口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑰ ボケる!2 編

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

気付けば、もう12月になっていた。




店が暇で、6時頃に営業が終わった時は


店の外はまだ暗かった。

まだ外が暗い間に営業が終わる日が私は好きだった。


暗い方が本当はダサイという現実を隠してくれるような、

非現実的な気がしていたからかもしれない。




12月になった頃には私はナンバーから外れており、

少しの売上はあるが、

ナンバー圏外のダメホストであった。


だが逆にプレッシャーがないポジションの方が落ち着いた。

それが本当の自分の正当な順位に感じていたからであろう。



私は、N美と付き合う様になってからは、

週に3~4日は仕事が終わるとN美の家に行くようになっていた。



N美は一人暮らしをしており、

N美の家はBからタクシーで10分程度の距離だった。

N美の家は5階建のマンションで、

外観はやはり高級な雰囲気を醸し出していた。



部屋は17畳程度の1ルームで、

中は以外と汚かった。


ブランド物のカバンが数種類も無造作に転がっているような状態だった。


キッチンは料理をしている痕跡はなく、

本人も料理はしないと公言していた。


部屋は遮光カーテンが閉め切られており、朝でも暗く、

N美が夜型人間だという事がすぐわかった。


窓際にダブルベッドが置いてあり、

N美の家に行き慣れた頃には、

以前そのベッドで彼氏と二人で寝ていたのかと思うと、

そんなくだらない事に嫉妬していた。

部屋の内装自体は綺麗で一人で住むには十分すぎる広さだった。


そんなN美の家に行くのが、

情けないことに緊張したので、

きっちり酔っ払ってから電話をかけ、

仕事が終わったら酔った勢いでN美の家にという流れだった。


そして、だいたい夜22時頃に寮に戻り、

着替え、出勤という生活だった。




その頃は浮かれていた。


給料も携帯代金を払ったら5万ぐらいしか残らない様な相変わらずぶりだったが、

N美がいた。



その頃は給料がほとんどなくても大丈夫であった。


女性にお金を使う事がないからだ。


別に車がなくてもいい、

頑張ってコンパをする必要もない、

彼女もいるし毎日がもともとコンパみたいなものだ。

通常の人がキャバクラやヘルスで使う遊興費を使う必要がない。

彼女が一人暮らしだからホテル代もいらない。

ご飯はお客さんや先輩、そしてたまにN美が食べさせてくれる。


まぁ、それにしてもお金がそれだけなくても満足していたということは、

ホストとしての志もそれだけ適当だったのだろう・・・。


N美は付き合ってみると、

頭の回転が速く、普段の恰好からは想像できないぐらい、

インドアなライフスタイルだった。


N美「私、性格悪いよ。」


と言い切るぐらいの女性であったが、

不思議と私には優しく、

それがまた特別感を感じさせ、

そんな事をすっぱり言い切る所も

私にはとても魅力的に感じた。


N美と付き合っているという事自体が、

まだ私には夢みたいだった。


舞い上がっていた。


そんな生活をしていながらも、年が明けた。


年末は、N美も私も実家に戻り、

年明けからはまたN美の家で一緒に過ごした。

普段はBの定休日が火曜日だけという状態だったので、

数日でも、ずっと一緒に入れるのが、嬉しくてしょうがなかった。



年始の雪が降る深夜0時過ぎに、

二人でチェーンの安い定食屋にご飯を食べに行った。


年始の深夜0時過ぎ・・・

外に全く人はいない。


なぜ雪が降ると音がなくなるのか・・・。

一年で、一番音がない時期であろう。


信号の変わる音が聞こえる程だった・・・




その中をN美と二人で歩いた。


年始の深夜・・

視界に入る範囲に人影はなく、本当に二人だけだった。


大通りの積雪には、私達二人以外の足跡もたくさんついていたが、

N美の家の近くの細路地を曲がった時には、

歩くのが躊躇われる様なキレイな白に覆われていた。


まだ誰も歩いていない積雪に、

振り返った後、

二人だけの足跡が残ったのを見ると、

そんなくだらない事でも胸が締め付けられるぐらい幸せだった。




音も無い、


世界に二人だけを感じる時間だった・・・。



私は完全にN美にはまっていた。

若かったのか・・・


「女にボケる」

というのは、ホスト業界では・・・

ダメホストを意味していた・・・。



