もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その2 職務

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その2 職務
▼他17件のストーリー

添乗員の仕事とは何か。

旅行会社が提案した旅行日程を
募集に応募したお客様に正しく提供すること。
それだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。
決してお客様を楽しませるために芸を披露したり、歌を歌ったり、コスプレをしたり、おにぎりを握ったり、そばを準備したり、おせちをつくったりするためではありません。
一緒に飲みに行く位は大歓迎ですが。…いや、そうでもないな。

極稀にあるのが、夜の女性の手配や変なものの手配。犯罪です。絶対にしません。
でも拒否をして帰国後なんらかのクレームを入れられると会社から怒られます。さすがに事情を説明すると理解はしてもらえますがお客様からクレームを貰ったという評価は一生変わりません。ずっと付いて回ります。

パワーバランス


お客様>旅行会社>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>添乗員
添乗員はお客様の評判で全てが決まります。
ツアーの最後に渡されるアンケート。
あれが地獄と煉獄を分けます。天国はありません。
それをご存知のお客様はたまにそれをネタに脅迫してくることもありますけど。
お客様
書いちゃうけどいいの〜?
(・・・何度聞いたことか)

自己責任・・・自己嫌悪?

しかしわがままなお客様は添乗員の責任でもあります。同じお客様でも添乗員によって立ち居振る舞いが変わるのを見かけました。なんでもいうことをほいほい聞いてお客様の希望の際限をなくしてしまいにっちもさっちも出来なくなった添乗員を見かけます。
(この全ての責任は添乗員という思考が毒されているのか・・・!)

まぁ人と関わればその数だけ関係が発生します。
年間300人近くと1週間以上の旅をするわけですから色んなトラブルがあるわけです。
読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

夜の女性の手配でクレームつけられて報告されるなんて可哀想すぎます

山崎 郁馬

A japanese born in algeria grown in france educated in japan livin'in myanmar. 全く別のブログやってます。ミャンマー情報発信中。 http://orchestra-travel-myanmar.com/

山崎 郁馬さんが次に書こうと思っていること

|

海外旅行のタグがついたストーリー

ミャンマー旅行記(+ラオス、ベトナム) by よそじーず

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。クアラルンプール編#1

初めての海外。

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#3

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#1

私たちはどんなふうにも生きられる。無計画に世界を旅した私のはちゃめちゃ冒険記。バンコク編#2

慶應生が『バイスジャンガル』で牛糞をかき集めた話

大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『教授』

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『限界間際』

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)

日本人観光客ってマナーはいいの?・・・いや、そうでもないと思う

スパイダーを背負った眉太男がバーゼル、ローザンヌ、チューリヒでストリートショーを開催する話。なぜかスイスでケバブざんまい。04

カナ鉄に乗って⑦最終回:ジャズとワインとモントリオール・迷ったら旅に出よう!

僕にとってタイムズスクエアは神社になってしまい、ラーメン屋の店長はライバルです。

山崎 郁馬

A japanese born in algeria grown in france educated in japan livin'in myanmar. 全く別のブログやってます。ミャンマー情報発信中。 http://orchestra-travel-myanmar.com/

山崎 郁馬

A japanese born in algeria grown in france educated in japan livin'in myanmar. 全く別のブログやってます。ミャンマー情報発信中。 http://orchestra-travel-myanmar.com/

山崎 郁馬さんの他のストーリー

  • もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その9 人気添乗員のファンに迫る!

  • 山崎 郁馬さんの読んでよかったストーリー

  • IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった