口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑮ 脱出編

このエントリーをはてなブックマークに追加
11



一方で、

私生活の方であったが、もう限界だった。


そのタイミングでの、

N美の登場が余計にそう思わせたのかもしれない。


電話も見れない。

電話が鳴る事がストレスになる。

電話が鳴るのはほぼ90%お客さんしかない。

出なかったら出なかったらで出ろと言われる。

さらに詮索される。

うかつな事は話せない。

ケンカになる。

ケンカといっても私が一方的に怒鳴られているだけだ。


何百万というお金をYが使ってから、


私達の関係は決定的な上下関係が出来てしまっていた。


あまりにも我慢の限界がきて、

初めて女を蹴った。


以前書いたが、

蹴った後に家を飛び出そうとしたら包丁を持ち出された。

Yを蹴った後の、お互い興奮している状態での包丁は、

とてつもなく恐怖を感じさせた。


そうしてさすがに、


(俺、なにやってるんだ?

毎日毎日毎日我慢して・・。

こんな付き合いに意味があるのか?

これが自分の求めていた年上のお姉さんとのハッピーライフなのか?

こんな付き合いがハッピーな訳が無い。

こんなにも我慢する付き合いが正常な関係だとは思えない。

こんなのヒモでもない!

ヒモでもなく奴隷だ!

もう限界だ!)


その様な決断から一週間後に、

私は荷物を持ってYの家を出た。


今では汚点なのが・・

Yから買ってもらったスーツ類も、

キッチリ持っていったのがセコかった・・・。


まぁ、Yから買ってもらったスーツ類が無ければ、

全裸で出勤しなければいけない様な依存っぷりだったので

許して上げて欲しい・・・



荷物は服だけだったので、

大きめのカバンに詰め込めるだけ詰め込んで。

Yが寝ている間に、Yには何も言わずに家を出た。

その時の隠密行動は、

CIA並だったと記憶している。



悟られないように、

短時間で衣類を詰め込めるようなポジションにカバンを置き

Yの眠りが深いタイミングで、

布団から転がるように離脱・・・。



・・・包丁が完全にトラウマになっていた。


Yの家を出るという決断下すまでにも

自分の中でとても悩んだ。

家を出た所で、店で働いている以上、

Yが来たらどうしようもない。


かといって、Yの家でそのまま暮らすのも限界でそれしか選択肢はなかった。


Yの家を出てタクシーに乗った時の開放感は忘れる事が出来ない。

思いっきり名古屋なのに、

まるでハワイへ来たような開放感であった。

ハワイには行った事はないが・・・。



その日からまた寮暮らしが始まった。



その頃Bの寮には、

グループの他店から移動してきたS君が寮に住んでいた。


S君のホスト歴は私とほぼ同じで歳は私の一つ上だったが、

いつの間にか大の仲良しになっていた。


S君は背こそ低かったが、

甘い顔立ちであり性格もさっぱりとして男らしかった。

事実、モテていた。


移動前の店では、入店数ヶ月ですぐにナンバーに入ったという、

負けん気が強く、

ホスト向きな性格だった。

そして、私は近くで見ていたが、

努力家だった。



私とS君は2LDKの寮の、

5畳程の和室の部屋に二人で寝る様になった。


・・そしていつしか恋人関係に・・・


すいません、

冗談です。嘘ですよ(笑)



2LDKの一人部屋は、

社長がアリバイ作りの為に部屋を確保しており、

リビングには不定期に酔っぱらったホストが、ごろ寝できるスペースになっていた。


リビングは、世紀末の様な汚さだった…


S君と私の和室は布団を二枚引いたら、

もうほとんど歩けないぐらいの広さだった。

リビングを通って正面のふすまを開けると私とS君の和室があり

入って左手に押入れがあった。

右手にS君のマットレス。

左手の押入れの前に私のせんべい布団。

カーテンフックが壊れた状態で取り付けてある遮光カーテン。

カーテンが傾いている隙間から、

常に光が差し込んでいた。


テレビで見るホスト達の優雅な暮らしとは真逆の暮らしだった。


それどころか、

並以下の暮らしであろう。


それでも、Yの家に比べたら、

とてつもない開放感だった。

今まで我慢していた自分がバカらしくなった。


(自由・・・すばらしい。

   民主主義バンザイ。)


と自由を噛みしめていた。


S君はお客さんの家をしっかりと回り、

お客さん回りがない時は、

寮にいるという感じだった。


たまに仕事から一緒に寮に帰った時には、たわいもない話をどちらかが寝落ちするまで、ずっと話をしていた。


どちらかが疲れていて

会話が一切なくても、

全然気にならない程の信頼関係になっていた。


S君が何故か所有していた

「ブレイブハート」

という、メルギブソン主演の

中世の物語で、

庶民の英雄が、武器を持って立ち上がるというDVDを一緒に見て、

ホストという仕事に全く応用が利かないのに

意味不明にとても奮い立ったのを、今でも鮮明に覚えている・・・・。


ちなみにS君とは、

今でも仲良しだ。



脱出当日は

寮に逃げ込んで、とりあえず深く寝た。

完全に気疲れしていた。

もちろん、何も告げずに家を出たので、

Yから着信がくる。


Y「ちょっと、どういうつもりなの?」


私「・・・・もう無理だよ。限界だよ。」


Y「・・・・・・。」


Yは無言になった。

色々思い出していたのかもしれない。

電話だから強気になれていた自分が情けなかった。


Y「もう、別れるつもりなの?」


私「・・・・・うん。」


当初はそんなやりとりが続いた。

一日では終わらなかった。

複雑な経緯が絡んでいたというのも理由の一つだろう。

ヒステリックに怒鳴られたり、

泣かれたりもした。


付き合っているのか、

別れているのかわからない状況が結局2週間ぐらい続いた。


その後、幸いYが店に来る事はなかった。

そして徐々にお互い連絡をとる回数が減りはしたが

付き合ってはいないが、切れてもいないという状態が1年半程続いた。


絶対によりを戻すつもりはなかったが、

相当の間、私自身は大きな罪悪感を感じていた。


罪悪感と中途半端な情で連絡をとっていたのだろう。


……借用書の事が気になっていたのも、正直ある。


ダサすぎる理由の数々だった……。


好きでなければ、こんな感情にならなかったのに……。


私が売上を強要した訳ではないが、

Y自身がどこからか借りてきたお金だったかもしれない

という事が重かった。



もちろん現在…


Yがどのような暮らしをしているのか、

結婚はしたのか、

などはまったくわからない。



もう少しで21歳という頃に、

男と女の距離感というものを少し学んだ気がしていた。


かなりヘビーな恋愛であった。


同棲という言葉にあれほど憧れていたのに、

すでにその頃には同棲はもうしたくないという気持ちになっていた。


好きだという感情を持っていた女性が、

二度と会いたくない女性になったのは、

初めての経験だった。


(男女関係で自分の意見、

自分の意思表示をしっかりと示さないと、とんでもない方向に行く事もあるんだな。)



…そして私は、

「情」

というものは時として、

悪い意味を持つ時もあると学んだ…



身辺が落ち着く頃には、

もう12月になろうとしていた。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

健二 井出さんの他のストーリー

  • 口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑦ 悲しきヒモ編

  • 健二 井出さんの読んでよかったストーリー

  • 世界を変えるということは