何も考えていない両親が、老後破産まっしぐらだと分かった話

このエントリーをはてなブックマークに追加
7


介護破産や老後貧乏といった特集を見ると、前もって家族間でよく話し合いましょう、といった解決方法が書いてあります。


ただ、実際に、家族会議で親の老後のことを聞いたらこうなった、というのはなかなか見かけないので、お盆に帰省したときの(夫の両親との)家族会議の一部始終を書いてみようと思います。




1、家族会議をしようと思ったきっかけ



私(妻)の祖母が亡くなり、私の母から、祖母の家の土地は借りているから、家をどうしたらいいか、と相談がありました。


相続すると、月々2万円の地代を支払い、家の固定資産税1万円を年1回支払い、しかも家の管理もしなければならない。さらに、地主に対して原状回復する義務があり、家を取り壊すには100万円以上かかる、という状況にあると分かりました。


祖母は資産がほとんどなかったため、母は相続放棄をすることになりました。




私の祖母が亡くなったことで、私たち夫婦とも祖父母はもういないのですが、次は、親の老後が待っています。


祖母の相続放棄の一件から、老後の問題は他人事ではない、親の老後について今から考えておかないと、自分たちまで破産しかねない、という危機感が一気にやってきました。


そんなとき、ちょうど帰省のタイミングだったので、(夫の)両親の老後について根掘り葉掘り聞いてこよう、ということになりました。



2、実家での家族会議 -聞き取り編-




家族会議について書く前に、(夫の)両親の状況を簡単にまとめます。


父:65歳。収入は厚生年金。定年退職し、家事やモモ(ねこ)の世話をしている。


母:60歳。収入はパートの給料。国民年金は65歳からもらう予定。


資産:築30年の自宅と、車2台あり。貯金と借金については不明。




実家に着くと、夫はすぐ本題に入りました。

話題が飛び飛びで、まとまりないですが、話の流れは、だいたいこんな感じでした。




夫「この間、涼子さんのおばあちゃんが亡くなって、涼子さんのお母さんが大変だったんだって。それで、ウチはどうかなと思って、いろいろ聞きたいんだけど」


母「なんで教えてくれなかったの?香典とか、何かしないといけないんじゃないの?」


私「いえ。母に聞いたら、お返しも大変だから、何もしないでほしいって言ってました」


父「大変だったって何が?」


夫「おばあちゃんの家は、土地は借りていて、家だけ自分のものだから、どうするのかとか。あと、お葬式の費用とか、いろいろ」


私「母から相談を受けて、私たち二人でいろいろ調べて、相続放棄という方法があると母に教えてあげました」


夫「それで、ウチは、貯金っていくらあるの?あと、借金ってあるの?」


父「ぜんぶお母さんがやってくれてるから、大丈夫だよ」


夫「いや、お父さんも把握してないとダメでしょ。で、いくらあるの?」


母「借金はないよ。家のローンも返し終わったから。あんた、財産を狙ってるの?」


夫「逆だよ、逆。何かあったら、自分がお金を出すことになるから、聞いてるんでしょ」


母「貯金は500万円だよ。あんたとお姉ちゃんを大学に出したから、お金ないのよ」


父「そうだそうだ!こんなこと言われるなら、仕送りしないで貯めておけば良かったよ」


夫「だから、今、一緒に老後のことを考えてるでしょ。心配してあげてるじゃん。うーんと、聞きたいことがいろいろありすぎるから、一つひとつ聞くよ。まず、生活費。毎月いくらかかってるの?」


母「家計簿付けてないよ」


夫「じゃあ、大体でいいから。どのくらい?」




まずは、毎月の生活費を大まかに確認しました。




夫「あと、この家の修繕費とか、何か大きな出費とかあった?それか、これから何かする予定あるの?」


母「この間、ちょうど天気が晴れてて、良かったのよ。外壁塗装をしてもらってね。100万円でやってもらったよ」


父「2年前に、俺が屋根を塗って、落ちそうになって、命がけだったんだよ。それなのに、この間、お母さんが屋根を見て「剥がれてるね」って言ったから、●●おじさんにやってもらったよ」


母「私が、ちょっと剥がれてるねって言っただけで、お父さん、すぐ●●おじさんに電話して、契約してきちゃったよ。でも、ちょうど晴れてて、塗装もすぐ乾いて、良かったよ。5日間で終わったよ。だから、あと10年は大丈夫そうね」


