高校時代は、窓の外ばかり見てた、今の自分は窓の外の世界にいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校時代、教室の端っこで窓の外ばかり見てた。

流れる雲のむこうには、広い海のむこうには、
どんな人がいて、どんな生活をしているんだろう。

先生の話は上の空。(ちゃんと授業は聞きましょう。。)
ぼーーっと毎日を過ごしてた。

大学に入ってからも、だらだらした生活、遊ぶというより引きこもり。

高校の終わりから大学の2年生にかけては不幸の連続が起きた。
友達が3人も、たて続けに亡くなり、親しい人が犯罪に巻き込まれ、
祖父が交通事故で民家に突っ込み、自分はストレスで肺に穴が開いて入院。

あの時の自分は、誰から見ても最低な人間で、
悲しみだけが友達であり支えで、いつも一人ぼっち。
教室の窓の校庭で青春している学生がうるさく感じた。

友達を襲った犯罪者を殺してやると、

毎日恨みの気持ちを奮い起こさせてた。
家にいないときは、大学の図書館に引きこもり本を読んだ。
なぜか情けなくなり、突然泣きたくなってトイレに行ってたりもした。
なんのとりえもなく、目立たない僕の人生。


ある本に出逢うまで。 



あなたの人生をほんの少しでも良くしたいって思っている本は、
あなたの近くに必ずある。


僕が出逢ったのは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜。」
中学校の時に教科書で読んだのにもかかわらず、 また手に取って読んだ。
数年ぶりに読んだその本は、読み返してみるとまったく違うストーリーに感じた。

「僕はもう、本当に人の幸せのためなら、この体なんて焼かれても構わない。」

一部言葉を端折ったけど、このセリフが心の奥に響いてから人生が少しづつ変わり始めたのを覚えている。
「あっそうだ、こんなに人間になりたかったんだ。」
そう思って本のセリフをレポート用紙が終わるまで書き続けて、
うわべじゃなくて、深層心理に焼き付けようとした。
腐りきった自分を変えるチャンスをこの本にもらった。
今自分は、あの時描いた自分になろうと生きている。

たった一冊の本でも、人生において大切なものを教えてくれることがある。

あの時見ていた窓の外の世界で僕は必至に生きてる。


「大切なものは目に見えない」って星の王子様が言っていたけど、
目に見えるものの中にも、大切なものがある。

そういうのを考えていたら少しづつ大人になった。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

魂が求めることに出会うと言うか、氣付くきっかけなんだよね。
ありがとう。

八桁 圭佑

ヒッチハイクと自転車で47都道府県ツアー。 沖縄では2年間テント暮らし。 カンボジアでは学校を建設し産業を興す。 異色の経歴を持つウクレレアーティスト。 現在、先月発売された3枚目のCD『GOING MY WAY』を持って、 日本一周マラソン旅に出ております。

八桁 圭佑さんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の一・赤本】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其のニ・読書】

作曲知識0だったわたしがシンガーソングライターになり、全国のカラオケにも配信され世界をマーケットに【日本】を表現したPVを作った話

八桁 圭佑

ヒッチハイクと自転車で47都道府県ツアー。 沖縄では2年間テント暮らし。 カンボジアでは学校を建設し産業を興す。 異色の経歴を持つウクレレアーティスト。 現在、先月発売された3枚目のCD『GOING MY WAY』を持って、 日本一周マラソン旅に出ております。

八桁 圭佑

ヒッチハイクと自転車で47都道府県ツアー。 沖縄では2年間テント暮らし。 カンボジアでは学校を建設し産業を興す。 異色の経歴を持つウクレレアーティスト。 現在、先月発売された3枚目のCD『GOING MY WAY』を持って、 日本一周マラソン旅に出ております。

八桁 圭佑さんの他のストーリー

  • 高校時代は、窓の外ばかり見てた、今の自分は窓の外の世界にいる。

  • 八桁 圭佑さんの読んでよかったストーリー

  • ただの音楽家が成田空港で爆弾魔と間違われる話。