口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑩ 無茶な約束編

このエントリーをはてなブックマークに追加
8

季節もいつしか冬を迎え、
新しい年を迎えた。


さりげなく成人式も終わった。


成人式は、Yが自分の為に買ったと言っていたが、

ほとんど私に

「付けてていいよ」

と言ってくれていた、ロレックスのデイトジャストのボーイズサイズを付けて出席した。

フェイスサイズが小さくて女性っぽいのと、

シルバーとゴールドのコンビで少しおっさん臭かったのが恥ずかしかったのを覚えている・・・。


それからも、

色々なお客さんとの出会いもあった


本気で美人揃いのクラブ勤務の4人娘。

しばらくしてからその内の一人とMさんは付き合い、3人で遊んだりもした。

初来店の時は、美人で雰囲気がありすぎて始めはみんな席に着くのを嫌がったぐらいだ。

私は接客の特訓で一番に一人で席に着いたが、滑り倒した後に、

お情けで

「気合は認める」

と言ってもらえた。


姉妹でBへ通っていた、美人というより可愛らしい姉妹。

両方ともかなりの天然で、ホスト遊びはあぶなっかしい感じがしていた。


いつもお酒が入ると乱痴気騒ぎをする売れっ子のヘルス嬢。

ただ・・

いつしかふと見せた本当の顔は、

「男を信用できない」

と悲しい顔をしていた。


なんて性格がいい子だ!!! 
と驚く程のヘルスの娘。

そんな性格がいい娘なのだが、

指名していたホストの先輩は、顔はめちゃくちゃ男前で甘い顔をしていたが、

笑いながら、

「お客さんにはなんの情もない」

と言い切る人だった。

事実、

とても甘く、明るい笑顔でお客さんにひどいお願いをしていた事もあった…。


ほんの一部を書いただけだが…

書こうと思えば、

まだまだ書ききれない程の多くの…

沢山の浅い出会いだった・・・。


以前も書いたが・・・・


ほとんどの女の子の本名など知らない。

そして、二度と会う事もない娘ばかりだろう。



時は流れ、もう暖かくなってきていた。

そんなとある日に、


Y「そういえば、最近売上どうなの?」


私「・・・・いや、全然。ナンバーに入るには程遠いよ。」


Y「ダサイと思わないの?」


私「・・・・・。」


もともとそんなハングリー精神を持ってホストを始めた訳ではない。


自分の店を持ちたい。

やりたい事の為にお金を貯めたい。

ベンツに乗りたい。

自社ビルを持ちたい。

プライベートビーチを持ちたい。

自分の王国を持ちたい。


……そのどれにもあてはまらない。


それどころか、

「女」

だった。


その一文字がホストを始めた動機だったのだから。


さらにその当時は、

日々の営業が楽しいからホストをやっている、

という感じになっていた。


Yがいるからホストを続けられているのに……。

まさかその本音を言えるはずもなかった。


その後にYから、仰天の一言が飛び出した。


Y「ナンバーワンになってよ。
10月までにナンバーワンにならなかったら別れるから。


……その代りに安い男だけにはならないで。」


私「えっ!!!?


……わかった。」

(いや~。ちょっと無理だろ!!)


と心の中ではシャウトしていた。

だがそれを口に出したら


Y「じゃあいつまでこんな状態を続けるつもりなの?」


と返されるのは目に見えていたので口には出せなかった。

確かにその通りなのだから。


売上で考えるとBは、

そんなにナンバーに入る為の売上は高くなかった。


通常であれば、半期で250万も上げれば余裕でナンバーワンだった。

一ヶ月だと500万だ。


店によるが、Bの場合は一か月を前期・後期で区切り、

前期売上○○万円・ナンバー1の○○!

後期売上○○万円・ナンバー1の○○!

