無口で笑わない感じることができないガキ

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕の物語は、行き当たりばったりです。
前に進んで、いきどまりだったり、
前が好きじゃないところだったら、
逃げてきました。マジで逃げてきたんです。
はっきりいって、恥ずかしい。
だけど、あなたにかたってほしいから。

□無口で笑わない感じることができないガキでした
北海道オホーツク海に面するド田舎で誕生しました。
僕は、1985年9月18日生まれの乙女座です。
血液型はB型、
過去は刑務所のまち、今は流氷がみれる町です。
網走市です。
いつでも、私は故郷が大好きです。
冬は、雪がしんしんと降り、流氷が海を埋め尽くします。
夏は、屯田兵が開墾し、そこに住みついた農家が耕し、広い農地が広がっています。
まっすぐな道を自転車で友達の家までひたすら15キロぐらいをよく走っていました。
道産子のガキは、家のまわりの山・川を走り回っていました。
両親は、本州からきた家系の3代目で農家を営んでいます。
毎日どろこんこになって、帰ってきていたと子供を頃の話を親から聞きます。

○幼稚園児・小学生・中学生
幼稚園に入園。よく膝小僧をすりむく腕白っ子やった。 
一人遊びが好きで、何かと自分だけの遊びをしていました。
そのままずっと変わらず、スポーツは得意だけども
人と接するのは苦手でした。
人の気持ちが分かろうとしない単細胞。 
小五には、スーパーファミコンを手に入れて、
ゲームのドラクエにはまり、1000時間以上を没頭していました。
逃げていたんです。

ひかれるかもしれませんが、人のことなんて、考えたこともなかったです。
学校では、何度かクラス中を巻き込んだケンカをおこしています。
自分の感情がコントロールできなかった。
このころ、両親からは、何を考えているのかわからなくて話しかけるのが怖かったと聞きます。
人の気持ちが分かろうとしない単細胞。

人がわからないとともに、自分のこともわかっていませんでした。
僕は何をすればいいのかわかりませんでした。
中学校の文集では
なりたい人ってところには
「川の流れにまかせる」
と書いていました。
これが中学までの僕でした。

○クラスメイトの優しさ
人を知るきっかけをくれたのは、クラスメイトでした。
あいかわらずコミュ障でしたが、
変わった瞬間を感じた
エピソードが2つあります。

僕は中学の部活でサッカーをしていました。
3年の夏に試合で怪我をして入院をしてしまいました。

そのとき、思ってもよらなかったことがあったんです。
クラスメイトがお見舞いに来てくれたんです。
僕はクラスメイトが心の中にいなかったけど、
クラスメイトの中には僕の存在がいたんだと
気がついたんです!
その瞬間に、クラスメイトが
僕の心の中に存在するようになりました。
その時から、人を感じれるようになりました。
僕は嬉し泣きをはじめて経験しました。

2つ目のエピソードです。
高校に受験に失敗した時のことです。
高校の掲示板に番号がなかった時、
何も考えたくありませんでした。
中学校にその報告をしに行きました。
そのとき、
いつも成績トップだった女の子が
僕のほうに駆け寄ってきました。
どきどきしましたね。女の子なんて知りませんでしたから。
中学1年の時は、その子が一番で僕が2番でした。
学校が決めたテストの成績ではその時が最も良かったですw
その子は、成績が近かったおかげで、僕のことを気にしてくれたみたいです。
女の子は、地元で一番の学校に受かっていました。
僕はその学校受験に落ちました。
女の子は、急に胸を叩いてきて、僕の胸で泣いていました。
言葉にならない感じで、しばらく泣いていました。
僕は、涙を堪えてぐっと我慢していました。
なにかそうしないといけないかなっと。

そのときからまだまだ手探りの状態でしたが、
ちょっとずつちょっとずつ
人のやさしさ・あたたかさに気づきはじめます。


人ってあったかいんだ。


ゆくゆくは人間ってどんな生き物で
なんだっていう興味に広がっていきます。

メッセンジャーの自分につながる
大切なエピソードです。

ぜひ、あなたの物語を教えてくださいね。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

札幌にすんでます。10年 過ぎました
岐阜県から来ました。
あなたの話を読むと 札幌に母子来た理由を書けそうです。

それはよかった。僕は物語を書いて得るものがありました。きっと、よい方向に進みますよ。

遠藤 貴也

私は北海道出身で中部、関西、関東と移り住み、今はソーシャルアパートメントでかなり楽しい毎日を送っています。100万以上投資もしたので、かなり人生の中で重要な2013年になりました。何もない凡人がネットビジネスで独立ができました。

遠藤 貴也さんが次に書こうと思っていること

|

遠藤 貴也

私は北海道出身で中部、関西、関東と移り住み、今はソーシャルアパートメントでかなり楽しい毎日を送っています。100万以上投資もしたので、かなり人生の中で重要な2013年になりました。何もない凡人がネットビジネスで独立ができました。

遠藤 貴也

私は北海道出身で中部、関西、関東と移り住み、今はソーシャルアパートメントでかなり楽しい毎日を送っています。100万以上投資もしたので、かなり人生の中で重要な2013年になりました。何もない凡人がネットビジネスで独立ができました。

遠藤 貴也さんの他のストーリー

  • よくありがちな社畜脱却なんてとんでもない。

  • 遠藤 貴也さんの読んでよかったストーリー

  • 『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』