親からの束縛で自由が無いと思っている人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
私はいわゆる良い子でした。

学校での成績もまあまあ良くて、聞き分けも良く

生徒会に先生から推薦されてしまう感じで、

生徒手帳から飛び出したような

絵に描いた至って真面目な普通な子でした。



部活も、志望校も全てお母さんの言う通りにし

好きな人も、お母さんがすこし苦い顔をすればすぐに諦めました。



今思うと自分というものが全くありませんが、

当時はそれが正しいと本気で思っていたのです。



転ばぬ先の杖



これがお母さんの口癖で、彼女なりの愛情だったのでしょう。

私も、そうする事でお母さんを喜ばせたいと思っていたし

実際にお母さんを安心させることができました。



私は自分の人生を生きる事よりも

お母さんが心配しない様に、不安にならない様に

安心していられる事を選択していました。



就職も何もかも、お母さんの言う通りにしました。



少しでも嫌だなと思ったことがあっても

お母さんの考えは曲げられない、私の思いは届かない。

だから諦めなければならない。

そう信じて疑いもしませんでした。



お母さんが怒る、お母さんが泣く、お母さんが不安定になる事は

私の人生を脅かされる位、とても重要なことで

自分のしたい事よりも、まずはお母さんを優先する事を徹底していました。



そんな自分を生きれてない最中、

私は26歳のとき、とある人に出会います。

その人は若い時にご両親と諸事情で離れていて

親という存在が人生の中であまりウエイトを占めていない人でした。


あまりにも自分との世界観の違いに

怒りさえも覚えることもありましたが、

その人とのご縁を通じて私が気づいたのは

私は、ありとあらゆる経験を拒否し、

体験、経験を避け、ものすごく狭い世界の中で

生きていたのだということでした。



どうしてしたい事をしないの?



