兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第1話】

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめられた日々


私が産まれた時、兄達は5才と7才。

ただでさえ年が離れ"男"だった私は兄達の
格好の遊び道具
でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみにこの時の母は、

ぼくがうまれてくるときどうおもった?(5才)
また男の子か。。
・・・・・

5歳の私には刺激の強すぎる発言でした(涙)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

兄たちとのスキンシップ
は今でもよく覚えています。


釣りに行けば川でも海でも放り投げられる→何度も溺れた

怖いゲームは逃げられないようにして
ずっとテレビを間近で見せられる→トラウマになり眠れなくなる

手・足を縛られてひたすらにくすぐられる→くすぐりは効かなくなった(不感症)

・・・・・

改めて書くとなかなか良い遊び道具だったのだと思います(笑)



また、末っ子の人なら共感してもらえるかもしれないが
私は必ず好物は最後までとっておくタイプでした。


そして5才離れた兄は俺を泣かせることが天才的にうまかった


ご飯を食べれば唐揚げ(大好物)を真っ先にとられる→泣く


母が果物を剥いてくれてもすべて兄の胃袋に入る→泣く


お菓子を兄に見つからないように隠すものの必ず見つけて食される→泣く



こんな風に書いているんですがその当時の私(10才)は
どうやって兄を殺そうかと毎日、本気で考えていました。


ちなみにこの時の母は、

お!こんなところにうまそうなお菓子があるいただきま~す♪
俺のだ!!!!
美味しかった(*´з`)ニコニコ
くぁwせdrftgyふじこlpコロス!!!
よいしょー('ω')ノ
(;O;)うわーん(;O;)おかーさーん
負けるのがわかっているんだから戦うんじゃない。
・・・・・
弱肉強食という言葉は後々知りました。


小学生までの私は本当に兄を倒すことばかり考えていました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

河村 駿介さんが次に書こうと思っていること

|

家族・育児のタグがついたストーリー

2016年4月4日 滞在リミット4時間で地元警察のお世話になる

2015年12月 ばあちゃんの入院

2014年9月 帰省 果たして許すとは何か?

私の妹は辻調理専門学校の講師を経て、大好きなディズニーランドのウェルカムセンターでバイトするために正社員をやめる。そのために一時期姉の私と二年同居した話。

2014年9月 帰省 そして対峙すべき者

2014年9月 帰省 ばあちゃんとの再会

2014年9月 帰省 序章

2014年9月 帰省 妹の顔が分からない

ぼーっとしたい。けどママにはぼーっとする時間はない。週末、祝日はデジタルデトックスする方法。緊急や出欠以外のLINEを休日に休んでみた話。

苦しい時期の乗り越え方?

物に魂が宿ります「お気に入りのお弁当箱との別れ」

ママは強いというけど、強くならざるを得ない話。働くなら保育園(でも正社員じゃないと入るのは難しい)預かり保育のある幼稚園にいれてもママが働く大変さは変わらない。入園式では先生を待遇のいい都内に引き抜かれた園長先生が幼稚園の経営の大変さを語った話。

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

猫に与えちゃいけない物!

河村 駿介さんの他のストーリー

  • 兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第4話】