初めまして。


Tokyo Fabnets代表のSHINDOです。


私のダンサー人生の軌跡を

語っていこうかと思っています。

これが誰か一人でもいい、

教訓、経験値となれば幸いです。



DADAってなんだよ!


まずは、自分がダンスを始めたきっかけから

語っていきたいと思う。


ディスコからクラブに移り変わる時代。

後にダンス黄金世代が育った時代。

そこからストーリーは始まった。


我が実家のリビングにあった一つのビデオテープ。

(ビデオテープてw)

そこにはマジックで雑に


【DADA】


とだけ書いてあった。

きっと当時ジュリアナに通っていた姉のだろうと思い自分は


【ダダ?何ぞ?】


と思っていたが、その時はスルーをしていた。


そしてある日、

新聞のテレビ欄にDADAと書いてあるではないか!

ビンゴ!

しかも、ド深夜枠だ。


これは気になってしょうがない。

普段は床に着いてる時間だが

この日はアクビを何回したか我慢我慢・・・。


そして時間が来た。

番組スタート。


いったい何が始まるんです?


そこには普段自分がニュースやテレビ知るディスコとは違う、

カッコイイ人間達が踊りまくっていた。

フロアには同じ歳ぐらいの子もいる。

クールな音楽が流れていた。

何よりスタジオではない何か悪そうな空気感に惹かれていた。


MCはRIKACOと当時まだデビュー前の

ZOOメンバーNAOYAさんだった。

とにかく全てが刺激的で確か30分番組だったろう、

あっという間だった。

確か、

スポンサーはタバコのSALEM。

そこまで覚えている。


会場に来て、踊りまくっている一般参加者から

メンバーがピックアップし、

ラストにはラインダンスと言って、

ZOOメンバーとその仲間達が縦二列を作り、

ピックアップされた人も含め、

その間を一人一人踊っていくという流れだった。


そこにはもちろん元ZOOである若かかりし

EXILEのHIROさんもいたし、

この番組を介したメンバー、出演者が今のダンス業界、

いや日本のヒップホップを定着させたと言っても過言ではない。


何だ!?

この世にはこんなカッコイイ世界があるのか・・・


今思うと、

最近のダンスにバラエティーを絡めた番組とは全く違う空気感。

当時の自分にはグサグサ刺さった訳だ。


クール!COOL! SO COOL!!!!!


終わるな!終わらんといてぇ~!

まだ観たい・・・


そうだ!

あるじゃないか!!


ビデオ

DADAが!


寝不足覚悟で番組終了後に

ビデオを掘り出しデッキに挿し込んだ。


が、


そのビデオにはDADAは無く上書きされたドラマだけだった・・・。

オーマイDADA。


ダンスに目覚めた14歳のSHINDOであった。




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

>オーマイDADA
不覚にも笑ってしまったw

DADAなんだー!

DADAだねw

新藤 貴久

中学からダンス始めて、高校卒業からずっとダンス。 その流れでメジャーデビューも出来ました。 パフォーマーのステージを広げる活動しています。 Tokyo Fabnets代表 https://www.facebook.com/tokyofabnets

新藤 貴久さんが次に書こうと思っていること

|

新藤 貴久

中学からダンス始めて、高校卒業からずっとダンス。 その流れでメジャーデビューも出来ました。 パフォーマーのステージを広げる活動しています。 Tokyo Fabnets代表 https://www.facebook.com/tokyofabnets

新藤 貴久

中学からダンス始めて、高校卒業からずっとダンス。 その流れでメジャーデビューも出来ました。 パフォーマーのステージを広げる活動しています。 Tokyo Fabnets代表 https://www.facebook.com/tokyofabnets

新藤 貴久さんの他のストーリー

  • ダンスを始めたきっかけ、それはDADA。

  • 新藤 貴久さんの読んでよかったストーリー

  • ダンス仲間、それはタカ。