ですが、赤ちゃんが嫌いという、

普通ではない人もいるということを頭の片隅にでも入れ、

価値観の押しつけだけは本当にやめてほしいです。


ただ、恐怖の対象が高いところでもなく、

狭いところでもなく、


それが赤ちゃんだったというだけなのだから。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

渡辺 正実さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

シンプルは豊かだな~としみじみ思う

過去世について

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

渡辺 正実さんの他のストーリー

  • 僕は赤ちゃん恐怖症だ・・

  • 渡辺 正実さんの読んでよかったストーリー

  • 学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話