ものわすれた話

このエントリーをはてなブックマークに追加
33
 突然ですが、私はよくものわすれをします。別に年齢のせいではございませんで、昔からそうです。

 たとえばどこかに出かけようと部屋をでて車のキーを忘れたりといった話です。
 ある日のこと、私は美容院に出かけようと急いでいました。予約の時間に間に合わないくらいだったのでかなり急いでいました。当然かどうかはともかく、その日もまずキーを忘れまして、慌てて戻りました。さらに急いで、車をだして近くのコンビニへ、ドリンクを買おうとよったところ、財布をわすれていることに気付きました。つまりは免許証も忘れていました。走って部屋まで戻ろうかと思ったのですが、本来ならそうすべきなのでしょうが、なにせ時間がないもので、車で大急ぎで戻り財布をとって再びコンビニへ、コーヒーを買っていざ出発しおました。
 ようやくなんとか時間までに着いたはいいのですが、財布の中に十分なお金が入っていませんでした。常連だったので支払いを次の日にしてもらいました。その日は、ほかにもいろいろあったような気がしますが、忘れてしましました。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大槻 健志

今翻訳家目指してます。好きなものはクロマニヨンズとタイカレーとカルピスのクリーミーチョコレート

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

大槻 健志

今翻訳家目指してます。好きなものはクロマニヨンズとタイカレーとカルピスのクリーミーチョコレート

大槻 健志

今翻訳家目指してます。好きなものはクロマニヨンズとタイカレーとカルピスのクリーミーチョコレート

大槻 健志さんの他のストーリー

  • 世にも奇妙なお客様part3

  • 大槻 健志さんの読んでよかったストーリー

  • 今まで出会った本当に怖い女の人の話