第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

▲他7件のストーリー
第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎
このエントリーをはてなブックマークに追加
8

第8話 〜諦める、という決断 ~



オーディションに受かっても、喜びはつかの間。

それだけでは入学を許可されたわけではありません。




ここからが意思を試される時!


と言っていいかもしれません。




奨学金は、オーディションに受かってから2年間は有効なので、それまでに入学手続きをすればいいことになっているのですが、私は




今行かなければ、2年後に行けるとは思えませんでした。




やはりこういうことは、思い立ったときに動き出すに限ります。



2002年の2月にオーディションから、半年後の秋から入学するのが、自分にとっては一番気持ちもノッてる時なのだし、いいに決まっている!と。




ところが....


それを決断するまでには結構大変でした................................





当時の私の様子を知っている方に、アンケートをとることができるならばよくわかると思いますが

かなり!うじうじと悩んでおりました。




ここから先は、公開するべきか悩みましたが、


きっと、


ある程度の年齢いってからの留学を語るにあたり、このことは避けては通れないことのような気がしたし


私の体験談からは、はずすことはできない事のように思いました。




また、留学前に同じような事態に直面する人も少ないのでは?と思うので.....


あえて、書いてみようという気になりました。





本気で勉強したい!という、気持ちの反面、私をうじうじとさせたのは、




2年間、私が日本にいない間、

私のいない場所にも同じように時は流れるんだ、という物理的な問題でありました。





もっと簡単に言うと、



2年という月日は、私という人間が、もともといない人間のようになってしまうのに十分な月日だという問題でした。




もっと、もっと簡単に言うと


当時お付き合いしていた彼に、どうやって留学を理解してもらうか!ということでした。


(はじめからそういえば....?!^^;)



実は、アメリカ留学の事は、なかなか切り出す事ができずにいました。






ある人が、


「”去っていく人間”と、”残される人間”の間に流れる時間は違う」


といいました。


そのとおりだと思います。

自分が何度も、葛藤を繰り返してきた言葉です。



片や夢いっぱい、やることいっぱい。


そして、片や、今までいた人がそこにいない”風穴”をどうやって埋めようか、という日々。



しかも2年間。



同じであるはずがありません。




それがわかっているのに、今行かなければ後悔する!という思いは断つことができませんでした。



同時に、それを選んだ時点で、私は一つ大事なものを手放す覚悟もしなければいけませんでした。




うじうじしながらも、彼に留学の意思を伝えようと思った背景には


「後悔したままの自分で、この先ずっと何年も彼の前でいい女でいられるのか?」という事がありました。


それは、彼に対しても失礼な話なんじゃないかと、

そう思ったんですね。





入学予定の秋が近づく2ヶ月前、彼にすべてを告白しました。



意思を貫く気持でいながらも、どこかで止めてほしいと思っている自分もいる。


世にも奇妙な告白?!だったと思います。




私からは、きれいごとを並べたり、約束は求めませんでした。




それは


「私の勝手で行くのだから、もし、あなたの気持ちが変わっても、責めたりはしません」


という気持からくる、精一杯の ”諦め”でした。




諦めがついたのには、


それは 諦めざるを得ない、私にとっては「高価な宝石」のようなもので、

私は、まだ、それを身に着けるまでになっていないのだと、自分で納得ができたから、

だと思います。




後悔しない自分になって帰ってくる!


それがその時の私の言える唯一言葉で、ボストン在住中も、唯一の”芯”となりました。




人間は精神の生き物ですよね。


こういう”芯”がないと、ホント、先に進めないのです。(私だけでしょうか?)




そこまでして決断したアメリカ留学。

私は、ボストンでただ、ボーっと過ごすわけには行かなくなりました。



もはや、自分の想いだけで実現した留学ではないから、です......。





留学の意思が固まったところで、 ここから準備の猛チャージです。


旅立つ日まで、あと2ヶ月しかありません!


両親にもまだ言ってません.........^^;

To be continued....


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Miyoshi Kaoriさんが次に書こうと思っていること

|

旅行・海外生活のタグがついたストーリー

第170章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

第169章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

香港恋愛日記

元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話4

第168章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

15年間諦めきれずそれでもカナダに来た理由

ホリエモンのメルマガにも載った、僕の海外旅行記②

ホリエモンのメルマガにも載った、僕の海外旅行記①

【ノマド歴10年】あれからずっと通勤しないで、旅しながら働いてます。

「私がミスジャパンになるまで」

台湾を違う角度から味わう

月収19万円だった私が、ある日突然、年収360万円の副収入の道を手に入れた話

第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第12話「アメリカの洗礼」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第11話『バークリー音楽院?バークリー音楽大学?』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

Miyoshiさんの他のストーリー

  • 第2話『歌う資格』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

  • Miyoshiさんの読んでよかったストーリー

  • タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法