口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ③ スタートライン編

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

私は非常に疲れていたせいか、起きた時はすでに21時前だった。風呂に入って髪をセットしてまたカバンを持って・・・

そうなのだ、私は親に内緒でホストを始めていた!

 

私の父親はとても昔気質な人間で、高校生の頃にピアスを開けようとした時もロケットパンチが飛んでくるような父親だった。

その理由は、

 

「男が耳に飾り物などつけるな!アフリカ人じゃあるまいし。みっともない!」

 

とピアス一つでアフリカの方をも否定するような具合だった。

とてもじゃないがホストを始めたなどとは言えなかった。

 

「女を相手に商売するなんぞ、許さん!」

 

とロケットキックが飛んでくるのが分かりきっていたからだ。

 

この日も深夜の電車に乗り店へと向かった。

まだまだ不安と緊張は大きかった。

 

店の下に到着したのは23時45分頃、5分程度店の下で待っていたらSさんがやってきた。

 

「おはようさん!」

 

私も深夜だが「おはようございます。」と挨拶を返し、Sさんが店の鍵をあけた後に、Sさんの後へ続き店へと入って行った。

私がタイムカードを押したぐらいでTさんも出勤してきた。

そして昨日と同じ様に3人でおしぼりを巻き始めた。(その他にも従業員はいたが、それは後後)

 

S「そういえば、源氏名どうする?決まった?」

私「いや、まだ決まってないです。」

T「なんかホストっぽい名前のほうがいいよね。」

私「ん~、そうですね~。」

S「じゃあ・・・K○○なんてどうだ?」

私「それ、いいですね!じゃあKにします。」

T「決まりだな!じゃあ改めてよろしくな、K。」

そんな特別なエピソードもないまま、「B」での私の名前はKになった。

 

命名直後はまだ違和感があったが、そのうちにKという名前が本名みたいに自分自身でも感じるようになっていた。

呼ばれれば、すぐ振り返る という具合に。

今思えば不思議だった。

私がホストを辞めるまでの期間で知りあった人は数知れずいたが、同じ店のホストでも、仲のいいキャバクラ嬢も、指名してくれる風俗嬢も・・・

本名を知っている人間の方が少ない世界であった。

 

みんなそれぞれ自分以外の誰かを演じていたのかも知れない・・・・。

そういう私も本名を人に伝えた事もほとんどなかった。

そして私も相手も、本名をほとんど尋ねなかった。

 

私もホストを続けるにつれ、Kを演じるようになっていたのかもしれない。

 

お客さんがくる時間まではまだ1時間程度時間が空いていた。

空いた時間の中でSさんから、恐ろしい事を教えていただいた。

 

S「そういえばK、気を付けて。うちの店、罰金があるから。」

私「罰金・・・ですか?」

S「そう。まず15分遅刻すると3000円。だから30分で6000円。当日に休むって連絡して、休んだ場合は当欠で3万円。連絡もせず無断で休んだ場合は無欠で5万円だから。」

「まじですか?!気を付けないといけないですね!」

 

その当時、私は奇跡のバカだった。


そんな破格の罰金をとるなど通常ではありえない事だ。

しかし、


ホスト未経験

地元で誰かに聞いてもわからない

スマホもない

スーツの丈は短い

などの理由でそれをまともに受け止めた。

そう、野茂投手並のフォークボールを奇跡的にきれいにミットの中に収めたのだ。

罰金をとるには一応理屈があった。

 

女の子「お店にお金を払うぐらいなら私がお金あげるから今日は仕事行かないで!」

女の子「お店遅刻したっていいじゃん、もうちょっと一緒にいてよ~。」

ホスト「今日ダルイな~。まぁいいや休みで・・。」

 

そういった事を防止する意味もあった。

 

水商売は店でお客さんが来るのではない。

人でお客さんが来るのだ。

そのお客さんを呼ぶ事ができるホストが無節操に休んでいたら店は成り立たない。

 

そうだとしても、罰金の金額や給料体系に関しては他のホストクラブでは、しっかりしている店は、もっとちゃんとしていたであろう。

ホスト業界の中でも、数か月働いたところぐらいで、「B」の色々とおかしい所がわかってくるのではあるが、そのおかしい部分は後で書くとして・・・

とりあえず罰金の話を知った私は、

 

(やっぱりネオンは厳しいな・・・。)

 

と、まだまだ大人には程遠い19歳であった。

 

昨日と同じく1時を少し過ぎた頃ぐらいにNさんが出勤。

Aさんはお客さんと同伴。

Rさんも同伴といった具合に店も忙しくなってきた。

多分どこの店でもそうだったと思うのだが、ホストは売上によって出勤時間が変わる。

 

もちろん、売上があればあるだけ出勤時間が遅くなっていく。

売上がなくても、お客さんと一緒に店にくる同伴であれば1時出勤で良かった。

半月で400万以上の売上を上げると、なんとその次の半月間自由出勤!

 

出勤する日も時間もホスト任せという、一部上場企業の代表取締役のような出勤形態であった!

