俺のしくじり恋愛 エピソード9

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

バンちゃんのしくじり恋愛実話⑨

今回のこのお話はちょっと変わったお話です。

僕が騙された話になります。

ちょっと長いやり取りなので、時間がある方はどうぞ。『ハニートラップ』に気をつけましょうというお話です。

これは今でこそ、出会い系アプリが流行っていますが、その一昔前に『じゃらんの出会い系雑誌』なるものが存在していた頃のお話です。

当時、恋愛に上手くいかなかった自分は、

新たな出会いも日々探していました。

そこで発見したのが、じゃらんの出会い系でした。顔写真と名前と住んでる地域とメールアドレスが記載されていて、ダイレクトに連絡が取れるという優れものでした。(昔はそこらへんの規制も緩かったので)

まぁ、

『この子いいなぁ〜家も近いし』

といった理由で、目ぼしい女性をピックアップして、メールをするといった具合でやってました。

返信がこないのが普通で、

返信が来ても会える所まで行けないという事も多々ありました。

そして、ある時、一通のメールが来ました。

『初めまして。◯◯です。メッセージありがとうございます。良かったら一度、お茶でもしませんか?』

というメールでした。

『初めて、返信ありがとうございます。是非よろしければお茶しましょう』

と返信した所

『では、是非会いましょう!楽しみにしてるね⤴︎』『待ち合わせ場所ですが、◯/◯(◯)の◯:◯◯に五反田のアンナミラーズ(喫茶店)で待ってます』

『分かりました。当日よろしくです』

という感じでメールのやり取りをしたかと思います。

当日、五反田のアンナミラーズに約束の時間に行ってみると、写真で見た女の子がちゃんと来てました。こういうのは、当然にすっぽかしや別な人が来ているという事もあるので。

『どうも、初めまして』

とお互いに挨拶し、話出しました。

途中から、

『バンちゃんさんは、今よりもお金ってもっと稼ぎたくないですか?』

と聞かれました。

『まぁ、もっと稼げるに越した事はないけどね』

『バンちゃんさんの人間性や考え方なら、私はもっと稼げる人だと思うけどな。バンちゃんさんは、稼いでいるメンター的な存在の人っていますか?』

『ん〜先輩とかにいない事もないけど、まぁメンターというより先輩としての友達かな』

『そっかぁ〜そういうヒトが近くにいたら、もっと成功しそうな気がするな。ちょっと私の尊敬する人を紹介したいんだけど、会ってみない?絶対会うと思うんだよね。あっ、誰にでもこの人は紹介してないからね!バンちゃんさんみたいな人には直接合わせたいと思ったんだ。会って話してみてそう思ったの。』

『まぁ、会うのは構わないけど。』

『そしたらさぁ〜今日ってこれから少しだけ時間ある?30分くらいでいいんだけど。』

『30分くらいなら大丈夫だけど。』

『じゃあ、ここから近い所にその社長のオフィスがあるから行こう!紹介するので』

『あっ、分かった』

何だか、恋愛の出会いとして来たのだが、

方向性が変わって来てしまったようだ。。

まぁ、ひとまず行ってみるか。と思い彼女について行きました。。

すると、そこのオフィスはコールセンターのようなデスクと電話器がダーと並んでいて、バイトのような人達が、ひっきりなしに電話をしていました。

『なんだこれ?うわっ、ハメられたな』

と思った時、ホスト風のイケメン兄ちゃんがホスト風スーツを着た出で立ちで現れた。

社長デスクの所へ通され、

『どうも、初めまして!わざわざ足を運んで頂いてありがとうございます。どうぞおかけ下さい』

と座らされました。

僕は内心、何でもいけど、怪しさ満点なので、

サラっと話し聞いたらサクっと帰ろうと思ってました。

すると、先ほどの女が、僕をっとティーアップし始めました。

すると、その社長も

『へぇー素敵ですね!こいつがそこまで言うのは珍しいんですよ!気に入られてますね!カッコいいですもんね!』

と持ち上げて来ます。

『では、少し話は聞いたと思いますが、どんな仕事なのか?を簡単に説明しますね!』

聞いてみると、その仕事とは、

『毛皮売り』のイベント会社でした。

一瞬の昔のネズミ講ですね!

違うバージョンだと、

『エステのキャッチセールス』や『宝石売り』とかも流行ってました。

一部始終を聞き終え、

『どうですか?絶対稼げますから、是非一緒にやりましょうよ!僕も誰でも彼でもこうやって時間とって話はしないので、◯◯の紹介だったので、直接お話してますが、誰でも彼でも採用はしません。坂東さんだったら、僕的には一緒にやりたいですね!』

『ん〜ちょっと今日は突然の事なので、そういう主旨で来たわけでもないので、一旦考えてから返答してもいいですか?』

と言うと、ちょっとづつ顔色が変わり始めて

『まぁ、不安や心配な部分もあるとは思いますが、試しに一度来てみて下さいよ。いつなら時間あります?』

『だから、一旦考えてから連絡しますよ』

『ん〜こういうのはね、一旦持ち帰ると絶対に人は連絡して来ないんもんなんですよ!だから、日程だけでも決めちゃいましょう』

『だから、それも含めて連絡します!って言ってるでしょ!』

『いや、ですから』

そこであまりのしつこさと向こうも折れる気がないなと感じたので、

『じゃあ、もういいです。帰ります』

って言ってエレベーターへ向った時、

『ちょっと待って下さいよ』

『ちょっと失礼でしょ!忙しいのにせっかく時間とってくれてるのに!』

『てめぇ、言わせておけばいい加減にしろよ!何様だと思ってやがるんだ!せっかくこっちは、稼がしてやろうとって言ってるのに!お前は今まてもそうやって色んな事から逃げて来たんだろ!これからの人生も一生逃げてろ!』

と言われエレベーターのドアが閉まりました。

無事生還です。

恋愛だと思いきや、ハニートラップでした!

サギの誘い水でした。危なかった。。

恋愛もこういう事には気をつけなければいけませんね。ダークサイドはダークサイドを引き寄せます。

今回ここで学んだ事は、

見ず知らずの出会いから女性のスピーディな誘いの展開には危険もあるという事。

逃げる事で、今までも逃げて来たというメンタル的な部分を見抜かれるという事。

お金と恋愛には密接な関係があり、またそこを上手く利用する人も世の中にはいるという事を。

これもいい社会経験でした。

次回へ続く……。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

坂東 洋彰

 恋愛人間学研究家バンちゃんの 「俺のしくじり恋愛ストーリー」

坂東 洋彰さんが次に書こうと思っていること

|

坂東 洋彰

 恋愛人間学研究家バンちゃんの 「俺のしくじり恋愛ストーリー」

坂東 洋彰

 恋愛人間学研究家バンちゃんの 「俺のしくじり恋愛ストーリー」

坂東 洋彰さんの他のストーリー

  • 俺のしくじり恋愛 エピソード5