口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑪ 刹那のNo. 1編

このエントリーをはてなブックマークに追加
9

10月の前期(15日締)も残り少なくなった日の営業中の事だった。


K野専務「K君、キャッシャーまで。」


(誰だろ?今から店に行くよっていう電話だったらいいけど・・。)


通話中の所にはYの名前が出ていた。


私「もしもし?どうした?」


Y「今から店行くよ。空いてる。」


私「空いてるけど、いいよ来なくて…」


Y「じゃあ1時間ぐらいで行くから。」


そう言われ、一方的に電話を切られた。


(珍しいな……どうしたんだろ?)


私は、仕事用のネクタイやYシャツ、スーツ、靴、時計……

仕事関係全般の物を全部Yが買ってくれたという事もあり、

Yを店に来させないようにしていた。


ただでさえヒモ状態なのに、店の売り上げまで頼る訳にはいかなかったからだ。


一時間経たないぐらいでYは店に到着した。

店の中へ案内し、


私「いきなりどうしたの?」


Y「売上どうなの?」


私「………。

いや、あんまり上がってない。」


Y「じゃあナンバー1には?」


私「とてもじゃないけど……

やっぱり無理だよ……。」


Y「そうなんだ……。

じゃあ別れるつもりなの?」


私「いや、別れたくないよ……。

だけどナンバー1は無理だ。

締日まで残り少ないし……。」


Y「……今ある一番高い酒って何?」


私「はっ!?」


Y「だから、今店にある一番高い酒何って聞いてんの。」


私「何言ってんの!?」


Y「まぁいいや、ねぇNちゃん。

今ある一番高いお酒持ってきて。」


N「………いいのか?K。」


私「いや、持ってきてもらわなくていいです。」


Y「Nちゃん、Kの言う事聞かなくていいから。早く持ってきて。」


N「Yちゃん、本当にいいの?」


Y「いいって言ってるでしょ?早く。」


そしてNさんがカウンターの方へと歩いて行った。

K野専務と話しているのが見えた。


その時に、Bにあった一番高いお酒は、リシャール・ヘネシーといい、

Bでおろすと値段は100万円だった。


ホストに置いてあるお酒などは、売上を上げる為に置いてある酒が大半だ。

味ではなく、100万円の売上を上げる時のために置いてあるだけのお酒……

それなりの見栄えとそれなりの原価であればなんでも良かったのだろう。


味など20歳の小僧に分かるわけがない……。


100万円の酒が席に運ばれてきた。


私「何やってんの!?」


Y「こうでもしないとあんたが何時まで経ってもナンバー1になれないからじゃん。

Nちゃん今月の前期でナンバー1になる為にはいくらぐらいなの?」


N「今のところ300万ぐらいだね。」


Y「ボトルメニュー見せて。」


私「………?!」



Yはそう言ってボトルメニューに目を通し始めた。

それからYは少し時間をおきながら、次々とお酒をおろしていった。


ルイ、ブック、

さらにもう一本リシャールを他の店に借りにも行った……。


茫然とする私。


Yと私が座っているテーブルの半分が、

本の形をしたお酒、

丸くホタテの様な柄をしたお酒・・・

様々な形のお酒のボトルで埋まった。


飲んだ事も、見た事も全く無いお酒ばかりだった。


その他にも、

ドンペリや赤ヘネと言われている

それらの中では、

比較的安いお酒などもいれたが、

何をどういれたかなどは、

私に把握しきれる量ではなかった。


目の前が真っ白とはこういう事なんだろう。

目の前の風景の現実味がない。

目はハッキリ開いているが、どこを見ていたのかもよく覚えていない。


後からの話では、周りの席のお客さんもびっくりしてみんな見ていたようだ。


その日は、

たまたま先輩のお客さんの、

ヘルスの女の子も来ていた。


正直、可愛いとはお世辞にも言える娘ではなかったが、

「先輩をナンバーワンにする!」

と意気込んでかなり無理をして高いお酒を下ろしていた。


その娘も途中までは、

負けまいと熱に押されて後を追うようにお酒を下ろしていたが、

途中で諦めて、Yの勢いを呆然と見ていたのは、覚えている……。


K野専務が


「K!百万円のお酒なんて飲めるもんじゃないぞ!飲んどけ飲んどけ!」


と笑いながら、上機嫌で言っていた。

私は


(どうにでもなれ!)


という気持ちで、

まずいとしか思わないブランデーを、

飲み方もよく分からないままストレートで何杯か飲み、泥酔していった。


(ぬるくてまずい)

というのが……

味の素直な感想だった。


まずい理由は、

気持ちの問題もあったのかもしれない……。


店はお祭り騒ぎになり、K野専務やR華社長は喜んでいたが、

私はほとんどしゃべらなくなっていた。


その他の仲のいいホスト達も、席を盛り上げようとしてくれていたが・・・

Yが喋っているだけで、


私は多分……ほとんど喋っていなかったと思う


夢みたいだった。


しかし決して楽しい夢ではなかった。

どちらかというと、悪夢の方だった。



その日の会計表をみると300万を超えていた……。


その会計の紙を見た時の事は今でも忘れていない……。

自分の身に起きている事とは思えなかった。


のちに、嫌というほど思い知らされる事になるが・・・。


私はその後、売上を抜かれる事はなくナンバー1になった。


その日には、さすがのYも即金ではなかった。


「一週間以内に払うから。」


とその日は幕を閉じた。



今思えば恐ろしいが、

Yと私が同棲しているのは、もちろん店は知っていたので、

払えなかったら、私とYがグループから追い込まれていたであろう・・・。

300万であれば、追い込む価値が十分にある金額だ・・・。



その忘れもしない日から1週間経たないぐらいに、

Yは300万弱、全額をBに支払った。


知り合いの中国人に借りたといっていたが、

本当の所はわからない。



その時の売上で入ってきた給料は、私には一円も入らなかった。

100万程度入ってきた記憶があるが、

全てYに払った。

受け取れる訳がない。


細かい金額なども、覚えていない。


Bでのナンバー1という地位は、

ホストの人数がそんなに多い訳でもないし、

激戦の店という訳でもなかったので、

とんでもなくすごい事だったとは思わない。


しかし、

Bではナンバー1になってしまった。

その事で次に、さらに問題になってくる事があった。


「ホストは一回ぐらいナンバー1をとった所ですごい事ではない」


という事だ。

なぜか・・・・・・?


「ナンバー1を維持し続ける」


という事がすごいのだ。


一度だけのナンバー1など宝くじが当たった様なものだ。

一度だけのナンバー1に対しては実際、

周りも宝くじが当たった様なものだと思われ冷ややかな見方だ。


ナンバー1を維持して初めて実力と認めてくれる。


半期だけしかナンバーに入れなかった場合は


「所詮、ラッキーでナンバー1になっただけだろ。」


と逆に恥をさらす状況になってしまう。

私はまだ、宝くじが当たっただけの様な状態だったのだ。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

健二 井出さんの他のストーリー

  • 口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑧ なんでこんな事を書いているのか編

  • 健二 井出さんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった。13回目