介護の現場から!世界でいちばんやりたくなかった仕事をえらんだワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
442
こんにちは、さいたまで介護士をやっている田口 洋祐と申します。
介護士になって、もうすぐ1年が経ちます。
1年前、介護のお仕事は、僕が世界でいちばんやりたくなかった仕事でした。
そんな僕がどうして介護士になったのか?
そのストーリーをお届けします。
未来の、介護士たちに向けて。



僕が介護をはじめたワケ


おばあちゃんが倒れて、半身不随に!


冒頭でも書きましたが、介護は僕が世界でいちばんやりたくなかった仕事でした。
だって、待遇は悪いし、職員同士でいじめがあるというし、
老人虐待もあるし、下の世話をしないきゃならないし、給料は安いという話だし…

介護について、よい話を聴いたことがありませんでした。
だからハッキリいって、最低だと思ってました。

そんな僕がどうして介護士になったのか?
それは、僕のおばあちゃんが脳出血で倒れ、半身不随になってしまったからです。

ある日のこと。
アルバイトの帰りで、雨がふっていました。
おばちゃんが実家の近くの病院に入院していましたが、
僕は一度もお見舞いにいっていなかったので、
その日は雨の中、わざわざお見舞いに行くことにしたのです。

病室でおばあちゃんに会うと、衝撃を受けました。
顔半分は打撲で青くなっていたし、なにより、しゃべれない。
口も麻痺になってしまったので、言葉がほとんどしゃべれなかったんです。

そんなおばあちゃんを見て、僕はなんとか泣かないようにこらえていたのに
おばあちゃんの方が先に泣き出してしまいました。
僕もつられて泣いてしまい、ふたりで仲良く泣きました(笑)



だんだん落ち着いてきたので、いくつか話をしました。
するとだんだん、ほんのすこしずつ、おばあちゃんの言いたいことが
わかるようになってきたんです。

ジェスチャーと、想像を組み合わせて推測すれば
意外と通じるものなんですね。

その後2、3回、おばあちゃんのお見舞いにいきました。

病室で見かけた介護士と、ふとったおばあさん



おばあちゃんの入院していた病院の部屋には、
ほかにも何人か入院している人たちがいました。

ある日お見舞いに行くと、僕のおばあちゃんの向かいのベッドに
だいぶ太ったおばあさんがいて、介護士さんか理学療法士さんかは
わかりませんが、女の人がふたりで、おばあさんをベッドに移していたんです。

それを見たとき

「僕は男で身体も大きいし、こういう現場で役に立てるかもしれない」

そう思って「よし、これからは介護の世界に飛び込んでみよう!」と

世界でいちばんやりたくなかった仕事につく決意を固めたのでした。


それからおばあちゃんは、病院から取材されるくらいのがんばりで
リハビリに取り組み、いまではひとり暮らしするまでに回復しています。
(もちろん、娘たちが毎日のように家に様子を見に行っています)


未来の介護士に向けて




僕は高校のころ、自分にはなんの能力もなく、何の夢もなく
「なんてダメな人間なんだろう」と自分を責めていました。
ところが人生とは面白いもので、人や本の出逢いなど
思わぬ形で展開していくことがあるのを実感しています。

僕は高校を卒業し、たいしてギターも弾けないのに音楽の学校に入り
6年間ギタリストとして活動し、いまは思いがけない形で介護士になり
身に着けた音楽の技術を生かしてイベントを企画したりと、楽しく日々を過ごしています。
今後やっていきたいライフワークも見つけました。
また、ステキなパートナーにも恵まれました。

子供のころは、どちらかといえばいじめられっこ。
成績が悪くて高校の卒業が危ぶまれた僕でも、楽しく生活することができています。
介護の世界に興味がある人は、ぜひ挑戦することをおススメします。
介護なんてやりたくない!という人は、もっとおススメします(笑)

次回は、僕が介護士になって体験した喜び、悩み、生死の観念。
それらについて書いていきたいともいます。
今回はお読みいただき、ありがとうございました。


「続きを読みたい!」を押していただけると、
嬉しくて創作意欲がわくので、よろしくお願いします(笑)
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

生きている中でどんなところに出会いがあるかは分かりませんね。1番したくない職業だったのに〜あら不思議な出会いがっていいですね。

千春さん、本当にそうですね!しかも、長く続けているというのも、また不思議です。

私も介護なんってやりたくないと思っていました。
現在介護職として顔晴っております。

でも生死の在り方に興味があり、健康で亡く形がその人為と思っております。
自分は学生スポーツトレーナーから社会人介護職になったので、健康で頂きたいと思っております。

田口 洋祐

はじめまして、田口 洋祐と申します。江口洋介と一字違いです(笑) みんなからは「よーすけ」って呼ばれてます。 僕はギタリスト、介護士を経て、 いまは星占い師をしてます。 どんな経歴だ!?って自分でも思いますが 自分がワクワクすることを選ぶようにしてきた結果、こうなりました。

田口 洋祐さんが次に書こうと思っていること

|

田口 洋祐

はじめまして、田口 洋祐と申します。江口洋介と一字違いです(笑) みんなからは「よーすけ」って呼ばれてます。 僕はギタリスト、介護士を経て、 いまは星占い師をしてます。 どんな経歴だ!?って自分でも思いますが 自分がワクワクすることを選ぶようにしてきた結果、こうなりました。

田口 洋祐

はじめまして、田口 洋祐と申します。江口洋介と一字違いです(笑) みんなからは「よーすけ」って呼ばれてます。 僕はギタリスト、介護士を経て、 いまは星占い師をしてます。 どんな経歴だ!?って自分でも思いますが 自分がワクワクすることを選ぶようにしてきた結果、こうなりました。

田口 洋祐さんの他のストーリー

  • 介護の現場から!1年9ヶ月つづけて僕が思うコト。

  • 田口 洋祐さんの読んでよかったストーリー

  • 私がSTORYS.JPに参加した理由