今さら上京物語~運命の約束~①

このエントリーをはてなブックマークに追加
10

2015年に入ってすぐの事


これまで天職とさえ思ってた飲食業界。

その世界を辞めることを決めました。


18歳からのバイトから入れると

約22年間かかわってきた業界であり仕事だったけど


どこかで

義務的にも感じてきてた。



それなりに

自分でもお店に関しては

たくさん勉強したと思う。


それは

情熱からと感じてたけど


「もっとやらなければ」

「まだまだ」

と必死にやってたんです。


そのネジがはずれた。



がんばるほど

それなりにはうまくいってたこともある。


睡眠時間を削り

労働時間を伸ばし

ナチュラルハイのように麻痺させて

電車で立ったまま熟睡・・


営業中にも

寝そうになったりしながらがんばった


誰よりも頑張ってるかと

奮い立たせたりもした。



その頑張りももう続かなかった。

心というか魂というか

どこか穴があいて何とも言えない。



「オレハ・ナニガ・シタインダ。。」



そうなると

業績にも影響してくるから

あんまりいい状態じゃなくなってきた。



そして

この仕事が苦しくて仕方がなくなってきました。



だけど

まわりの居心地は悪くない



それまで

長いことやってきたから

それなりに顔は利くし



お店もってるだけで

一応経営者としての地位もあるし


少しは名前売れてたみたいだから

居心地はいいんだけど


変化を望んでる

もう一人の自分がいる


その自分は日に日に大きくなる。



それである日

自分にこういう質問したんだ。。



この質問は心の自分から

されたように感じた。



「ところでさ、

今、お金もたくさんもらえて

時間も自由でなにも不自由がないとしたら


それならなにやる?

それでも今やってることをやる?」



何故かこんな質問を自分自身にした。



え?


それなら「しないよ」・・・・




ぼそっと

だけど即決ででた言葉。



自分でも少し

びっくりした。



じゃあ

「その状態ならどういうことしたい?

どういうことする?」



すると

多くの人へ勇気送ったり


もっとみんなが

happyになれるようなこと

発信したりしていきたい。


自分自身が自由でいたい。

自分を生きたい。


そんなことを感じた。。




だれもが

絶対好きに生きていいんだ


自由に生きていいんだ


それを自分で証明して伝えたいし

自分は本に出逢って助けられたりして

勇気もらえたりして



だから

そのことを本にして出したい


「人の心を灯す」

そんなことしたいんだって感じたんだ。


そして愛する人と自由に

すきなことして生きていきたいな


自分の気持ちを聞いてた

ある日


僕がのちに学ぶ

「ホリスティックライフコーチング」のメンターが

一年で一度、半年間開催するライフ・コーチングプログラム

というものを見つけた。


メインの開催場所は東京



もっと明確に

自分の内側と向き合いたい

自分を癒していきたい


「学びたい」と感じた。



もちろん悩んだ

いろいろあったんだけど



申し込みをして

それまでを全部清算して東京に住むと決めた。



もう

そうせずにはいられない。



だけどここで

大きな問題点が。。




東京住むって言っても



部屋を借りるお金はない。

とりあえずの仕事もない。




それでどうする?って

ことなんだけど



東京なら

バイトは数え切れないほどあるだろうとおもった。



もちろん

覚悟はいる。



26歳からいままで経営者で

それがいきなりただのアルバイト生。



もう40歳



40歳がある日突然

フリーターとして働きに来たって

ただの訳アリの人にしか思われない。


それでもそのままぼちぼちと

情熱も薄れてきたことをすることは嫌だった。



プログラムが始まりだしたとき

今までのお店の清算をはじめた。



売りにだすと

すぐに買い手が見つかって


よかったなんて想ってた矢先



売買の契約日のその時間に

相手が来ない・・。




そして電話が。。


「買えなくなりました」






え・・

まじ?




ふっざけんなよ!

って湧き上がる怒りの感情なんだけど


この現状はなんなんだと

少し冷静にいれることができた。





すると



「売れると怖い」

ってあった。



売れないと困るって

想いもあったんだけど



売れたらもう後戻りできないから怖い

って想いもあったんだ。。




だからそういうことが起きた。



それで

試されたんだ



行くのか?

どうする?



改めて意思表示が必要だった




確かに怖いけど



でも

いくと決めた。




そうすると

数日後また買い手が見つかった。



・・・



これは

幸せになりたいってことや

裕福になりたいなどとも同じ。



そういいつつも

そうなると困る



幸せになると

裕福になると


かまってもらえなくなる

人から心配してもらえなくなるかも

注目されなくなる

妬まれるかもしれない

奪われるかもしれない



それなら

今のままのほうが安心で安全だし



そんな思い込みが

変化を止める原因だったりする。。


・・・・


そして無事に売れることになったんだけど


よーしここから

順風満帆でいくよなんて少し思ったりしたけど




それからが


自分のたくさんあった

これまでの経験の中でも



正直

こんなにしんどいことはなかったって

感じるような日が始まる・・





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

岩崎 裕繁さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

岩崎 裕繁さんの他のストーリー

  • 今さら上京物語~運命の約束~①