またまた間が空いてしまいましたスミマセ...!(´Д⊂ヽ

とりあえずここまでの流れは、
1:俳協ボイスアクターズスタジオの入学試験を受けて合格
2:約半年間の授業を経て、次の半年間の授業を受けるための切符を手に入れるべく、査定その①を受けて合格
でしたね。

さて、いよいよ査定その②です。

この査定②は、アクターズスタジオ内ではなく、俳協の事務所で行われました。
そう、声優・俳優・マネージャーさん達が集う仕事の拠点、本部です。
正直かなり緊張しました。
本物のプロが出入りしている場所で、しかも課題は当日渡し。
場所も初めてなら、原稿内容を見るのも初めて。
審査員さんも知らない方ばかりです。
なにもかもが初めてだらけの中で、しかも、
各クラスから選抜されてきた強敵たちと闘うわけです。
そんな状況で、どれだけ自分の力を発揮できるか。
入学試験の時と比べると、あきらかにハードルが上がっているのを実感しました。
(まず試験場(事務所)に辿り着けるかどうかが心配でした...)

そして査定②の内容はというと。

短いCMナレーションでした。
あと他にも1つか2つありましたが、どれを読むか自分で選べたんだっけかな??確か。ん? 全部読んだっけかな?? んぁ〜〜〜...(´゚д゚`)

お も い だ せ な い 。

とにかく、短いナレーションを読んだのは覚えています。
なんだかあっさり終わってしまって、ほとんど記憶に残っていないんですね。
その時の記憶をなんとか引っ張りだそうとしても、浮かんでくるのは、ごんぎつねの原稿に落書きしてた絵とか、船を漕いでる先生の姿ばかりが浮かんでくるんですね。
人間て、どうでもいいことばかりを覚えているものですよね๑゜д˚๑


さてそして、気になる査定②を受けた人数ですが...

ゴメンナサイ。実はこれも、はっきりとは分かりません(´・ω・`)
...が、確か、2回か3回に分けて行われていたような気が。
ただはっきりしているのは、私が受けた回は、約15、6人くらいだったように記憶しています。
もし2回、あるいは3回に分けていたとするならば、
およそ30人〜45人くらいが残っていたということになります。

もうね。さっきから頼りない記憶ばっかりでほんとゴメンナサイねorz


そして、査定②が終わった数日後。
めでたく合格連絡を頂き、晴れて後半の半年間の授業(無料!)に参加できることになったのです。(この後半の授業は事務所で行われます)

私を含め、合格者は全部で12人でした。

そ し て な ん と こ の 中 に 。

実は、私と同じクラスだったN君がいたのです!!
私とは別の回に来ていたんですね!

結局クラスの中で生き残ったのは、私とN君の2人だけでした。


そういえば、はっきり覚えていることがあります。
クラスで仲の良かった友達が査定①に落ちた時、
受かった私にわざわざ電話をくれたんです。

「そっかー、アンタはやっぱり受かったんだね!まぁアンタがいれば、アタシは要らないよ!ハハハ!」

と、なんともカラッとした声でスパっとおめでとうを言ってくれまして。
元々サバサバした人だったわけですが、
声がいつもよりも更に明るく聞こえ、それが逆に、とっても切なかったんですよね。
その声をね、今でも時々思い出すんです。
ふとした時に。

そんな時に必ず思い出すのが、
北斗の挙のED「「SILENT SURVIVOR」」(笑)
あの強敵(と書いて「とも」と読む)たちの姿が、
前に向かって進んでいくケンの後ろにスーーッと現れて消えていく画、あったでしょう?(みんな知ってますよね??( ゚д゚))
勝田声優学院に入学した頃から考えてみると、
実に色んな強敵(とも)と出会い、闘い、そして通り過ぎていったなぁ...と。
ケンシロウと自分を重ねて、物思いに耽るんですよ(笑)


だがしかし。

まだまだプロへの道は遠い。
まだスタートラインにすら立っていない状態です。
後半の授業への切符を手に入れたからといって、
現場に立てるわけではない。
次の査定は半年後。
これが、一番最後の査定となります。
その査定の結果によって、俳協に所属できるかできないかが決まるのです。

最終的に闘うのは12人。
これは、当時俳協ボイスアクターズ史上、最大の人数だったそうです。
(それまでは多くて7人、少なくて4人くらい)
そんな過去最大の競争率の中で、私とNは、
果たして勝ち抜くことができるのか!?
そして、授業の初日に樋口を襲った笑撃(←)の出来事とは!?


次回、「2度目に通った養成所/新世界編」第5回
〜新たなる強敵(とも)たち(四コマ漫画付き)

お楽しみに!
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ほんとですね(笑)個性派揃いの強敵たちでしたよ。

男塾ナツカシス!(笑) 今でこそ「笑撃」なんて言ってますが、当時の私にとっては非常に大変な出来事だったのです...。次号待て!☆

樋口 あかり

洋画の吹き替えを中心に活動しているフリーランス声優・樋口あかりです。 ①公式ホームページ→http://akarihiguchi.com/ ②樋口あかりが提供する声優志望者のためのマンツーマンレッスン「テクニカルボイス・ラボ」→http://ash-voicelabo.com/

樋口 あかりさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私の父は捨てられない 2

父が蒸発「あんな奴はクソオヤジ!」だけど僕は……

自己犠牲野郎の戯言(たわごと)【其の一】

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【7】普通コンプレックスからの卒業

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【6】勇気を出して2度目の告白

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【5】勇気を出して初告白

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【4】介護疲れから鬱発症

第1話 生きて。【小児科ナースが病院を飛び出して地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく美しい世界*】

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【3】おバカ夫婦時代

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【2】人生の分岐点

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(退院後~そして今)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

樋口 あかり

洋画の吹き替えを中心に活動しているフリーランス声優・樋口あかりです。 ①公式ホームページ→http://akarihiguchi.com/ ②樋口あかりが提供する声優志望者のためのマンツーマンレッスン「テクニカルボイス・ラボ」→http://ash-voicelabo.com/

樋口 あかり

洋画の吹き替えを中心に活動しているフリーランス声優・樋口あかりです。 ①公式ホームページ→http://akarihiguchi.com/ ②樋口あかりが提供する声優志望者のためのマンツーマンレッスン「テクニカルボイス・ラボ」→http://ash-voicelabo.com/

樋口 あかりさんの他のストーリー

  • 初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その3(全5回)

  • 樋口 あかりさんの読んでよかったストーリー

  • マクロスと僕:あこがれの声優さんに、30年の時を経て再会