取れない疲れと逃げられない研究

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

やっぱりブラック研究室は良くない

価値のあるデータって何なのか?

新しいことを始めるって何なのか?

頭が回らず、時間に追われ苦痛ばかりが募るばかり。

形になった研究をするためには被験者を募ってデータを揃えろって言うけど、誰が無給で2週間程生活を管理するような被験者になるんだろうか。

時間を短く誰でも出来る研究を提案すると、

「それは工学研究者のやる事ではない」

という。

大学っていうのは、あくまで世間体のために大卒っていう資格を取るための機関なのを、なぜこの人はわからないんだろう。

大学は研究機関?

それはもっと資金があって優秀な大学だろ。

地方で、資金もなくて、研究費もけちるし、無休で学生をこき使う。

これを「辛いって言うのは良い経験」って言うのは無理があるとおもう。

あぁ。。。

それにしても金が欲しい。。。

俺にバイト出来る時間をください。。。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

マダ 男

大学成績最下位、現在ブラック研究室に突っ込まれてしまった上に、就活すら上手くいっていない癖に東京に夢見る地方理系大学生です。 大学から落ちぶれたのではなく元からずっと落ちぶれてたのを社会に教えていただき、一周回って寧ろ楽しくなってきた馬鹿です。

マダ 男さんが次に書こうと思っていること

|

マダ 男

大学成績最下位、現在ブラック研究室に突っ込まれてしまった上に、就活すら上手くいっていない癖に東京に夢見る地方理系大学生です。 大学から落ちぶれたのではなく元からずっと落ちぶれてたのを社会に教えていただき、一周回って寧ろ楽しくなってきた馬鹿です。

マダ 男

大学成績最下位、現在ブラック研究室に突っ込まれてしまった上に、就活すら上手くいっていない癖に東京に夢見る地方理系大学生です。 大学から落ちぶれたのではなく元からずっと落ちぶれてたのを社会に教えていただき、一周回って寧ろ楽しくなってきた馬鹿です。

マダ 男さんの他のストーリー

  • そんな俺が今思うこと