私が大企業での出世の道から下りた本当の理由 その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
887


17年前、総従業員数が20万人を超える大企業に、気合いと元気だけでなんとか就職。泥臭く仕事をしながら、同期のトップグループで課長まで昇進。


学生の頃の自分からは予想できない状況。


「俺、良くやってるよ、出来過ぎじゃん」と心の中でつぶやきが聞こえてくる。

ただ、それと同時に、

「このままでいいの?どうすんの俺?」という問いが波の様に繰り返されていました。



起業する訳でも、転職する訳でもなく、

絵に描いた様な模範的な社会人生活を送ってきていた。


辞めたいと思う様な出来事はあっても、本気で辞めようと思った事は一度も無い。


仕事も仲間も、築いてきたキャリアも、自分にはもったい無いぐらいよく出来ている。

また、それを手放す程、自分に余裕がある訳でもなく、別に熱くなれるものがある訳でもない。


これまでよくやってきた、出来過ぎ。というのが実感。


ただ・・


入社以来、求めてきて得られていないものが一つあり、

それをあきらめられないという思いがずっとあった。


得られていないものそれは、

「心の底から楽しい」という感覚。



近い感覚は知っている。


学生時代、中学・高校・大学と陸上競技に没頭。

ただ走るというシンプルさが好きで、

日々のトレーニングは苦しいが、とにかく心底楽しかった思い出。


テキトーに出来ない性分なので、

就職を機に、陸上競技からは離れた。


今度は仕事で心底楽しもうと!



それから17年。


未熟感や負けん気から始まり、

責任感や、達成感、充実感など、

仕事を通じて、いろんな感覚を得てきた。


が、テレビや雑誌に出ている人が、キラキラしながら

これをやるために生まれてきましたと言わんばかりの

楽しそうな状況や感覚を得た事は正直なところなかった。


俺には無理なのかな?


いや、何かを変えれば大丈夫。


心の中でそんなやり取りを繰り返しながら、

いろんな仕事にトライした。


・営業、開発、マーケティング、人事・・・


社外の活動も増やした。


・中小企業診断士、ビジネススクール、異業種交流・・・



器用ではないが、何でも一生懸命やってしまうので、結果はついてきた。

ただ、同時に何かが違うという認めがたい感覚だけはいつも残った。


結局、自分なりにいろいろやり尽くしたところで、八方ふさがりとなった。


自分の前には、すでに道が出来上がっていた。

今の会社で期待されている仕事がある⇒懸命にやる⇒結果を出す⇒評価を受ける

という道だ。

悪くない、というか、リーダーシップを発揮できるここからが本当に面白いところ。



ただ、何かが違う。


その何かはわからないが、違うことだけはわかる。


わがまま?甘え?妄想?現実逃避?


訳がわからなくなり、もう自分ではどうしようもないという段階まできたので、


・条件を外して(≒正直になること)

・メンターのサポートを受けながら

無意識に避けてきた本当の自分に向き合おうと思った。



一定のキャリアを積んだ30代で、ゼロベースで人生を考える事は恐怖に近い。

これまでの立場や収入、家族など守りたいものがある中で、

出てくるものによっては、すべてを捨てることになりかねないからだ。


人は、それが快くても不快でも、慣れ親しんだものを自然と守ろうとする。


ホメオスタシスという機能だ。


体温を一定に保とうとする様に、思考や行動習慣も変えない様に自然と機能する。


だからこそ、

自分では気付いていない、本当に大事なことに向き合おうとすれば、

無意識に自分の常識内で考えてしまわない様に、


・信頼できる第三者のサポートを入れつつ

・頭だけではなく、感覚を頼り

に進めていくことは有効だ。


体験からも、

自分にとって、本当に良いことは、頭でなく感覚が伝えてくれる、

というのが正解。

(良い話でも気が乗らない場合があるし、理由はわかんないがこれが良いというのもある)



