第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

クッタクタに疲れ切った身体で、深夜に、外国の空の下で、身1つで、裸足で、部屋を締め出された私。


一体どうしたら?


私にできることは、とりあえず、このドミトリーに滞在している日本人の知り合いを頼る事しか出来ませんでした。


彼女はもう自分の部屋に戻って来ているだろうか?友達の引っ越しを手伝うって言ってたので、そのまま引っ越しパーリーで帰って来ていないことも考えられました。



幸い、ほんっっとに幸いな事に、

彼女の部屋番号がわかったので

(記憶していたのか、書いたメモがポケットに入っていたのか....実は思い出せない!)

5階の彼女の部屋をノックしました。

反応ナシ。


うーん................やっぱりまだ戻って来ていないみたい。

とりあえず待とう。

ドアの外の廊下で、体育座りですよ、もう。

側から見たらすごく可哀相な絵面です。



少しすると

「キュッキュッ」


って音と共に、さっきまでしてたザーッって音が止みました。


シャワーだ!シャワーを浴びてたんです、彼女。

で、

今だ!と思い、再度ノック。

鬼ノックです!!


「kaori なんだけど.....Iさん、いる??」


すると、

「どうしたん!?ちょっと待って!今開ける!」と中から声が。


天使の声。


開いたドアには

日本で一度だけ会ったことのある彼女(バークリーのサマーセメスターを既に取ってた)が濡れた髪のまま立ってました。


助かった.....


「迎えに行けなくて、ごめん、でも無事着いたんやー、良かったー」と彼女は明るく言って、


私が裸足なのに気づく。


私は最後の力を振り絞って、今までのことを説明した。


すると、

「今、ルームメイトの子が実家帰ってんねん。

その子のベッド使わしてもらったらいいよ!2,3日帰ってこんって言うとったから。

kaori さん、ほんまにウケる!」


アメリカではよくあること、と言わんばかりの軽〜い対応だったけど、

その時の私には、反撃するバイタリティはなかった.....


いやいや、笑い、一切狙ってないんだけども。


そんなわけで、

やっとやっと、そのルームメイトの方のベッドを借り、

着替えもないため、日本から着てきたジーンズ、涙の染みたシャツのまま、鉛のような自分の身体をやっと横たえる事が出来ました。


二段ベッドの上の方に寝るの初めてで、

不安定で怖いと思いながら、

落ちないように?なのか、

借り物だから汚さないように?なのか、

なぜか、

身体を小さーく丸めてタオル頭から被って寝たのを覚えてます。




その時期は、ちょうど夏休みの最後の1週間の辺りの、

しかも週末の確か金曜日で、


私が自分の部屋に戻れるのはそれから2日後の月曜日でした.....


その2日間の事はどうしてかあまり思い出せません。

時差ボケもあったし、ほとんど日にちの境目の感覚もなく、寝ていた気もします。

靴もないし爆


スペアキーを返しにオフィスに行った時、

「スペアキーをインナーロックしたんだって?爆」的に大笑いされたんですけど、


これ、元はと言えば、誰だか知らんけどスタッフの鍵の間違いミスだよね!?

勘弁してよ!!位の事を言いたかったですが、


もちろんその英語力もなく、

ヘラヘラ笑ってその場を取り繕ったのは言うまでもありません。


アメリカで生活するには、

英語力が必要です。当たり前です。

ナメてましたね、アメリカ。




さて、長〜い余談を挟みましたが、

いよいよ怒涛の校内リクエーションからの、

授業選択の為、分厚い履修要項との戦いが始まります。

 


自由の国の学校で、何を学ぶのか?

それは、学びたい本人に任されています。

意志がなければ、意味、もない事になります。

学費を消費するだけの無駄な授業を取ることになる訳です。


この履修選択の時期は、とても大切な時期なのですね。


1週間くらいの間に、気になる授業を「仮選択」する時期が設けられており、それで受ける授業を決めていきます。

仮選択から2週間を過ぎるとフィックスになり、

その決めた授業を4ヶ月間取る事になります。


しかし、当時

そんな予備知識一切なく...



昨日やっと自分のスーツケースから荷物を出したばかり、みたいな私は、身も心もボロ雑巾のようで、生活もままなっておらず、

しかも残りの数日間で、借りている部屋の期限が来るのでドミトリーを出なければならなかったので、


大事な授業選択の時期と、

異国での初めての物件選び&引っ越しが重なるという........

痛恨のミス。


俯瞰してみてたら


「あら〜、こんな事になっちゃって、大変!」とわかるのですが

当時の私は、

ほとんど白目むいてましたので、

自分の置かれた状況の深刻さをあまり認識できていませんでした。


どちらかと言うと、

部屋がないことの方が、焦っていました。

日本で経験したことのない、バッゲジロストや、インナーロックでの部屋からの締め出しが相当なトラウマになってました。



でも、やはりここでも、

ミラクルが立て続けに起こっちゃうんですよね。


どんな授業を選択し(出来)、

引っ越しはうまくいったのか?


次回書いていきたいと思います。


To be continued...








読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Miyoshi Kaoriさんが次に書こうと思っていること

|

Miyoshiさんの他のストーリー

  • 夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで。ープロローグー

  • Miyoshiさんの読んでよかったストーリー

  • タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法