という形式をとっていた。


半月ごとにホストを競わせた方が、店にとって都合が良かったのかもしれない。


東京の人気ホストの方々が、

一か月で1000万以上売上を上げるのに比べたら、

Bが売上に関してはレベルが高い方ではないのがわかるであろう。


以前書いた、ホストのモチベーションの問題もあった。

Bは給料の歩合が悪い。

大体どこの店も、

100万以上から4割、

200万円以上から5割

など金額の差異はあるが、

売上の高さによって歩合のパーセンテージも上がっていく。

Bは管理しているサイド

(K野専務・R華社長)が

制度作りにいい加減で無関心だったのか、一律30%だった。



その頃の私は、

色恋で来てもらっているお客さんが一人もいなかった。



色恋は、男の場合は特に、体の関係は避けては通れない方法だ。


付き合うという形式をとっても、

体の関係が無ければ不信がられる。

そうなったらお客さんも次第と離れていく。

特に男が、女性と付き合って体を求めないのはやはり不自然だ。


それで許されるのは

何かトラウマがあるか、ゲイかの2パターンだけであろう。


逆に、一度体の関係を持つと、女性はガッツリと信用してくれるパターンが多かった。

もちろん、全てではないが、確実に信頼関係は強固なものになる。


「女の浮気は心の浮気、男の浮気は体の浮気。」


とその頃の水商売の女の子にレクチャーされた覚えがある。


なかなか上手いこと言うものだ。

女の子は多少なりとも心が入っていないと、ホストに抱かれる事などしないだろう。

……女の子がプラスになる事の方が遥かに少ないのだから。

金銭などの損得勘定でホストに抱かれる訳が無い……。


そして、多少なりとも気持ちが入っている上で抱かれるからこそ、

好きになってもらいやすいのであろう。


……まぁ、そんな女性達の中にも、

「ヤリたいからヤッただけ!」

という。強者もいたが………




Yとの約束に戻るが・・・

ナンバー1になる為には、どうしてもお客さんの来店のコントロールは必須だ。


「今日お客さん一人もこないから悪いんだけど、来てくれない?」


「今日、店が暇だから上の人間に怒られちゃって・・悪いんだけどきてくれない?」


「今日店のホストの○○の誕生日だから来いよ。」


「今日飲みたい気分だから店来いよ。」


「ナンバーに入りたいから、力になってくれ。」

 


などといった言葉を使うのが多いが、

それらの言葉は友達関係の女の子に言った所で効果はほぼ無い。

もし、友達関係の女の子にお願いするとしても、

相手の女性が自分の事(ホスト)を強烈に片思いしてくれているぐらいじゃないと成功しないだろう。


私の場合はと言えば……。


完全なお客さん任せだった。

営業電話はしていたが、


「今日、店来てよ。」


という事ですら、

営業だと思われる事を嫌がってあまり言わなかった。

完全にホスト失格な男であった。


お客さん任せ、風任せの営業style。

自分でも完全に予測不可能な営業スタイルだった……


そして、Yが最後に付け加えた


「……安い男にはならないで。」


という意味は、


「金にならない客に色恋しないでね」


という意味だったのであろう。

もしくはナンバー1を目指すという事は、

暗黙の了解で私が色恋をするという事になる。


ひょっとしたら、慌てて付け加えただけだったのかも知れない。



そうしたやり取りの後、

私はお客さんに対しての対応を少しずつ変えていった。

お客さんとの会話の中に、

気がある様な事を匂わせる言葉を混ぜる様になった。

人にやらされているからなのか、

ぎこちなかった様な記憶がある。


そんな付け焼刃の色恋は、

結局、中々成果は出なかった。


(こんな嘘くさい言葉で本当に信じてくれるのか?)


という気持ちで喋っている時が多かった。


迷いながら言う言葉では、

言葉の熱が弱かったのかもしれない。


だが、

それをやめる訳にはいかなかった。


売上を上げると約束したからだ。

しかも、ナンバー1になれなければ別れるという約束もしてしまった・・・。


そうした営業スタイルになってから、Yに段々、変化が起きてきた。




携帯を見る様になった。

Yからの電話にでないとキレられる様になった。

お客さんから着信があると、目の前で出ろと言われる様になった。

帰りが遅いと、とんでもなく怒る様になった。

着信を見て、電話の内容を聞くようになってきた。

そして全体的に短気になってきた。



20代ホヤホヤ。


同棲など今までした事もない男だ。

女性の扱いがうまいわけがない。


少しづつ精神的に疲労していった。


売上が上がっていればいいのだが、

そっちも振るわない。

なおさら怒ってくる。


だんだんとYの家に帰るのが憂鬱になってきた。

Yの事を好きという気持ちはあるのだが、

自分が自分でなくなっていった。


Yがどうすれば怒らないかだけを考えるようになった。


我慢の毎日。
いやでしょうがなかった。


今であればとっくに言い返していたと思うし、

我慢していた自分が信じられない。

だが20歳の自分には、絶対的に経験が不足していた。


男と女が付き合っていく中で、大事な事が何一つわからなかったし、

お互いの距離感もめちゃくちゃだった。


誰かが言っていた好きな言葉で

「くっついていては、ダンスは踊れない」

という言葉があった・・・。

「男と女が付き合う」

という関係は、

くっついたり、離れたりをバランスよく繰り返している状態・・・


お互いが二人でダンスを踊っている様な関係がベストなのだろう。


二人がピッタリと常にくっついているだけでは、

綺麗にダンスは踊れない・・・。




四六時中監視されている様な関係がお互いにとって楽しい訳が無い。


そんな状態が続きながらも、

いつの間にか、期限である10月になってしまっていた。



Y「どう?売上は?」

私「いや・・・全然上がってない・・・。」

Y「私と別れたいんだね・・・。」

私「そんな訳ないだろ?…

だけどナンバーワンは、厳しいな…。」

Y「私の事どう思ってるの!?」


そんな重苦しい会話が多くなっていた・・・。





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

健二 井出さんの他のストーリー

  • 口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑤ 崖っぷち編

  • 健二 井出さんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった。14回目