人生最大の失恋 1

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校中退


ナナオ氏 16歳

私は高校中退である。
そう、調子ぶっこいていたのである。
授業中にマニュキアを塗っていたら、先生に注意される
高1 5月頃
タミコ先生
授業中に何やってるの!今すぐしまいなさい!!!
ナナオ
え~ちょっとまって!あと小指!
タミコ先生
いい加減にしなさい!
ナナオ
も~タミコったら~。タミコも塗りぬりしてあげる♡
タミコ先生
もう許しません!生活指導室に連行です!
ナナオ
ちょwww泣くなよ~~wwwwごめんってばあ~!
というタチの悪い生徒であった。謹慎処分を受ける。
髪の毛をショートカットに切られる。ワカメちゃんにされる。


高2春の春頃、無期停学をくらう。
別に何もしていない。
友人女のハルが後輩と喧嘩したのだ。その場にいただけ。

ハル
オマエナマイキなんだよ~!キイ~~

私は、酢昆布を食べながらなにやってんだろ。ばかばかしいと
教室の後のロッカーに腰をかけ、足をプラプラさせて
見てただけだ。




翌日、男の先輩に


先輩
お前ら何やった?やべーぞ
ナナオ
なんもしてねっすよ。

また生活指導室に連行される。

はいはい。ツミマセン。と言っとけばいいものを
仲間のハルという女が暴走。生活指導員に食って掛かる。

ミサコ共々5名無期停学をくらう。

またしてもワカメかよ####
ま、いっか。と思っていた。



マッマ
お前、今日退学届出してきたからな!
ナナオ
はああ??ちょwwwマテヨwwww
マッマ
調子ぶっこいてんじゃねえぞ!このクソガキ!親の庇護の元、自分を一人前だと思ってるんじゃねえ!今日から自立しろ。そして出て行け!
ナナオ
ちょwwww勘弁してくださいよwww


ナナオ。。。家を追い出される。

ナナオ。。。己の甘さに号泣

ナナオ。。。心を改心し自立しなければ生きていけないことを知る。


母上に泣きつき土下座し、家に置いてもらう。


父上は一言

ぱっぱ
お前に幾ら掛かってると思ってんだ

私は父上が大嫌いであった。







ミサコ
マジムキテイとかありえねえ。ワカメマジ無理。オレも辞めるわ高校wwww
ナナオ
マジかwwwオレもどうしようwwwwオレもう退学届だされちったwww
ミサコ
オレも親父がブチ切れてよ~。マジで。やべ~ぜ。オレラ
というワケで、ミサコとナナオ フリーターになる。

ナナオ 朝から晩までバイトに励む
ミサコも朝から晩までバイトに励む。

理由は分からん。とにかく稼ぐ。時給750円の限界を突破を目指す。
何を目指してるのか分からん。月25万稼ぐ。
ミサコと競りながらバイトに励んだ。
なんかヤッテル気がする。オレヤッテル気がする。それだけ。

高校に通ってるやつらより良い服を着る。ナナオとミサコ

ナンパヤローを鼻であしらい、雑魚がキメーんだよと言う。

なんだかやってる気がする。自分をイケテルと思ってる。幼稚である。


早朝からコンビニバイトに励んでいた私。


毎朝来る客に恋をする。


ブラットピットのようでラルクのハイドみたいな顔立ちの男だ。

毎朝同じ時間にくる。
そして同じものを買う。

ドキドキする。


当時高校から付き合ってた彼氏がいた。

が、社会に放り出された私は高校生の彼を見下していた。

ハイドさんが毎日来店することが嬉しくてたまらない。


ナナオ
店長~~!あの人かっこいい~!ナナオ恋しちゃった~♡
店長
やめときなさい。あの男、月火水木金土日曜連れて来る女が違うんだぜ。あ、今日金曜かって感じだぜ。まったくよ。
ナナオ
マジっすか~~!!!!カッケ~~
店長
ま、お前は木曜あたりになるな。

ほ~~。


上等じゃん。


まずは木曜か。


が、相手にされねえかもな。




バレンタインか。

80円のチョコを会計の時に彼に渡す。



ナナオ
はい。これ
ハイド
え?ありがとう。
翌日、彼は私に名前と電話番号を書いた紙きれを渡してきた。

その翌日、ナナオは彼に名前と電話番号を渡す。

私からは電話しない。

彼からの電話を待つ。

掛かってきた。



ハイド
もしもし?ハイドだけど。夜分遅くにごめんね、
ナナオ
くぁwせdrftgyふじこlp;


彼の声にドッキュンラビー☆



ハイド
ナナオちゃんっていうんだね。明日ラーメンでも食いにいくか!
ナナオ
いくいく~♪
そういやオレ彼氏いたんだった。どうするべかな。。。
あのツルッパゲ。うっとおしいな。。。



ナナオ17歳フリーターの冬であった。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

この会話かなり笑いましたw

アホすぎだよなw

|

ひとコレのタグがついたストーリー

鬱で歩行すら困難だった失業者が「進撃の巨人」に感化され1人起業した話

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の六】

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

平川 菜々緒さんの他のストーリー

  • 多重債務な男とリコーン☆する2

  • 平川 菜々緒さんの読んでよかったストーリー

  • 世界を少し先へ進めるには、いつから始めても遅い事なんてない。