私の場合は、

会社員気質を過度に採用しすぎていたせいか、

周り(会社や上司)の期待には何が何でも応えるというマイ・ルールが強すぎた。


結果、自分が望まないことでも期待されればやり、

自己を抑えて周りに尽くすという、パターンにはまっていた。


それはある意味で美徳にも近いのだけど、トリックだ。


自分は不幸だが、周りは幸せというのは無い。

所詮、自己満足の世界。



無意識に損得や効率だけで世界を見ることを止め、

自分や相手が本当に望む事をただ認め、応援すること。


人間がコントロールできるのは世界の一部だけであって、

自然界としての人間を思い出し、自然のルールの中で、

自分をどう生かしていくのかに問いを向けた。

それで、少しづつ自分を思い出していった。


最初は自分が好きなことを10個も書けば終わりだったが、

時間が経つと、50個でも100個でもどんどん溢れてくる様になった。


そうなると、副次効果で、

仕事の結果も更に良くなった。


しかも、格段にスムーズに。


例えば、

・全く会話が無かったチームが、メンバー同士が自律的に協力するチームへ変貌。

・10年来、全く取引できなかった大企業からいきなり数億円の取引を頂く。

・長年、取引が止まっていたお客様からシステム統合のお話を頂く。

といったこともあった。



そして、それは突然、起こった。


文章が降ってくることはありますでしょうか?


画家や音楽家、小説家の方も、突然、完成した絵が現れたり、メロディや

文章が勝手に湧いてきたりと、似た様な経験をされていらっしゃる方が少なからず

おられる様です。



ある日、メッセージが自分にも降りてくるんじゃないだろうかと思いました。

(こう思うこと自体、変なんですけど)


で、やってみたら出来た。


家族の事、友人の事、会った事も無い知らない人の事、

そのメッセージを受け取りたい方の在り様がメッセージとして勝手に降ってくる。


そして、そのメッセージを本人にお伝えすると、

とても喜んで頂き、癒しや励みとなっていました。


私の気の迷いかも知れないし、十分おかしな事なんですが、

なぜかそれが普通の事の様に実感していました。



私自身は、

左脳バリバリのコンサルタントでもありますので、

盲目的に見えない事を信じるタイプではありません。


ただ、

理由がわからないからといってそれ自体を全否定するタイプでもありません。


それが相手にとって良い効果をもたらすのであれば、

手段は何でも良いんだと思うのです。


自分が介在することで、よりよく生きるサポートになるのであれば、

それは良いんだろうと思いました。



しかしながら、当時、これを仕事にしようとは全く思いませんでした。

(会社員の自分からは振れ幅が大きすぎて、心理的に受け入れることもできませんでしたし)


で、月日が経ち、

冬のある日、通勤帰りの最寄駅を歩いていた時、

フッと「今の仕事を辞めよう」と思いました。


それは、とても自然でまるで椅子から立つぐらいの感じです。


あれほど吐きそうなほど考えたり、転職説明会に行ったり、士業として独立しようとしても踏み切れなかったのに、次の当てが何もない状態で、いとも簡単に決断・行動できました。


理由はわからないが、この辞めようという感覚は信じるに値するという感じです。


何で辞めたの?と聞かれれば、背景はいろいろあるけど、

「ある日、辞めようと思ったから」が一番の根本になります。

(大人ですから、それを理由にはしませんけど・・・)


で、辞めることを決めた後に、今のライフメッセンジャー&コンサルタントという

ビジネス・コンセプトが浮かんできました。


それでも、それを名乗ることの抵抗感などから、自分には無理だと随分と思ったのですが、いろんなご縁もあって、今、活動をしています。


頭ではわからないが、この感覚の方向に行こうという感じです。


こういった体験を実名で書く事自体、自分にとってはチャレンジですが、

普通の会社員でも、このぐらい思い切れるということをお伝えするのも

いいかなと思い、書いています。



どんな人生を進んでいても、自己を最大限発揮することが一つのゴールだと

思います。

だから、成功を追い求めるでも、修行するでも、ぼんやりするでも、

好きな道を進めばいいんだと思います。



ただ、最後は内なる声に寄り添うことになるのかなと。


そして、それは自分一人ではできないことでもあるのだろうと思います。


なぜならば、皆つながっているということを思い出すことが必要だからでしょうね。


これを読んでくださった方とは何かしらのご縁があるのだと思います。


私にできることがあれば、どうぞ気軽にご連絡ください。

(連絡先はこちらです⇒http://live-essence.com


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

迫平さん、長文ご苦労さまでした。すごく伝わりやすくなったと思います。感じやすくなった、といいますか。。言葉や文章にとって大切なのは、読んだ人の胸にそれがどんな像を映しだすか、ですので、ぜひ今後もそこに注目しつつ、筆をふるってください。

