リハビリテーション「分かる語」翻訳⓪最初に…

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

 私は理学療法士(リハビリテーション専門職)。様々な理由で身体が動かしにくくなった方の、生活ひいては人生を再建するお手伝いをしています。


 起き上がったり歩いたり、仕事に復帰したり、趣味を再開したり。大切なもの・価値観・こだわりに依る「生活(人生)再建の目標」は個人によって様々ですから、私が提供するリハビリテーションもオーダーメイド。そしてもちろん、ご本人やご家族のみならず、その方の生活(人生)に関わる他職種の方との連携も不可欠。やりがいに満ち溢れた、とても奥深い仕事です。




 さて、医療専門職として仕事をする中で、「世間の人が意外と知らないリハビリの常識」や、「イメージが先走りしている専門用語」がたくさんある……ということを、日々実感しています。



【 みんながこれを知っていれば、病気やケガを自ら予防できる!のに…… 】


【 難しい言葉だからとっつきにくいけれど、実はお得な情報!なのに…… 】



 そんな思いから、このシリーズではリハビリの専門知識を「(一般の方にも)分かる語」に翻訳し、噛み砕いてご紹介していきます。


 ただし……私もまだまだ若輩者。書いていく中で、うまく言えないこと、誤解が生じそうなこと、たくさん出てくると思います。日々精進していきたく思っていますので、「これちょっと違うんちゃう?」ということは、何卒お知らせいただきたく存じます。




 そして、私の記述は全て「一般(の方に分かりやすくした、普遍的な)論」。想定される「私のこの症状はどうでしょうか?」という個別のご質問には、心苦しいですが、お答えできません……。


 私が自分の目で実際に確認・評価していないことに回答することは、私の力量では非常に難しいこと。そんな無責任な回答で、その方の健康が害されるようなことは、医療の一端を担う者として、絶対にあってはならないことです。大変申し訳ございませんが、「お近くのお医者様へご相談くださいませ」と、お返事させていただきます……。




あなたにとって少しでも、リハビリの考え方が身近なものになりますように。

それが私の願いです。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

山岡 彩加

「にこにこ暮らせる地域づくり」をテーマに活動する理学療法士(リハビリテーション専門職)です。

|

山岡 彩加

「にこにこ暮らせる地域づくり」をテーマに活動する理学療法士(リハビリテーション専門職)です。

山岡 彩加

「にこにこ暮らせる地域づくり」をテーマに活動する理学療法士(リハビリテーション専門職)です。

山岡 彩加さんの他のストーリー

  • リハビリテーション「分かる語」翻訳⓪最初に…