こんな単純な質問に答えられない自分が

腹立たしくて、不甲斐なくて、

もう、怒りなのか、悲しみなのか

区別がつかない位取り乱したのを覚えています。




そんな事無理やもん。

できるわけないもん。

勝手な事したら怒られる。

したい事したくても許されないもん。



小さい頃から、

危ないからというお母さんのツルの一声で

全ての事を諦めました。

海外旅行も諦め、職場が遠いからという理由で

やりたかった仕事も諦めました。



一見不幸な感じもしますが、

私は、安全で、安心出来るところにずっといる

という事を最優先していたのだと思います。



自分で選択し、行動し、考え、そして経験する。

失敗したり、挫折する事を絶対的に避けたかったのでしょう

出来ない自分を受け入れられないという

自分のマインドが引き起こした流れでした。



私は、お母さんという存在を利用して

自分で決めない、

自分の人生に責任を取らない

という事を、自分で決めてきたことに

気づかされ愕然としました。



お母さんがいる事で

全てをお母さんのせいに出来る

被害者でいられるのだという事が

あまりにも居心地が良かったのでしょう。



親からの束縛、呪縛で自由が無いと思っていた私は

実は、それがある事で

守られ、安心出来て

何かあってもそれを人のせいに出来る

とても居心地の良い場所にいたのだとおもいます。



その数年後、何が何でも私は自分の夢を叶えたいと思う

自分の夢に気づき始めます。



もちろんお母さんは大反対です。

家を出て、故郷を離れ、遠い場所で自分の夢を叶える事は

お母さんにとっては淋しくて、不安で、心配で仕方が無かったのでしょう。



ですが、呪縛は簡単に取れました。



私が、守られる、被害者でいる事をやめたのです。

全て自分で選択し、決断し、

どんなことになっても受け入れる覚悟が出来たので

私は自分の夢に向かって進みだしました。



お母さんの言う事が聞けないのなら

親子の縁を切るとまで言われましたが

私はそれで良いと思いました。



正直、お母さんに許してもらえない事よりも

自分のこのわき上がってくるワクワクを

捨ててしまうことのほうが何倍も苦しいと思ったからです。



どんなことになろうと、

きっと後で私が幸せそうに、笑っていれば

きっとお母さんも喜んでくれると確信をしたので

私は前に進む事を決めました。



親の呪縛は一生取れないと思っていました。

ずっといい子でいなければならないと思いました。

一度縁が切れてしまうと二度ともとには戻らないと思いました。



それでも、私は自分の人生を自分の足で歩き出すことをきめました。

決断し、選択し、誰のせいにも出来ない状況の中

前に進みだしました。



経験不足から、成功体験の少なさから

たくさんの壁にもぶち当たり、泣いたり、怒ったり

人を恨んだり、憤ったり、悲しんだり、

様々な感情を体験しました。



ですが、それらのどんな些細な体験経験も、全て自分を作る

大切な要素になる事を人生から教わりました。



苦労は買ってでもしろ、とことわざがありますが

苦労とは、きっと経験、体験の事をさしているのだろうと

今の私は解釈しています。



それから、10年ほどたった今、

自分の人生を歩いている私に

お母さんはいつも優しい言葉をかけてくれています。

誰よりも信頼してくれて、応援してくれて

いつでも何かあったら力になるよと言ってくれています。



私が毎日楽しそうにしている事で

お母さんも自分の人生に目を向け始めました。

子供ばかりに目を向けていた生活から

フラダンスに通ったり、趣味の映画のブログを書いたり

今はとてもお母さんも楽しそうに毎日を過ごしています。



自分の信念に基づいて生きること、

自己責任のもと、自分を大切にするという事は、

周りの人も幸せにしていけるのだなと

実体験を通じて腑に落ちている私がいます。



今の状況は全て自分が決めてきた事であり

これからの人生も自分で決めて行ける事。



その事さえ自分の中にあれば

どんな人生も描いて行けると確信しています。






















読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

樋口さん、読んで頂いてありがとうございます。
わたしもずーっと許せませんでした。
理屈は分かっていても、感情がついて行きませんでした。
また別の親のストーリーを書いて行きたいと思います。
宜しくお願いします。

若い時に気づきがあって、ほんとうによかったですね!

その通りですね。うちの母も、楽しいことみつけてほしいなー。

松原さん、読んでいただき、コメントをありがとうございます。
ほんとにそうですね。未成年の時にもっと自立出来ていたらと、たらればを言っても仕方がないですが、でも気づけて本当によかったです。

坂元さん、読んでいただいて、ありがとうございます。
母も楽しいことを見つけるまでとても時間がかかったようです。
自分の為に生きるということが出来なかったようなので。
それを考えると依存関係を断ち切ることで母も自分の人生を生きるきっかけになり本当によかったと思います。

ずっと自分の感じていたもやもやが全部言語化されている気がして、嘆息しました。束縛を言い訳に自分の気持ちから逃げている自分に、多少なりとも気づけたと思います。このような記事を書いてくださって、ありがとうございます。

okudaさん、ご感想ありがとうございます。自由になるとはとても実は不自由なんだということにも親の存在で気づかされました。いろんな角度から物を見て、自分のパラダイム(思考パターン)を崩していくというのはもやもやが一瞬にして解放されていきますよね^^

人生の言い訳に親が出てくることはよくないですね。

酒井さん、本当にそう思います。拗ねてずっと何かのせいにしていた頃の私は不自由きわまりなかったですから^^

あの、いまホント親が嫌いで。留学中なんですけど嫌いって思うくらいで。

おの みゆき

才能とは自分では当たり前すぎて気づかないもの。誰にでも与えられていて、良いとか悪いとか、すごいとかすごくないとかそういうことじゃなくて、ちゃんと才能に気づき、受け入れ、使えている人がきっと人生を楽しんでいるのだと思う。

|

おの みゆき

才能とは自分では当たり前すぎて気づかないもの。誰にでも与えられていて、良いとか悪いとか、すごいとかすごくないとかそういうことじゃなくて、ちゃんと才能に気づき、受け入れ、使えている人がきっと人生を楽しんでいるのだと思う。

おの みゆき

才能とは自分では当たり前すぎて気づかないもの。誰にでも与えられていて、良いとか悪いとか、すごいとかすごくないとかそういうことじゃなくて、ちゃんと才能に気づき、受け入れ、使えている人がきっと人生を楽しんでいるのだと思う。

おの みゆきさんの他のストーリー

  • 親からの束縛で自由が無いと思っている人へ