南米移民3世が小説’ワイルドソウル’を読んで考えたこと

このストーリーは深浦 希峰さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

深浦 希峰

略歴: 12歳までのほとんどの期間を中南米(ボリビアの日本人移住地:8年,他チリ・グアテマラ・ホンジュラス等)で過ごす. 中学校進学を機に, 日本へ. 筑波大学入学後,アメリカ,パデュー大学航空宇宙工学科での交換留学を経て,現在はプラントエンジニアとして働いています.

深浦 希峰さんが次に書こうと思っていること

|

深浦 希峰

略歴: 12歳までのほとんどの期間を中南米(ボリビアの日本人移住地:8年,他チリ・グアテマラ・ホンジュラス等)で過ごす. 中学校進学を機に, 日本へ. 筑波大学入学後,アメリカ,パデュー大学航空宇宙工学科での交換留学を経て,現在はプラントエンジニアとして働いています.

深浦 希峰

略歴: 12歳までのほとんどの期間を中南米(ボリビアの日本人移住地:8年,他チリ・グアテマラ・ホンジュラス等)で過ごす. 中学校進学を機に, 日本へ. 筑波大学入学後,アメリカ,パデュー大学航空宇宙工学科での交換留学を経て,現在はプラントエンジニアとして働いています.

深浦 希峰さんの他のストーリー

  • 戦後南米ボリビアに渡った私の祖父母達の話

  • 深浦 希峰さんの読んでよかったストーリー

  • 第4話(前編)アフリカへ行く彼から学んだ"生きる"こと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】