次第に私は、N美の事を詮索するようになっていた。


私がN美と会っていない日に、

N美はたびたび連絡が取れない時があった。


何時間後かに連絡はかかってくるのだが、私は不安になって、


私「何やってたの?」

N美「ごめんね、寝てたよ。」

私「本当に?」


というやり取りがたびたび起きる様になっていた。


私の想像にすぎないが、

N美に愛人などがいて、

愛人などと会っていたのかもしれない。

まる1日近くも折り返しが無い時もあったからだ。



付き合う前は彼氏とソフトな言い方をしていたが、

彼氏が結局愛人だったのかもしれない。

その愛人とまだ連絡をとっていたのかも知れない。


しかし、

もしそうだとしても・・・

それを隠しているという事も一つの愛情である。

隠すという愛情だ。





まだ先の話になるが

ホスト時代に直面した経験だが、


ソープで働いている女の子と付き合った。

その彼女は自分の事をちゃんと好きでいてくれているが、

仕事として他の男性と交わっている。


クラブ(ラウンジ)で働いている女の子と付き合った。

仕事として男と交わる事は無いが、

自分以外にも好きな男性がいて、

その男性と体の関係もありの浮気をしていた。



どちらの方が、あなたは許せないであろうか?



ソープの彼女の場合は、

好きだという感情は無いが複数の男性を相手にしている。


クラブの彼女の場合は、

体の関係は一人だが、

その自分以外の男性に、

好きだという感情を持って抱かれている。


もちろんどちらも嫌であろう。


もしそうなった場合、

どちらの方があなたは我慢できますか?


私は後者・・・

気持ちを抱かれている方が嫉妬した記憶がある。



ほんとすいません!

そんな状況はなかなかないと思いますけどね!(笑)




知らない方がいい事、

知らない振りをした方がうまくいく事もあるのだ。


だが21歳の私が、

そんな余裕もあるわけがなかった・・・・・。


夢は所詮夢だったのか・・・・

夢みたいだと自分が思っている時点で釣り合っていない相手だったのか、

終わりは早かった。


N美「やっぱり、私達、一旦距離置こう・・・・。」


1月の中旬。

降った雪がまだ残る頃、早すぎる終わりを告げられた。


男女の距離感を学んだつもりだったが・・・

所詮、つもりだった。

悲しくてしょうがなかった。


無理に泣こうとしたが、泣けなかった。

泣けない分、酒で紛らわす生活が2週間程続いた。


この時ばかりは女性とお酒を飲むという、

ホストという仕事に助けられていた。



だが、

その年までの人生の、

人生最大の傷心期間にも関わらず、

頭にネクタイを巻き付け歌っている時もあった・・・

と記憶している・・・・。




その後もお互いたまに連絡を取る様な状態が3年程続いた。

その期間に電話だけでなく、

ご飯も食べに行ったり、家にも行った時もあった。


その期間の中で、N美はとてつもなくハングリーな女性だと知った。

私の想像を超える経験値の高さ・自らの才覚で優雅な暮らしをしていた。

愛人に囲われているとか、親がお金持ちとかではもちろんない。


それはまた別の機会に書こうと思います。




その期間の間、常にN美に好きだという気持ちはあったが、

自分の経験値では釣り合わない様に感じ、

最後まで口に出せずに終わった。


その時ばかりは、少し大人の失恋を経験し、

確実に一歩大人になったと感じた私だった。


いい男とはどういう男を指すのであろうか?


N美の様な女性がまた現れたとしても対等に付き合える男になりたい。

本当にモテる男になりたい。


以前よりは確実に成長はしていたが、

目標は入店当初の振り出しに戻っていた。


その頃に、自分を納得させる為の言葉を思いついた。


「物事は螺旋である」と・・


一見振出に戻ったように思えても、位置は同じでも高さは違う

という風に思う様にした。


頑張って物事を進めても、

同じ位置に戻った様に思える時は、

自信を無くし、むなしさを覚えるが、

そうではないと思う。


同じ位置でも確実に、以前の自分よりは高い位置にいる、

成長していると考えるようにした。


・・・どうですかね?



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

健二 井出さんの他のストーリー

  • 口下手童貞少年、ナンバーワンホストになる ⑩ 無茶な約束編

  • 健二 井出さんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった。14回目