夫「なんですぐ契約するの?100万円でしょ?もっと安く出来なかったの?」


父「最初、130万円って言われてたんだよ。でも、●●おじさんが100万円で良いって言ってくれて…」




外壁塗装の話が延々と続くので省略します。




夫「外壁塗装の話はもう終わり。今、年金はいくらもらってるの?」


母「あんた、本当に私たちの財産を狙ってるんじゃないよね?」


夫「だから違うって。今、収入がいくらで、毎月いくら使ってるのか、収支を出さないと、老後がどうなるか、ちゃんと分からないでしょ。ねんきん定期便とか、あと、税金の納付書とかある?ちょっと見せてよ」




母に、ねんきん定期便、住民税、固定資産税の納付書などを出してもらいました。




夫「そういえば、車の買い替えとかどうするの?あと何年くらい乗るの?お父さんの車が、もう4年で、お母さんの軽が10年くらい経つよね?」


父「お母さんは仕事があるし、俺も使うから。80歳くらいまでは乗るんじゃない?」


夫「車検もお金かかるし、1台でいいんじゃない?2台も必要ないでしょ?」


父「いや、いつも車検は▲▲のおじさんに見てもらってるけど、安いよ。車検、すごい安いから。ウチの車は、30万kmくらい走っても、全然大丈夫だって」


母「そういえば、近所の◎◎おじいちゃん、85歳くらいになる?あのおじいちゃんの運転がね、危ないのよ。狭い道路でも、スピード落とさず向かってきて、すれ違ってくるじゃない?」


父「◎◎のじいさん、85歳なの?俺もこの間、すれちがったよ。あれ、危ないよな。あのじいさん、そのうち事故起こすよ」


夫「じゃあ、お父さんたちも、あんまり年取って運転しないほうがいいんじゃない?ボケる前に車の運転やめてさ、タクシーとかにしなよ」


父「俺はボケないから、大丈夫だよ。それに、そこまで長生きしないから」


夫「いやいや。死ぬならいいんだよ。生きてるから、車とか税金とか、とにかくお金がかかるんでしょ」


父「お前、ひどいなぁ。大学まで出してやったんだから、「自分が何とかしてあげる」とか言ってよ」


夫「それが無理だから、どうするか一緒に考えようとしてるじゃん。それに、今こうやって一緒に考えて、見通し立てるだけでも恩返ししてるよ。普通は何か起こってから、どうする?どうする?ってなるよ。さっきも言ったけど、涼子さんのおばあちゃんが亡くなって、相続が大変になりかけたでしょ」


母「じゃあ、もし私たちに何かあったら、モモ(ねこ)だけは、あんたたちでなんとかしてあげてね。この子は、誰かいないと寂しがるでしょ。今は、お父さんがいつも家にいてくれるからいいんだけど。4時間以上、ひとりで留守番させないで、一緒に家にいてあげてよ」


夫「え?なに言ってるの?二人ともフルタイムだから無理に決まってるでしょ。モモよりも、お父さんが死んだら、お母さんはどうするの?お母さんは国民年金だけでしょ?お父さんの遺族年金を足して、それでやっていけるの?」


母「お姉ちゃんのところに行くからいいよ」


夫「いや、一緒に暮らせないでしょ」


母「そうなのよー。連休にウチに帰ってきて、2~3日とか、ちょっとだけ一緒にいるならいいんだけどね。お姉ちゃんと一緒に暮らすのは無理ね、口うるさいから。いつもケンカになるから大変なのよね」


夫「話を戻すけど、お父さんは、車いつまで乗るの?2台もいらないでしょ?」


父「いや、ばぁばの家の草むしりとかあるから、まだまだ当分乗るよ。あと15年くらい?」


夫「15年って言ったら80歳でしょ。それに、ばぁばも亡くなって、もうずっと空き家でしょ。で、草むしりとか片付けとかで週に1回は車で30分かけて通って、しかも固定資産税も払わないといけないんだったら、もう売ったらいいじゃん。そしたら、車2台もいらないでしょ?」


母「あんたはドライ過ぎるのよ」


父「そうそう。お前は冷たいなぁ。ばぁばの家の思い出とかあるでしょうよ。ばぁばがボケて施設に入っても、お家に帰りたいって泣いてて、家をひと目見るってきかなくて、何度か見に帰ったりしてたんだよ。(きょうだいとか)みんなそのうちボケるんだから、小さいときに暮らしてた家に帰りたい、ってなるから。ばぁばの家は残しておかないと!」


