人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

このエントリーをはてなブックマークに追加
111

奇跡の起こし方

感情の双子

いきなりですが、みなさん
モナリザ・スマイル」という映画を
ご覧になったことがおありですか?

この作品に登場する、
ええとこのお嬢さんで優等生&
保守的なベティという少女は、
誰に対しても批判的で、ビシバシ
辛辣な言葉を投げかけるという
きっつい性格なのですが、

友人の中でも、特にワイルドで
自由奔放なジゼルが気に障って
仕方が無いらしく、とあるシーンで
彼女の不満が一気に爆発するんですよね。

*そのシーン ↓
(0:45くらいから最後まで。英語のみ)


友達に対して
「そこまで言うか!」
という程、ボロクソにジゼルの事を
けなしまくり、悪口を並べるベティを、
最初のうちは目をそらしながら
聞き流していたジゼルは、
彼女に歩み寄り、小さい子供を
なだめるように抱きしめます。

そして、そのジゼルの顔には
静かな悲しみが浮かんでいましたが
怒りや憎しみの色はありませんでした。
ジゼルは、ベティが抱えている心の
傷の痛みを知っていたからです。

そしてベティは、
そんなジゼルだったからこそ、
他の人には言えないような、
隠しておきたかった自分の醜い
部分を、さらけ出すことが
出来たのかもしれません。

ジゼルは、幼い頃に両親が
離婚した事で父親への愛に
飢えているようなところがあり
かなり年上の男性と深い関係を
持つことで、その傷を癒そうと
していました。

ベティは、疑問を感じつつも
親の言われるままに
「これが正しいのだ」と
教えられた生き方に従いながら
自分は誰からも愛されていないのだと
自らを追いつめて行きました。

一見、全く違う環境や状況に
いた二人ですが、二人とも
「愛されたい」と切望しながら
もがき苦しんでいました。

ベティがジゼルを嫌ったのも
ジゼルがベティを受け入れたのも、
そのことを、お互いに感じていた
からではないでしょうか。


心の壁、崩壊

なぜ途中で、こんな関係のない
映画の話を出したかというと

自分には全く非が無いのに、
自分を攻撃し続ける相手を
批判することなく
ただ無条件に受け入れて
理解して受け入れたジゼルの態度は
Tさんが私に対する態度と
全く同じものだったからです。

私がどんなに辛辣な言葉を
投げかけても、Tさんはいつも
好意的に解釈し、悪者の私を
善人にキャラ変えしてくれました。

それでも、
いじけて根性が腐れていた私は、
そういうTさんの厚意ですらも、
腹立たしくて仕方なかったのですが、
そのうち根気負けして、時々は
彼女と普通の会話を交わすように
なりました。


そして、それからしばらく経た頃、
Tさんがホッとしたように、

「おおたさんは、初めて会った時から
凄く優しい人だと思っていたんだけど、
やっぱりその通りだった!」

と屈託の無い笑顔で言った時、
あまりのショックに頑強だった
私の心の壁が崩壊しました。

もはや、完敗。

それ以降、私はTさんに敬意を
払う、ごくごく普通の
クラスメートの一人になりました。

あれから、ながーい月日が経ち、
かなり年をくって大分丸くなり
世間では良い人と言われるようになった
ワタクシですが、今でも心が
折れそうになると、時々Tさんの事を
思い出して自らを元気づけています。

「愛さえあれば、奇跡は起きるんだ
と。

しらじらしすぎて【愛】という言葉は
使いたくないのですが、それしか
表現できる言葉が思いつかないので(笑)。

思いつくままに書いていたら、
想像以上に長くなってしまった
このシリーズを最後までお読みくださり
ありがとうございました。(・∀・)

そして、私に本当に大切なことを
教えてくれたTさんに心から感謝。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohta Yukiさんが次に書こうと思っていること

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohtaさんの他のストーリー

  • 魔インフィールドを駆け抜けろ

  • Ohtaさんの読んでよかったストーリー

  • 【9】痛みと温度が同居した日 ~あたらしい世界の幕開け~