【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~
▼他21件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
わたしがはじめて観た映画
それはチャップリンの 『キッド』 だった。


無声映画だったけど 当時10歳だったわたしは
ブラウン管の向こうに 新しい世界を見たような気がして
思わず涙したのを覚えている。
モノガタリに泣いたのか それとも別に理由があったのかはわからない。

それから 映画という世界に引き込まれていった。

両親が映画好きだったこともあって
身近にその世界を感じることができた。
『サウンドオブミュージック』という映画は
セリフを暗記してしまうくらいに何度もくりかえし見たのを覚えてる。

でも わたしは勉強ができる子ではなかったから
自分でもなぜセリフを覚えることができたのか不思議だった。
両親はわたしの勉強のできなさ加減に ほとほと呆れていて
わたしの将来をひどく心配してたから。
小学校に母が呼び出されることもあって
「このままではお子さん、大変なことになりますよ」って言われもした。
帰り道、肩を落とす母を見て、自分も悲しくなったのを覚えている。

それに加え 三姉妹の次女であるわたしは やけに手のかかる子供だったらしく
姉妹の中で喧嘩がおきると、叱られるのはいつも わたしだった。

どうせ できない
どうせ ダメな子
どうせ 愛されない

いつからか そんな暗示を自らかけるようになっていった。
だから 唯一 映画の世界だけがわたしを癒し 勇気をくれたのです。
『キッド』の中で見た 少年とチャップリンの孤独は
まるで 自分を見たかのようで 涙したのかもしれません。
そんな出会いは いつしか予想もしない想像を生んでいくようになったのです。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

中村 麻美

15歳のトキ映画「ファザーファッカー」で主演デビュー。その後、数々の映画にたずさわる。 現在は潜在意識に関するカウンセラーもやっていますhttp://www.humanwaltz.com/

中村 麻美さんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

サバサバ系の妹が大泣き!!看護学校から見えてきた人材育成の問題点について大学生の僕が考えてみた。

ネットビジネスで稼いだ元主婦のホンネ

身体の症状、実はあの部分と繋がっている!?

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<2章>

吾輩は猫である、名前は沢山有る

Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?②

乱れる心の秒針

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

貧乏こそ神 我が母まいくばあの話(第63回)

非モテ・根暗で鬱寸前だった男がアイドルプロデューサーになった話

世界一愛される射場で、宇宙を射とめたロケットの話

田舎に移住!生活できる農業に挑戦!

ハイスペ男性と結婚できて自己肯定感MAXのはずが、産後クライシスで奈落の底へまっしぐら。ミステリアスな女性占術師から男女関係の真理を学んで復活できた話。(作成途中です)

お登りさん東大女子が、女子力の壁にぶつかり、サボテン女になり下がっていたところ、ミスターYのおかげで女偏差値を30上げて、コンプレックスを克服できた話(作成途中です!)

メロスを超えた日

中村 麻美

15歳のトキ映画「ファザーファッカー」で主演デビュー。その後、数々の映画にたずさわる。 現在は潜在意識に関するカウンセラーもやっていますhttp://www.humanwaltz.com/

中村 麻美

15歳のトキ映画「ファザーファッカー」で主演デビュー。その後、数々の映画にたずさわる。 現在は潜在意識に関するカウンセラーもやっていますhttp://www.humanwaltz.com/

中村 麻美さんの他のストーリー

  • 【8】痛みと温度が同居した日 ~本当の孤独は現場をはなれた後にやってきた~

  • 中村 麻美さんの読んでよかったストーリー

  • ストーリーJPで連載で出版!のジンクスは本当だった!?本日KADOKAWAより出版した僕の出版前後の実話