「黒い下着」はセクシーか。誰も知らない実際のこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ごくプライベートな話であるが、下着は黒しか着ない。
なぜか。私の所持している下着はすべて黒だからだ。なぜか。
「同じ靴下を山ほど買うと洗濯後おそろいの靴下を探す必要がない」
というライフハックをご存知か。察しの良い方にはもうわかって頂けたと思う。そう、上下おそろいの下着を合わせるのがめんどくさい、という、モノグサの極みである。経年劣化で片方捨てても、どちらか一方だけ着替えても、全く問題が無い。

なぜ黒か。赤でもピンクでもパステルグリーンでもチェック柄でもなく。

黒という色は唯一無二なのである。RGBでいうところの#000000。赤やピンクやパステルグリーンにはさまざまな種類があり、購入する店やブランドによって、色調が違う。これでは上下おそろいにならない。柄物は言わずもがな。
ちなみに恒常的に「上下おそろいである」必然性を男性陣に説明するならば
「よくわからない女のプライド」である。

楽です。

「黒い下着」というものは大変便利なもので、ファストブランドであろうが、専門下着店であろうが、ネットショッピングであろうが、種類でいうとスポーツブラであろうが、サニタリーショーツであろうが、ヒラヒラのフリフリであろうが、ほとんどの場合で取り扱っている。
少々のデザインや形の違いはあれど、テイストは同じだ。
黒ともう一つ「白」という色も、もちろん#ffffffで表現されるところの単一色である。が、女性視点でいうとちょっとハードルが高い。
汚れが目立つ、という生活色漂う理由と「いい年して白ってねぇ」という乙女の恥じらいである。このあたりは慮ってほしい。

くたびれた感が出ず、なんかセクシー。

さらに、黒は退色しづらいという優れた特性がある。「色あせた薄いピンクのコットンパンツ」のように「残念にくたびれた感」が出ない。耐久性は大切である。

特筆すべき利点は「なんかセクシー」。
これはもう絶対的信頼感だ。いつ、なんどき、どんなアクシデントが起ころうが大丈夫。ローライズのジーンズから、屈んだ時の胸元から、風のいたずらで舞い上がったスカートから。
「あ、この子、黒なんだ。」

最小限の努力で最大限の「女を捨てて無い感」を出すことができる。

勝負から降りられる。

上記から逆説的な話になる。
日常的に黒い下着であれば、勝負下着的に「今日はもしかして」と素敵な予感や妄想に胸おどらせて下着を選ばなくて良いのだ。これは素晴らしく快適だ。
なぜなら何もなかった時に「せっかく可愛い下着つけて行ったのに」というがっかり感が無いのだ。黒い下着はいつものローテーションだから。従って、ごく自然体でいられる。何も期待しない。媚びない甘えない。夢をみない。

とにかくめんどくさくない。

男性陣の夢を壊して大変申し訳ない独白であったが、生活に合理性を求めながらも見え隠れする乙女心を読み取って頂ければ幸いである。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

#ffffffにわろたw

#ffffffは使い込むと#f1ecd7みたいな色になってくるんですよ

話題沸騰のストーリーですね(^^)
ライフハック視点というよりも、“勝負”視点が面白かったです。黒着用ルールで「勝負から降りられる。」という発想は、男性の斜め上を行ってると思います。やっぱり女性には敵わないなっていう全面的敗北感。
ちなみに男が告白しても仕方ないのですが、ボクもパンツはすべてボクサータイプの黒です。ほぼ、mamitaさんと同じ理由w
下着の色コード標記も面白かったです!

ありがとうございます!
バズってた様子をエゴサーチして眺めてました。予想外にも女性から相当数共感して頂けて、実は結構みなさんモノグサなんだと安心しました。男性からは引かれるかとビクビクしてたのですが「靴下と同じ理論か」と納得していただけたのも嬉しかったです。
「勝負から降りられる」部分はこういうの触れても良いのかなぁという葛藤があったのですが、思い切って書いてみてよかったです。

私は、物心ついたときから黒しかつけたことありません。薄い色の下着は初めてブラをつけたときから大嫌いでした。靴下、キャミソール、インナーは全て黒なので楽です。
ちなみに、海外に仕事に行くときはインポートの素材が薄くてちょっとセクシーな下着を持っていきます。なぜなら、洗濯してすぐに乾くから。下着は黒、私にとっては空気のような存在です。

物心ついた時からですか!それはすごい。ベテランですね。
「洗濯してすぐに乾くから」よくわかります。セクシーに見える下着、布面積の少ないおかげでかさばらないし便利ですよねぇ。黒と決めておくと身軽になれます。

今までずっと騙されてたわ。

中学生の時にブラックセイント(わからなければごめんなさい)がいたら、そらもう興奮してましたわw

黒=妖艶

分かりやすい方程式だと思います(о´∀`о)

イッキ様のお稚児さん部隊ですね。ブラックセインとは萌です。
ブラックは個性的なようで非個性的。
その他との組み合わせが楽で良いです。

とても面白いSTORYでした。「同じ靴下を山ほど買うと洗濯後おそろいの靴下を探す必要がない」私はこれ実践しています。でも、基本5本足靴下なので左右は合わせなくてはなりません。「なんかセクシー」。も間違いないですね。

mamita .

1984年生まれ。元はてなアルバイター、現ボクサー(趣味で週5のジム通い)。在宅フリーランスで企画をしています。老後のようなスローライフ快適です。

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

高校中退して絶望していた少年が、ハワイ大学、自転車日本一周、英検1級取得、アメリカ放浪を経て伝えたい、生きるという話

自分を大切に扱うと起こる人生の変化について

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ある小さな女の子の生きた姿

一番死にたくなる日、9月1日ー子どもたちに逃げ道を

TOEIC, IELTS満点でも意味がない!オックスフォード大学で通用しなかったゆとり世代の日本の英語教育!

【おっぱいセクハラ記】欲情の視線に耐える女の日々は、胸が膨らむ時期から始まる⑴

ボクと彼女と就職活動

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

聴覚障害の両親から学んだこと

インド滞在時に「詐欺被害に気をつけろ」との記述を読み、敢えて実際に試してみたら、素晴らしいドラマが展開された話 ~話せばわかる~

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

一度社会のレールからダイブしてフリーターになった僕が、大手広告会社に内定を貰えた理由。 (後編)

一度社会のレールからダイブしてフリーターになった僕が、大手広告会社に内定を貰えた理由。 (前篇)

mamita .

1984年生まれ。元はてなアルバイター、現ボクサー(趣味で週5のジム通い)。在宅フリーランスで企画をしています。老後のようなスローライフ快適です。

mamita .

1984年生まれ。元はてなアルバイター、現ボクサー(趣味で週5のジム通い)。在宅フリーランスで企画をしています。老後のようなスローライフ快適です。

mamitaさんの他のストーリー

  • 【第2話】10年間で4回半同棲に失敗した【ゴミ男がダメなら綺麗好きと住めばいいじゃない!〜潔癖症との同棲〜】

  • mamitaさんの読んでよかったストーリー

  • 俺はチップスターが好きだ。