「時間を持つ生き方」ゲーム会社で4年働いた後、23歳で大学生になった

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の【20代前半に、してよかった生き方】は社員から大学生になって「時間を持つ生き方」をしたことだ。

23歳ぴかぴかの大学1年生。ストレートで入学した同級生とは5歳差。

まだ青春間に合う!とギリギリで駆け込んだ大学で、やっとのこと、遅いモラトリアム期間を得ることができた。もし私があのまま会社員として働き続けていたら、ものすごく歪んだ人格と、面白みのなく暗い人生になっていたことだと思う。

大学に入る前に何をしていたか

高校を中退し、ふらふらフリーターをし、引きこもってネットにハマった。ネットにハマったおかげで運良くゲーム会社にアルバイトで雇ってもらえた。さらに幸運が重なってトントン拍子で半年ほどで正社員にしてもらった。
そして4年間ほど新しい部署の立ち上げに関わり、悪戦苦闘、七転八倒、苦心惨憺の末、ボロボロになって会社を辞めた。
このあたりの話はまた別途。

大学生には時間があった

  • 大学生はありあまるほどに時間がある
  • その時間をほんとうに何にでも使ってもいいこと

この2点が会社員時代との最大の違いだった。大学生活はじめの1ヶ月は、このなんとも当たり前の事実が、私の心に羽を生やした。1日の授業が終わってもまだ外が明るいのだ。夕暮れの帰り道、下り坂で自転車を漕いだら、そのまま何処かへ飛んでいける気がした。

締め切りもない!残業もない!上司もいない!
わたしは自由だ!!今まさに解き放たれた!!!

この有り余る時間を有意義に使ったか。否。何もしていない。

それでも何もしないで時間が過ぎたことはないのだろうから、一応挙げてみる。

  • イベントサークルに所属してみた
  • 社会人時代には一切する時間がなかった自炊をした
  • 良いアルバイト先に恵まれた
  • 夏合宿、BBQ、海、プール、ドライブ、スノーボードに行った
  • 先生と仲良くなった
  • わりかしまじめに勉強した
  • 近所の飲み屋を溜まり場にして夜な夜な飲んだ
  • 1日1冊本を読んだ
  • 学食で必ずお惣菜バイキングを食べることにしていた
  • 禅寺に修行に行った
  • 新生児よりたくさん寝た

やっぱりなんのことはない、特段変わったことのなかった学生生活だったと思う。インターンも、留学も、ボランティアもしなかった。「学生時代これをやってました!」なんて胸を張って就職活動で言えるようなことは何一つしてこなかった。だけど、それで一体何が悪い。

  • 「私は長期休みごとにボランティア活動をしました。あなたもそうすれば学生生活が充実します。」

  • 「私は短期留学でイギリスへ行きました。あなたもそうすれば価値観が変わります。」

  • 「私は学生起業家として有志を集めて会社を作りました。あなたもそうすれば人生が大きく開けます。」

そんな他人の経験談を聞いて「はいそうですか。じゃあ僕もそうします。」なんて上手くいく道理があるだろうか。

まとめ

「若いうちにコレをやっておけば正解」なんてものは、たぶん無い。一方で人の道を外れない限り「間違い」もたぶん無い。だからぐうたら寝てるだけでもそんなに問題ないと思う。

「何をしてもいい、自分だけの時間を得ている」こと自体が、大学生活の素晴らしい点だった思う。
冒頭に書いた「あのまま会社員をしていたら歪んだ人格と面白みのない人生だったと思う」というのは、兎にも角にも時間の有無の差である。時間の有無の差というのは、心の余裕の差になる。

「自分だけの時間を得ている=誰のものでもない自分の人生を生きている」
私が20代前半で感じられた、最大の幸福だったと思う。

この「誰のものでもない自分の人生を生きている」という意識と自信は、三十路である現在、幸福に生きる上で、今のところとても役に立っている。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

「空を飛べそうな気がした」のあたり、ジブリのような風をかんじました。すてきです。 読んでて気持ちよかったです。なんか自分も似たようなことに関心をもってたので、ちょっとスッキリしました。ありがとうございました。

コメントを頂けてとても嬉しいです。
「何かよくわからないけどとにかく焦っている」後輩が多いので書いてみました。そんなに無理をしなくても、のんびりゆっくり、自分が楽しいと思うことをしたらいいのに。何処かへ行かなくても素敵なことはたくさんあるのに。という想いを込めて。

あーやっぱ大学行こっかなー(。-_-。)

貴重な時間を過ごされたようで羨ましいです!ぐうたらでも問題ないというのは、たしかにそうだよねと思ってしまいました。今訳あって自由に使える時間がたくさんある生活を送っています(お話を投稿しておりますので、よろしければぜひお読み下さい!)。もう少し物事を楽に考えてみようと思いました。ありがとうございました!

素敵な時間を過ごされたのですね。学生なら学生の、会社員なら会社員なりの、その時々しか味わえない時間や出来事というのはあると思いますが、その受け止め方はやっぱり自分次第なんですね。何というか、読んで本当に励みになりました! ありがとうございました。

おもしろかったー

mamita .

1984年生まれ。元はてなアルバイター、現ボクサー(趣味で週5のジム通い)。在宅フリーランスで企画をしています。老後のようなスローライフ快適です。

|

ひとコレのタグがついたストーリー

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

mamita .

1984年生まれ。元はてなアルバイター、現ボクサー(趣味で週5のジム通い)。在宅フリーランスで企画をしています。老後のようなスローライフ快適です。

mamita .

1984年生まれ。元はてなアルバイター、現ボクサー(趣味で週5のジム通い)。在宅フリーランスで企画をしています。老後のようなスローライフ快適です。

mamitaさんの他のストーリー

  • 【第3話】10年間で4回半同棲に失敗した【帰宅すると家具が無い!今度はチャラ男に浮気→夜逃げされちゃったテヘペロ】

  • mamitaさんの読んでよかったストーリー

  • 高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(後編)