貧乏時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
大人になっていくにつれて、
実は自分の家が『貧乏』であったことを徐々に感じるようになった。
私は宮崎県の生まれだったが、一応一戸建ての持ち家に住んでおり、
クラスの中にはいわゆる『公団住宅』に住んでいる人もいたため、
さすがに医者の家庭とまでは行かなくても、クラスの平均以上の家庭だと思っていた。
しかし、よくよく分析してみると、
・色鉛筆は手で握れなくなるまで使っている
・靴下に穴が空いたら、糸で縫ってそれをはいている
・靴は常に1種類
・服は常に兄のお下がり
・大学は『私立には行かせられない』と言われた
・大学は、国立で育英会系の奨学金を2個使って生活費に充てていた
・大学は、『授業料免除』してもらえたので入学金しか払っていない
ということから、実は家庭の収入レベルでいくと、地元宮崎の中でも平均以下ではなかったのか、
と感じるのである。
兄弟は男3人だったが、母は常に朝は早朝から新聞社で新聞の仕分けや新聞配達の仕事をし、
昼間は別の仕事を掛け持ちしてやっていた。
父は30歳で独立したようだ。
小さい時はわからなかったが、父の収入も独立したことによって、
毎月安定していなかったのではないかと思う。
母の推定月収は、この2つを掛け持ちしても、地元の水準からすると、
13万円以下ではなかったのではないか。
母はかなりの倹約家で、私達が欲しいというおもちゃも、
めったなことが無い限り買ってくれなかった。
但し、外向けには『持ち家』『マイカー』『大学進学』といった、
『平均以上の生活』を私達に提供することで、
私達もひもじい思いをしていなかったのではないかと思う。
私が大学を卒業して半年間、起業を模索していた時に、
ふとアメリカに留学したいと思った。
当時の自分の全財産は50万円以下。
母に電話をして、聞いてみたところ、
『そんなお金は無い』
と厳しく言われた。
私も、成長して父と母の経済状況がなんとなくわかる年頃だったので、
『確かにそうだな』と思い、
それから一切、親に頼る気持ちを捨てた。
それから数年後、私が既に上京していた時、母から1本の電話が。
『3人のためにやっていた郵便貯金が満期になったから、200万円ずつ送っといたからね』
これが、母からもらった最後のお金だ。
月収10万円ちょっとの母が、私達子供3人のために、合計600万円の貯金をしていたのだ。
私だけでも月収の20ヶ月分。
ビジネスを知らない母なので、少ない給料を倹約して貯めることしかできない。
これを貯めるために、どれだけ倹約してきたのだろうか。
200万円の内訳を書いた手紙も送られてきた。
これを見た時に、目頭が熱くなった。
母親に心の底から感謝した。
その手紙は今でもとっているし、
この200万円は今でも使っていない。
<追伸>
このストーリーを読んで私に興味を持って頂いた方は、ぜひFacebookでフォローもしくはお友達申請を!Facebookでも濃い情報を発信しています!
お友達申請の際には『Storysを読みました』とコメント頂ければ、
承認させて頂きます!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

齋藤さん、ぜひ読んでみたいです!

戸田さん、ありがとうございます!

福田さん、コメントありがとうございます!

お母さんの気持ちが伝わりますね。いい話をありがとうございます

親は偉大ですね。毎月生活が厳しい中でも、コツコツ貯金し続けるなんて簡単に出来ることじゃないと思います。自分と重なることもあり(ストーリーを投稿しております)、一気に読んでしまいました。心温まるお話、ありがとうございます。

中嶋さん、Abeshiさん、ありがとうございます!

平城さんをもっとよく知ることができて、さらに信頼し、もっとストーリーを読みたいと思いました。

藤本さん、メッセージありがとうございます!

うちもこんな感じでした。

鍋坂さん、そうなのですね。でも、親には感謝しています。

平城 寿

IT関連を中心として日本法人3社、海外法人6社のオーナーとしてビジネスを手がけ、 固定のオフィスと従業員を持たない『ノマド式経営』を追求。 自らはPC1台で海外を舞台に時間と場所にとらわれないスタイルを実現し、『ノマドスタイル』を追求したい人向けへの情報発信を行っている。

平城 寿さんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

平城 寿

IT関連を中心として日本法人3社、海外法人6社のオーナーとしてビジネスを手がけ、 固定のオフィスと従業員を持たない『ノマド式経営』を追求。 自らはPC1台で海外を舞台に時間と場所にとらわれないスタイルを実現し、『ノマドスタイル』を追求したい人向けへの情報発信を行っている。

平城 寿

IT関連を中心として日本法人3社、海外法人6社のオーナーとしてビジネスを手がけ、 固定のオフィスと従業員を持たない『ノマド式経営』を追求。 自らはPC1台で海外を舞台に時間と場所にとらわれないスタイルを実現し、『ノマドスタイル』を追求したい人向けへの情報発信を行っている。

平城 寿さんの他のストーリー

  • @SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』

  • 平城 寿さんの読んでよかったストーリー

  • フツーの主婦がサラリーマンの旦那を日本に置いて、マレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話