まつながさん、コメント、アドバイスありがとうございました。個人的な体験を表現し、反応を頂けるというのはうれしいことでした。また書きたいと思います。

迫平さん

初めまして。
理系の大学生(21歳)です。

体験談、とても興味深く読ませて頂きました。

21歳、大学3年生。
いよいよ自分の人生の方向性を決断する時期に差し掛かり、自分は何をするのが好きなのか、どんな事をして社会に貢献すべきか、など、終わりの無い問いに真剣に向かいあう日々が続いています。

「30代後半になると、自分の人生の意味を真剣に考える時が必ずやってくる」
大学に来られた、ある起業家の言葉を思い出しました。
その方も、大企業に勤めておられましたが、さっきの問いに取り付かれ、海外を放浪し、自分の内なる声を聞き、ゼロから起業しました。

その方も、「自分が心の底から楽しめて、かつ人様に直接感謝される仕事をしたかった。資金面などで大変だけど、今はとても幸せです」と語っておられました。

まだ守られている学生の身分ですが、大人になると、守るべきものを守るために、自分をある程度犠牲にして、会社勤めしないといけないのかな、と、不安な気持ちがわいてきます。

今、自分が好きな勉強に徹底的に打ち込むことで、悲壮感を抱えて会社と自宅を往復するだけの毎日を送るサラリーマン以外の可能性を、切り拓いていこうと思えました。

自分にとって、本当に大切なものは何か。
心の底から楽しめるものは何か。

学生のうちに、自分や周りの人、社会としっかり向き合って、なるべく早く見つけるようにします。

迫平さん、ありがとうございました。

片橋さん、お読み頂きまして、そしてコメントをありがとうございます。
私のこれまでのキャリアは、どうしてもそうしてみたかったという思いがありますので、苦しみながらもその選択自体に後悔は全くありません。やってみて初めて分かるということも多いかと思います。
どのような選択をするにしろ、自分で決めるということが大切な気がしますし、変更はいつでも可能ということを覚えておくということかもしれません。(最初から上手くいくことは稀なことだと思いますので)。諦めなければ道は拓かれると思います。片橋さんのこれからのご活躍を祈念しております。では。

迫平さん

片橋です。
メッセージ、ありがとうございます。

>私のこれまでのキャリアは、どうしてもそうしてみたかったという思いがありますので、苦しみながらもその選択自体に後悔は全くありません。やってみて初めて分かるということも多いかと思います。

周りに流されることなく、自分の人生を自分で選ぶことは貴くもあり、また同時にいばらの道だと思います。

自分にはまだその厳しさは分かりませんが、きつい道を選んだ分、

「他の誰かではない、自分の人生を生き抜く充実感」

は、きっと得られるのだろうと思います。

>変更はいつでも可能ということを覚えておくということかもしれません。(最初から上手くいくことは稀なことだと思いますので)

新卒で会社に入ってしまうと、一生それに縛られてしまう気がしてなりません。
先行きが全く予想できず、どんな企業に入っても倒産の可能性は否定できない時代だからこそ、自分という個の力を高めておくことが、これからの時代を生き抜くのに最も大切な事だと思います。

変更がいつでも可能ならば、あまりガチガチに考えず、もっと気楽に考えようと思います。

>諦めなければ道は拓かれると思います。

色々な所で聞く言葉ですが、やはり本質は「諦めない事」だと思います。
迫平さんのおかげで、勇気がわきました。

このご縁に感謝です。
ありがとうございました。

迫平 直幸

自己本質から仕事と人生を創るコンサルティングを行なっています。 その方の中にある「純粋な思い」が目覚め、その目覚め感覚から、本来の仕事や生活を組み立てていくこと。 本質の土台となる直感力と体感力を呼び覚まし、具体的な行動戦略をプランニングしています。http://live-essence.com

迫平 直幸さんが次に書こうと思っていること

|

迫平 直幸

自己本質から仕事と人生を創るコンサルティングを行なっています。 その方の中にある「純粋な思い」が目覚め、その目覚め感覚から、本来の仕事や生活を組み立てていくこと。 本質の土台となる直感力と体感力を呼び覚まし、具体的な行動戦略をプランニングしています。http://live-essence.com

迫平 直幸

自己本質から仕事と人生を創るコンサルティングを行なっています。 その方の中にある「純粋な思い」が目覚め、その目覚め感覚から、本来の仕事や生活を組み立てていくこと。 本質の土台となる直感力と体感力を呼び覚まし、具体的な行動戦略をプランニングしています。http://live-essence.com

迫平 直幸さんの他のストーリー

  • サラリーマンという夢 ~パパは、そんなワクワクしながら会社に行っていないよ・・・~