 

Rさんのお客さんは昨日とは違う女性で、またもやきれいな方であった。

格好はカジュアルなドレスを着ていて、キャバクラ嬢であろうと容易に推測できた。

 

Aさんのお客さんはちょっとラフな格好をした・・・正直、地味なお客さんであった。

風俗嬢だったが、その中でも少し格好には無頓着な感じではあった。

 

私も丸椅子に座って席に着く。

やはりうまくしゃべれない。

店の従業員の人たちにもまだ溶け込めていないので当然かもしれない。

ただ他の人の会話を聞いているだけという時間は長く感じた。

自分の無力さがつくづくいやになる。

 

Rさん、Nさん、Aさんを見て、自分と同い年という事でさらに自信をなくす。

アイスを取りに行って、丸椅子でお地蔵さんになって、アイス取りに行って、お地蔵さんになって・・・の繰り返しだった。

 

鉄パイプとはまったく違ったつらさだった・・・・。

 

目の前では楽しそうにお客さんと会話をしている同年代。

お客さんはもちろん目当てのホストとしゃべりにきているので、新入りのお地蔵さんなんかには興味はない。

 

目の前で繰り広げられる宴。

目の前との差が分かり過ぎて余計に惨めさを感じさせた・・・。

 

 

店に来店する女性の年齢層は平均的に若かった。

ほぼ20代であった。

店の作り・レベル・ホストの年齢・ノリ的にも自然とそうなっていったのかもしれない。

入店前のホストのイメージとしては、お金持ちのおばちゃんが多いと思っていた。

 

「ちょっとドンペリ持ってきてちょうだい。その代わり今日は・・・わかってるわね?」

 

入店前はそんな事も覚悟していた。

 

だが違った。

なぜそんな若い年齢でホストにくるお金があるのかというと、おわかりだと思うが、

「キャバクラ」「クラブ」「ヘルス」「デリヘル」「ソープ」

で働いている女性達だった。

たまに

「SMクラブの女性」「女性社長」

「未亡人でお金持ちのおばちゃん」

珍しいところだと

「美容師」「OL」そのまたさらに希に、単体ではないがAVに出演したことのあるヘルス嬢なども来店していた。

 

普段は高い料金を支払わせて接客する側の女性たちだからこそ、

お金を払う側になった時に、接客というものに対してなおさら厳しかったのかもしれない。


・・・そんな厳しさに直面している自分がいた。

 

二日目も営業が終了し、片付けをした後、やはり外はもう明るかった。

その朝日を浴びると非日常から日常に戻るような感覚に陥っていたのはきっと、私だけではなかったであろう。

 

 

そんなお地蔵さん状態に四苦八苦しながらも、1週間程度経った頃だった。

S「今日また新しい子が面接にくるからな。」

私「ほんとですか!?」

そんな心細い状態だったのでことさら嬉しい知らせだった。

 

(どんな人がくるんだろうな?ファンキーな人だったらどうしよう・・・)

 

その時期にその人がきたのはとてもラッキーだったのかも知れない・・・・

面接にきた人は大学生だった。とても常識がある人だった。

私のホスト人生の中で、とんでもなく破天荒な人間をさんざん見てきたので余計にそう思う。


新人さんは、知り合ったホストや女の子の中で、数少ない本名も知っている人になった。

 

源氏名はMさんになった。Mさんは名古屋では有名な国立大学の学生であり、初めに学校名を聞いた時、びっくりしたぐらいの大学だった。

 

髪は茶髪のミディアムヘアでパッチリお目目の甘い顔だった。

浪人したのか忘れたが、歳は私の一つ上の20歳だ。

ほぼ同時期の入店という事もあってすぐ仲良くなった。だいぶ私の心は救われた。

 

Mさんが入店してからさらに一週間程度経った頃・・・

Rさん、Nさん、Aさん、も徐々に話しかけてくれるようになってくれていた。

 

初対面の時の冷たい態度の理由も、働いていくうちにわかるようになった。

 

人の入れ替わりがとても激しいのだ。

前に書いた通り、お客さんの女の子たちは、いわば接客のプロ達だ。

漫画やドラマであるような、入ったばかりの接客もままならない新人君にお金を使う物好きなどそうそういない。


「B」に入店して一日で来なくなる人間などザラにいた。

入店前の想像とかけ離れていたのかもしれない。

 

そして、例え続いたとしても保証期間、つまり三か月以内にお客さんを掴めるホストは5人中、1人いるかいないかぐらいの割合だった様に思う。

そのお客さんを掴めない4人の辿る道は、

1 保証期間が終わる

2 給料が無くなる

3 携帯代金が払えなくなる

4 携帯電話が停まる

5 女の子に連絡が出来なくなる、女の子の着信ももちろんなくなる

6 頑張ろうにも電話もできなければ話も出来ない、店にも呼べない

7 ナンパ(キャッチ)しても番号も聞けない

8 店に新規のお客さんが来ても、電話が止まっている新人ホストなど相手にされない。

 

そしてどうしようもなくなって 飛ぶ=無断でやめる という事だ。

 

だからRさん、Nさん、Aさんも、新人が入ってきたとしても

(どうせすぐ飛ぶだろう・・・)

と思っていたのであろう。

実際、私も経験を積む内にそう思うようになっていた。

 

そんな中で私は、本当に少しずつだがBでの私の居場所というものができていった。

知り合いがいた店でもない、知り合いに紹介してもらった店でもない。

まだほんの少しだったが、自分自身で切り開いたフロンティアだった。

 

Bには多少なじんできていた私だったが、やはり接客はからっきしだった。

新人ホストに対して気遣ってくれるようなお客さんには相手にしてもらえる、というぐらいのレベルにはなっていたが、その気遣いがまた自分を焦らせていた。

 

(どうすりゃいいんだ・・・?

