もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その1

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その1
▼他18件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
海外旅行専門の添乗員やってました。今は退職して海外住んでます。
思い出してみれば、なかなか大変なお仕事でした。
storys.jpを見てふと思い出したので、お話ししてみようかと思います。

添乗員ってまさに中間管理職



旅行会社本体と現地手配会社と現地ガイドとお客様の間に入り、ギリギリのバランスでどこからもクレームが出ないように日程を終わらせるのが仕事です。

日本からの電話に起こされ、お客様同士の対立に巻き込まれ、
わがままなガイドをなだめすかし、他社とレストランでバッティングすれば席とメニュー変更で対抗し、道を知らないドライバーの代わりに現地人に道を聞き、突然部屋が足りないと抜かすホテルと喧嘩し、受託手荷物のオーバーウェイトをまけてくれないかと航空会社の窓口と交渉までして
、それでも社会的地位は低く給料も安い。そんなお仕事の紹介です。
おかげさまで世界中訪れることが出来ましたし、能力的には成長できたのかなと思います。パワプロ的にピンチ○とか付いた気がします。あとネゴシエーション○クレーマー○?)とか。
お客様に救われたことも多いです。こんなにいい人がこの世に存在するのかと感動で涙したこともあります。
精神的にやられるので当時はメンタル×が付いていたのかもしれませんが。
世界中を旅したい。そんな人にはオススメですが、
知り合いがなりたいと言ったら殴ってでも止めます。
そんな海外添乗員のぶっちゃけ話のはじまりはじまり。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ピンチ○w

色んなトラブル対応しましたw
今後ご紹介して行きます!

山崎 郁馬

A japanese born in algeria grown in france educated in japan livin'in myanmar. 全く別のブログやってます。ミャンマー情報発信中。 http://orchestra-travel-myanmar.com/

山崎 郁馬さんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ エリートコースから脱線した僕が、 起業するまでの話 ~

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

山崎 郁馬

A japanese born in algeria grown in france educated in japan livin'in myanmar. 全く別のブログやってます。ミャンマー情報発信中。 http://orchestra-travel-myanmar.com/

山崎 郁馬

A japanese born in algeria grown in france educated in japan livin'in myanmar. 全く別のブログやってます。ミャンマー情報発信中。 http://orchestra-travel-myanmar.com/

山崎 郁馬さんの他のストーリー

  • もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その6 OMOTENASHI

  • 山崎 郁馬さんの読んでよかったストーリー

  • ブラピに四回会ってそのうち一回会話した時の話