夫「昔の思い出より、自分たちの老後を考えないと。お父さんがボケたら、どうするの?そしたら、介護とかでお金もどんどん必要になるから、ばぁばの家の維持費を払ってる場合じゃなくなるよ。二人とも生活できなくなるよ」


父「大丈夫。俺はそんなに長生きしないから。ボケる前に死ぬから」


夫「いやいや。みんなそのうちボケるとか言って、自分は長生きしないって言って80歳まで車に乗るって言うし。言ってることが矛盾してるよ。近所のおじいさんが85歳で運転してて危なっかしいとか言って、自分はボケないから運転するって?それに、じぃじもばぁばも介護が大変で、それでも、二人とも90歳過ぎまで長生きしたでしょ。お父さん、自分は早く死ぬとか言うけど、じぃじもばぁばも90歳過ぎるまで生きたんだから、お父さんたちはもっと長生きするでしょ。なんで根拠もなく、大丈夫大丈夫って言って、考えようとしないの?」


母「あんたたちが、ウチに来たらいいじゃないの」


夫「二人とも仕事があるから無理だって。だから、どうするか一緒に考えようとしてるんでしょ」




あれこれ脱線しつついろいろ話を聞きながら、年金受給額や母の給料、毎月の生活費や車の維持費、税金など、現在の収支を一通り確認しました。また、収支に関する書類一式も持ってきてもらい、聞き取り調査はひとまず終わりました。




夫「このままだと、本当に厳しいかも。パソコンで、まとめてくるから」


母「私たち、普通でいいのよ。贅沢したい訳じゃないんだから」


夫「は?持ち家があって、車が2台あって、ねこも飼ってて、なに言ってるの?それが普通っていうんだったら、世の中のほとんどの人は、生きていけないでしょ」


母「だって……あ~、なんかどっと疲れた。今日はパート行きたくないなぁ」




両親をリビングに残し、私たちは聞き取ったメモと書類一式を持って、部屋を移動しました。




3、実家での家族会議 -シミュレーション編-




スキャンできる機器がなかったので、私は、書類を一つずつ確認しながら、デジカメで何十枚も撮りました。


夫は、メモや書類を見ながらエクセルに入力し、現在の収支と今後の収支をシミュレーションし、赤字になるタイミングを確認していました。


そして、翌日、両親にシミュレーションしたものを見てもらいながら、説明しました。


夫「いい?お母さんが65歳まで働いて、車も買い替えないで乗り続けて、お父さんが75歳になったら二人とも車を手放して、その後はタクシーを使う場合のシミュレーションがこれ。あと、お父さんが75歳になったとき、モモはもういない前提ね」


父母「で、どうなの!?」


妻「二人とも、老後は別にいい、とか言って、とっても気になってるじゃないですか」


夫「二人とも健康で長生きだったら、本当にぎりぎりだけど、なんとかなりそう。だけど、お父さんかお母さんが認知症になったり、介護が必要になっても、施設に入るお金ないよ。それに、お父さんが年上で、女性の方が寿命も長いんだから、お父さんの方が早く死ぬでしょ?お父さんが死んだら、お母さん、一気に赤字になるよ。それで、そのあと10年くらい、どうやって暮らす?この家の修繕費もあるし」


母「えー、どうするの?このままじゃ、やっていけないってこと?」


夫「うん。収支を付けてみて分かった。もうね、ばぁばの家の固定資産税を払ってる場合じゃないよ。車2台持ってる場合じゃないよ。ほんと、かなり厳しいっていうのが、よく分かったよ」




両親の老後がかなり危ういと分かったところで、家族会議は終わりました。




4、おわりに




今回の家族会議で、『両親の老後がどうなるか確認しなければ!』という私たちの目的は、一応達成できたと思います。


そして、両親に、このまま何もしないでいると、どういう老後になるか(老後破産になると)分かってもらえただけでも、大きな成果だと思います。ただ、いきなり家計診断をしたので、財産を狙っているのかと疑われたり、父も母もかなり戸惑っていました。ごめんなさい(。>﹏<。)



これから先、両親が『健康で長生き』という理想を前提とした老後を迎えられるか、まったく分かりません。認知症や介護など何かが起こってしまうと、老後破産まっしぐらです。それを防ぐために、これからどうするのか、帰省のたびに家族会議をして、いろいろ話し合っていきたいと思います。



長くなりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

辻 涼子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

辻 涼子さんの他のストーリー

  • 何も考えていない両親が、老後破産まっしぐらだと分かった話