とあるクリスマスプレゼントの話

このエントリーをはてなブックマークに追加
 いつのころからか、私はよく一人で居酒屋に飲みに行くようになりました。そしてつきあいとして、たまにはその店の女将にプレゼントを持っていくことも習慣になりました。べつにそれはいいのですけど、問題ではないのですが、とある居酒屋の女将に、クリスマスプレゼントをおくりました。かなり前の話です。もちろんかなり前か最近かは特に重要なことではありませんが、そのときミトンの手袋を送りました。
 とうぜんかどうかはともかくも、その女将さんは喜んでくれました。その店には当時女将より若くてきれいなアルバイトの女の子がいたので、なおさらのこと女将は喜びました。よろこんでもらえれば当然わたしとしても嬉しいわけでその日は、楽しくそしておいしくお酒を飲めました。
 で、帰りの電車のことです。とある夕刊紙を呼んでいるとクリスマスに男子からどんなプレゼントをもらいたいかという若い女の子の対談が掲載されていました。以下抜粋でその若い女の子の会話。
A「手袋なんかいいかもね」
B「かわいいかも」
C「でもさ、男子は基本的に女子のファッションを理解してないとこがあるから、どうかな」
A「たしかに!ミトンの手袋とか買ってきそう」
B「あるある」
 私としてはありえないことなのですが、そのメンバーの中にその居酒屋のアルバイトが含まれていなかったことを祈るだけでした。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ミトン、男性の好きな女子アイテムに、常に顔を出しますよね。
もしボクだったら、その場でそのコがはめてくれたら、コスプレとして十分満足してしまうような気が、します。

プレゼントした相手は店のママで、その日バイトの女の子とはほとんど話していません。その帰りの電車で見た夕刊紙(東京スポーツ)に記事が載っていて、そのバイトの女の子が対談のメンバーに入っているわけはないのですが、ひょっとしたらと思って、思わず笑ってしまったという話です。非常に読みずらい文章になっていると、再読して思いました。以後気を付けます。コメントありがとうございました。

大槻 健志

今翻訳家目指してます。好きなものはクロマニヨンズとタイカレーとカルピスのクリーミーチョコレート

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

大槻 健志

今翻訳家目指してます。好きなものはクロマニヨンズとタイカレーとカルピスのクリーミーチョコレート

大槻 健志

今翻訳家目指してます。好きなものはクロマニヨンズとタイカレーとカルピスのクリーミーチョコレート

大槻 健志さんの他のストーリー

  • よくある夢破れて山河ありの話

  • 大槻 健志さんの読んでよかったストーリー

  • とあるライブチケットと痴漢の話