全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

このエントリーをはてなブックマークに追加
197
ただ、このクラスを教えているインストラクター講師というのが、本業がR&Bアーティストの卵で、歌って躍れる、才能と情熱に溢れたハタチくらいの若い黒人の女の子。

一般的に、黒人やラテン系には、リズム感に優れた人は多いようですが、彼女は子供の頃からダンスを習っていたらしく、ダンサーとしての才能もプロ並み(のように、私の素人目には見えました(笑))。

そして、彼女は、ド素人の集まりのクラスでも、毎回プロの舞台のリハーサルばりの気合いで挑んでいたのです。なので、生徒のほとんどが、彼女の振り付けにはついて行けてない状態で、インストラクターのソロパフォーマンスの周りに、ボロボロと生徒がよろめいている、という感じだったのですが、そこでケリーさんのチャンレンジャーのスイッチが入ったらしく、彼女はそれから毎週熱心にクラスに通い始めるようになり、プライベートでもDVDなどを購入して練習しているという話。。。


「私、ズンバのインストラクターになったの!(・∀・)」
と嬉しそうに言いながら、ケリーさんがiPod nanoに、どっさり入ったズンバ用のプレイリストを私に見せてくれたのは、それから僅か数ヶ月後のことでした。

正直、彼女がまさかここまでやるとは思っていなかったので、ビックリしました。熱心にクラスに通っている人でも、インストラクターの資格まで取ったのは、彼女だけだと思います。
その後、ケリーさんは、ベリーダンスの代わりに仕事が終わった後にズンバを教えながら、年に数回はベリーダンス講師の合宿セミナーのようなものに参加しつつ、仕事の方もバリバリこなされており、毎朝5時前には起きてワークアウトを欠かさず、週に何度かはヨガも行っているとのことです。(・∀・) 凄いよね。


ケリーさんは、このバイタリティで、それまでの人生で遭遇したゴタゴタも笑顔で乗り切ってきたんだろうな、と思います。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohta Yukiさんが次に書こうと思っていること

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohtaさんの他のストーリー

  • 人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ①

  • Ohtaさんの読んでよかったストーリー

  • 高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その0:プロローグ】