口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑯ ボケる! 編

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

Yの家からスティーブ・マックィーンばりに大脱走した頃、


N美から電話がかかってきた。





N美「ねぇ、今度二人でご飯行こうよ!」



私「もちろん!!」




Yに対しての罪悪感は感じていたが、

その罪悪感を上回るほどN美が気になっていた。

事実、


(N美からの電話があったらどうしよう・・・)



と思っていた事も脱出の理由の一つだった・・。



N美からご飯の誘い・・・



その時はまだ自分に起きている事が信じられなかった。

つい約2年前まで鉄パイプとランデヴーしていた自分なんかに、


綺麗で、全身ブランド物で身を固めている

こんな派手な子からご飯の誘いがくるなんていう事が・・・。



私は電話を切った後に、5畳の和室でスキップをしていた。



当日、栄でN美と待ち合わせをしていたが、

酒もないので、緊張をほぐす手段もなかった。


タバコをとてつもなく吸っていたのを覚えている。

副流煙が周りの方に迷惑極まりなかったであろう。


N美「お待たせ~。何食べよっか?」


N美はいつもと変わらず全身白でまとめたゴージャスな格好であった。


私「・・・・何食べようか?でもあんまり高い物は・・・」



ダサイ!すこぶるダサかった!


しかしそれもしょうがなかった。


財布の中には1万円程度しか入ってなく。

ヴィトンの長財布も見せかけだった。


Yから


Y「本当に、お金を持ってる人は小銭入れが付いている財布は使わないよ。」


というレクチャーを受け、長財布で二つ折りの、

小銭入れが付いていないヴィトンだった。

その時の私は・・・


小銭でいいから欲しかった・・・。






話は戻るが、

何も言わず高い店に入ってしまったら、


皿洗い等で料金の超過分を支払わなければいけなくなり、

N美を待たせる事になる・・・


というか待たせるという問題ではなく、


ダサすぎるし、
警察のご厄介になってしまう可能性もある。



なにより、N美が身に着けているものから推測した時に、


(とんでもない高級店を提案されたら、ヤバイな・・)


という不安もあったからだ。


N美「はぁ?何言ってんの?
私が誘ったんだから今回は私が払うよ。」



(なんていい子なんだ!!そしてなんて私はダメな男なんだ!!)




と思いながらも、内心は胸を撫で下ろしていた。


その時、良くぞ自分を嫌いにならなかったと褒めてあげたい・・・。



N美は


「蟹が食べたい!」


と連呼しだしたので、蟹を専門で扱っている店へと向かった。


まだ20歳、

中の下の家庭の子。

雑種の犬と雑種の猫が共に一匹づつ。

現在5畳の和室に二人暮らし、


の人間には、とてもじゃないが行った事が無い店だった。


仲居さんに案内され和室の個室に通された。

その時は料金を払えない自分の情けなさを

あれこれ考えてもしょうがないので、

割り切って料理を楽しむ事にした。


・・・・・いや、私も蟹は大好きだった。


私「いや~。ほんとうまいわ・・・。」

と素人感たっぷりのリポートをしながら食事をしていた。


N美「おいしいね!」


本当においしかった。

料理もおいしかったが、なにもかもが夢見心地だった。


気になっている子とご飯を食べて、

さらに支払は相手。


その時の自分にとっては申し訳なくてしょうがなかったが、

堤防に座って独り言をブツブツ言っていたあの頃の自分が見たら、

羨ましくてしょうがなかったであろう。




そして、店を出た頃には、時間は23時頃だった。


「どうしようか?」


という話になったのだが・・・


N美「店1時からだったっけ?

今日、ご飯も付き合って貰ったからちょっと店行くよ。」


私(えっ!?蟹だって良く見えなかったけど、三万近く払ってたよね?。

それでさらに店に?いやそれはいくらなんでも申し訳ない。)


私「いやっ、ご飯俺も一緒に行きたかったし、

ご飯代も出して貰っちゃったから・・店はいいよ。」


N美「店に来てほしくないんだ・・・。」


私「そんなんじゃないよ。そりゃもっと居たいけど・・・・。

だって店きたらお金かかるじゃん・・・・。安いお金じゃないし。」


N美「そんなのは大丈夫だよ!」




もうすでに惚れていた。


かわいい子がこんなにしてくれて、

こんな事を言ってくれている。


女性に対してのデフェンスがただでさえ弱い男なのに、

こんな状況になっていたら当たり前だった。


ドラクエだったら布の服にこん棒で最終のボスに挑むようなものだ。


そんなやりとりで結局Bに行くことになり、

1時までは時間があったので、店まで歩く事にした。


歩くといったが、またもや女性慣れしていないのが爆発していた。

食事をした店からBまでは歩いて・・・・・・


30分はかかる距離だった。


(歩いて行けばちょうどいいぐらいの時間だな。

店に着いて他の人にN美の席をちょっと任せてから、

寮にスーツに着替えに行こう・・・・。)



若い!若すぎる故の過ちだった!!!


