ミサイルと戦車を目の前で見て感じたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

1991年1月の朝

10歳の私は、パキスタンの首都イスラマバードにいました。
夏場は40度を超える暑い日もあるパキスタンですが、
1月はとても寒く、その日も少し身震いする寒さでした。
リビングに行くと両親が食い入るようにTVを見ています。
「戦争が、はじまっちまった。」
それまで日本で平穏無事に過ごしていた私にとって、
“戦争”というのは遠い昔の話で、自分には何の関係も
ないことだと思っていました。
湾岸戦争がはじまったその日、教科書の中で描かれていた
戦争という非日常が、隣国で起きている現実であることを
強く感じたことを覚えています。

ミサイルと戦車

同年3月、イスラマバードの国会議事堂に続く大通りで、
軍事パレードが行われました。
武器を持った多くの兵士たち、装甲車、自走砲、
目の前を通り過ぎていく大きなミサイルと戦車。
テレビに映っていた非現実的な物体が、そこにありました。
「これが落ちてきたら、やっぱり死ぬのかな。」
そんな風なことを、考えていました。

日本にいるということ、平和であるということ

日本に帰ってきてからも、世界各地で起きる戦争や内乱を
ニュースで見聞きする度に、もし自分がその場所にいたら、
もし家族がそこに住んでいたら、命を落としているかも
しれない、と感じます。
水があります。
食べ物があります。
電気が通っています。
ガスが使えます。
私たちには、戦争も、内乱も、宗教対立も、自爆テロも、
日常生活の中ではほとんど無縁な出来事です。
美しい四季があり、海と山があります。
電車は分刻み・秒刻みで、毎日正確に走っています。
日本は、ステキな国です。
世界のどの国に行っても、日本が一番ステキだと思えます。
便利な暮らしを手に入れるため、経済的発展のために、
社会の中ではたらくことは大事なことですが、
この平和さを保ち、広めていくことも大事なことです。
世界中の人々に、平穏な日々が訪れますように。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

今日はFBに投稿したので、今のストーリーを呼んでぴっくり。
偶然かなとおもい、内容を転載します。:

========================
あるクウェートの少女のイラク軍のあかちゃんの虐殺の証言でアメリカと国連が一気に戦争ムードになり、1990年に対イラクの湾岸戦争が勃発。

でも、少女の証言はCIAによるのでっち上げって知りませんでした。
クウェートの少女はクウェート大使の娘で、証言のために演技コースを受けた。

彼女の証言をテレビで見たことがあるので、ショックを受けました。

第2次湾岸戦争(サダム政権を倒すイラク戦争)のきっかけもイラク軍が大量破壊兵器を所有する嘘の報告でした。

古代歴史がすき。小説のように楽しめるから。
近代歴史が嫌い。小説のように見えたから。

http://www.quora.com/Conspiracy-Theories/What-is-the-most-outrageous-conspiracy-theory-that-ultimately-proved-to-be-correct/answer/Ankush-Saxena

Mitarai Chiharu

chiharu@千陽です。いつもココロに太陽を。 1980年東京生まれ、フィリピン、パキスタン、イギリス経由、吉祥寺育ち。早稲田大学(旧)理工学部M研卒、研究員@家具メーカー。「家具そのもの」ではなく、オフィスの未来・ワークスタイルの未来・情報環境の未来を日々妄想研究しています。テニスと吉祥寺が大

|

キイタハナシのタグがついたストーリー

大学生が、たった3か月で500万貯めてドイツ製最高級車のBMWを買ったのに、2週間後にクラッシュして300万の請求が来た話

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

IT企業が総出で本気で、一人の女性の誕生日を祝ったらこうなった

人間力の凄さを実証した小学生Tさんの話 ⑦ 【最終回】

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった話⑤(番外編)

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話④

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話②

今まで出会った本当に怖い女の人の話

ものわすれた話

覚悟を決めて行動し始めた途端。 あなたの成功ストーリーは動き始める。

【3】痛みと温度が同居した日 ~決意の瞬間~

【1】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに~

【2】痛みと温度が同居した日 ~ブラウン管の向こうに想像した世界~

iPhoneアプリ作成講座受講記録 5回目 やっとブラウザが完成!

Mitarai Chiharu

chiharu@千陽です。いつもココロに太陽を。 1980年東京生まれ、フィリピン、パキスタン、イギリス経由、吉祥寺育ち。早稲田大学(旧)理工学部M研卒、研究員@家具メーカー。「家具そのもの」ではなく、オフィスの未来・ワークスタイルの未来・情報環境の未来を日々妄想研究しています。テニスと吉祥寺が大

Mitarai Chiharu

chiharu@千陽です。いつもココロに太陽を。 1980年東京生まれ、フィリピン、パキスタン、イギリス経由、吉祥寺育ち。早稲田大学(旧)理工学部M研卒、研究員@家具メーカー。「家具そのもの」ではなく、オフィスの未来・ワークスタイルの未来・情報環境の未来を日々妄想研究しています。テニスと吉祥寺が大

Mitaraiさんの他のストーリー

  • ミサイルと戦車を目の前で見て感じたこと