こんなままホストを辞めたら地元に帰れないぜ・・・。

毎日実家に帰ってるけど・・・・。)

 

と自分に突っ込みながらも考えていると一つ気付く事があった。

 

(あれ?さっき俺がヘルプに付いてたお客さん・・・・

悔しいけどMさんの方が、俺の時より喋っている。

心なしか顔もイキイキしているような?

あのMさんの甘いマスクの力か?)

 

そう思う様になってから、Mさんの着いている席を盗み見するようになっていた。

盗み見しているとやはり自分の時よりお客さんがイキイキしている・・・。

そう感じてから、Mさんを観察する事にした。

小学校の自由研究のアサガオ以来の真剣な観察だった。

 

Mさんの座っている席にできるだけ一緒に着く様にした。

もしくは卓が違っても、Mさんのできるだけ近くにいるようにした。

それを数日繰り返した時に、自分とMさんの決定的な違いを見つけた!それは何か・・・。

 

 

Mさんは普通の会話をしていた!

 

そして、相手の話をよく聞いてあげていた。

その時に入れる相槌も、笑いながら普通の返答をしていた。

 

(こっ、これだったのか!!)

 

私にとっては大発見だった!当たり前の事かもしれないが19歳のナインティーンの少年には大発見だった!

 

私はまず、お客さんを笑わせなきゃ、面白い事を言わなきゃ、と思いすぎてそれが逆に足かせとなって会話をあまりできないでいた。

そして面白い事、笑わせなきゃという思いが焦りに変わり相手の話を親身になって聞く、という事ができていなかった。

さらに、その焦りが余裕を奪い緊張する。

その緊張が相手に伝わり相手も気を遣ってしまう、という悪循環になっていたのだ。

 

お笑い芸人じゃあるまいし会話を全部おもしろくする必要もない。

無理して笑いをとろうとする必要もない。

プロ野球でも3割打てばすばらしい選手だ。

私は恥ずかしながら、全打席ホームランを狙いにいっていた!

 

 

一方で聞く時は、とりあえず相手を喋らせてあげればいい。

むしろその方が大事だった・・・。

お客さんがどう無理なく会話ができるように導いてあげることができるか?

お客さんのしゃべった事に対して質問して、また喋らせてあげる・・・。

 

私が今までしていた接客はオナニーだった。

完全な自己満足だ。

 

自分一人であればそれでもいい。どれだけ気持ちよくできるか・・・。

自分一人であればとことんそれを追及してもいい。

 

だが店は違う。

それどころか相手は結構な金額を払って店に来てくれている。

それを自分目当てで来店している訳でもないお客さんにオナニーを披露するなど、勘違いも甚だしかった。

郷ひろみのサイン会に舘ひろしが来るようなものだ。

 

まず普通の会話をしてみる。それと聞き上手になる。

それが自分に足りなかったものだとMさんに気付かされた。

その事を実践しだしてからは、お客さんの対応もだいぶマシになっていった様に思う。

 

さらに、

「とりあえずは普通でいいんだ」

と思う事が余裕に繋がり、変な焦りも無くなり、お客さんに気を遣わせるという事も減っていった。

 

お客さんに物を売るわけでもない。

食事を提供するわけでもない。

人が直接対話する、という事にお金を支払っていただくという仕事のスタートラインに、やっと自分は立てるようになっていた。

コンビニで買えば1000円以下で買える焼酎を、ホストとの会話によって付加価値をつけ1万円にも2万円にもする・・・。

この人と飲むならこれぐらいの料金はしょうがないなと思わせる。

もしくは錯覚させる。そう思い込ませる。

 

その時はまだ100円の付加価値もつける事はできていなかった様に思うが、

鉄パイプが相手では気付かなかった事を、私は学んだ。

 

その後のお客さんの中で、

 

「いつも愚痴とか聞いてくれてありがと。Kちゃんも頑張ってね!そういえばKっていう名前のホストは名古屋では成功している人が多いからKちゃんもイケるよ!」

 

相手なりのただのお礼の言葉だったとは思う。

だが、そんな言葉でもその時の私はとても嬉しかったのを覚えている。

 

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

健二 井出さんが次に書こうと思っていること

|

健二 井出さんの他のストーリー

  • 口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑤ 崖っぷち編

  • 健二 井出さんの読んでよかったストーリー

  • 世界を変えるということは