女の子をヒールで30分歩かせる!!


罪な男である。


せめて、もう少し違う罪を犯せばいいのに・・・。


ただN美の足が疲労するという罪だった。

歩いてBに向かうという提案にN美は少し驚いていたが、


N美「わかったよ!」


と笑いながら言い、Bまで二人で歩いて向かった。



ビルや店舗の明かりで道が照らされ、

自分が主人公のようだった。


以前は車の窓越しに見ているだけだった夜の街の一部になった気がした。


あれほど憧れていた景色の一部になった気がした。


周りを見れば、


もう長袖にコートを羽織っている人もいる。


肌寒い季節が余計に切なくさせたのか。


少し歩いた頃には自分に酔うよりも、

自分がN美に釣り合っていないように思えた。


N美の身に着けている物のレベルがその気持ちに拍車をかけた。



そんな気持ちもわからないのか、

N美は話しかけてくれる。

たわいもない話を。


たわいもない話の一つ一つが、

自分に話しかけられている言葉とは信じられなかった・・・。


私ではなく、Kに対しての笑顔だったのだろうか・・・。


自分の力量を超えているような状況に置かれた時に

自分自身を疑ってしまう・・・。


自分の可能性を試したくて入った夜の商売であったのに、

可能性を疑ってしまう・・・。


そこには、凡人である自分がいた。



そして、Bに到着した時にはN美が


N美「いや~、今まで誰にもこんなに歩かされた事ないよ!」


と笑いながら言われた。私も


「ゴメンネ。」


と笑いながら返した。

その日、N美は二時間程度Bにいて帰って行った。


その頃には、私は当然ヘベレケになっていた。




その様な流れでN美と二日に一回は連絡を取る様になっていった。

毎日電話を気にするようになり、着信のたびに


(N美かな?)


と思い、

着信画面を見る反応が早くなった。


完全に電話を楽しみにしている自分がいた。

電話がないと不安になり、

電話があると舞い上がる。


そんな、精神状態の中、

いつもと同じ様に電話でN美と10分程度話をしていた時、


N美「あのさ・・・・もう連絡とるのやめようか?」


頭をビニールバットでフルスイングで殴られたような一言だった。


私「えっ?なんで?なんで急にそうなるの?」


N美「私・・・実は、彼氏がいるんだよね・・・。

今その彼氏にお金貰って生活してる様な状況なんだ・・・・・・。

だからやっぱり彼にも悪いし・・・・。」


私「彼氏いたの・・・・?」


N美「私の事、Kはどう思ってるの??」


私「・・・・・俺は、好きになっちゃってる・・・。」


N美「本当に?」


私「・・・・少し前から、いつもN美の事考える様になってた。」


N美「嬉しい!良かった!・・・それが聞けて良かった。」



5畳の和室に二人暮らしの私には、

彼氏からお金をもらってN美が生活している事に対して、

とてもではないが別れてくれとは言い出せなかった。



N美が身に着けている物などからも、

彼氏はお金持ちであろうと、容易に想像も出来た。


その彼氏と同じレベルで付き合う事などできる訳がない。

自分の家すら無い私が・・・。



私「そっか・・・・。そういう状況だったら、

悲しいけどしょうがないな・・・・。元気でね!


・・・俺の実家の庭から石油でも出れば

余裕で俺が養うんだけど・・・・。


いや、温泉でもいけるな。」


いきなりの話が悲しすぎて、

ごまかす為に無理に冗談を言った。


N美は笑いながら、


N美「ばかじゃない!でも石油出たら養ってくれるの?」


私「当り前よ!石油の権利も譲っちゃうよ!」


N美「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


私「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


N美「・・・・・・・・・・・・・

なんで、別れろって言ってくれないの?」


私「・・・だって・・。

俺が代わりに生活費払うなんて無理だから・・・。」



N美「・・・・生活なんてしようと思えば自分で出来るよ。誰かと違って。」


私「失礼な!

・・・・・・・えっ?」


N美「別に一人で生活なんてしようと思えばできるよ。」


私「・・・。」


N美「やっぱりヤダ。もう連絡取らないなんて。」


私「・・・・・・・・。」


私「・・・・・・・・・。じゃあ、別れちゃいなよ。」


N美「別れたらどうなるの?」


私「俺の・・・彼女になってよ。」


N美「・・・・・わかった!なんか言い方が上からでムカついたけど(笑)。」

N美「よろしくね、K!」




そうして、その日から私とN美は彼氏彼女の関係になった。


電話を切った後情けない事に、

嬉しさよりも、


急に不安になっていた自分がいた。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

健二 井出さんの他のストーリー

  • 口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑩ 無茶な約束編

  • 健二 井出さんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった。13回目