高校中退うつ状態のニートが2か月間の農業バイトをやってみた話。2

このエントリーをはてなブックマークに追加
7


農業をやっている地域…どのくらいの田舎なのかと想像しながら新幹線に揺られて30分。

初めてだったので比較的近い場所にしました。駅で集合した後、軽トラでさらに少し過ぎた後、これから住むことになる家につきました。

え?ここなのか…(困惑)

純粋に驚きました。今までで見てきた中で一番古くてボロいんじゃないかと思いました。夏目友人帳の妖怪が出てきそうな感じです。後で聞いた話ですが建ったのが大正か明治のどちらかと聞きました。

でもそんな家でも冷蔵庫は各自で使えたし、個室、Wi-Fi無料で特に問題もなかったですね。

ボットン便所なのは少し気になりましたが、すぐに慣れました(笑)



初日… 

まさかの雪です。結構意気込んでいたのですが部屋の中での作業でした。ラベル貼だったと思います。

周りが山なので雪景色がとてもとてもきれいでした。写真撮っておけばよかったなぁ。今考えても心洗われる景色でした。





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

齋藤 明さんの他のストーリー

  • 高校中退うつ状態のニートが2か月間の農業バイトをやってみた話。2

  • 齋藤 明さんの読んでよかったストーリー

  • あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。