ぼんやり過ごした学生時代

学生時代は、特別に活動的なことはしてこなかった。5月生まれなので、学年では早く生まれたほうだったので、学級委員などは推薦されてよくやっていたけど、自分から生徒会に立候補するとか、そんなことにはまるで興味はなかった。
高校時代もそうだったし、大学に入っても普通に授業に出て、クラブ活動も普通にやっていて、でもそれだけだった。
大学は実家から通っていたのだが、父の仕事の都合でひとり暮らしをすることになった。ひとり暮らしになっても、はっちゃけることもなく、変わったことといえばスーパーのアルバイトを少しするようになったくらい。

無謀なマスコミ志望

ぼちぼち就職活動をするころになり、私も活動を始めたのだが、志望の業種はマスコミ。地方の女子大で、大手マスコミなんて書類選考で通るわけもなく。面積にも届くことなく、ことごとく落ちていった。
新聞社の筆記試験を受けてみたり、大手出版社の会社説明会に出て、「中はこんな感じなんだー」と、社会見学くらいにはなったけど、それだけだった。
振り返って考えてみれば「マスコミ」というだけで、そこで何がしたいのかが全く見えてはいなかった。そういうことにも気がつかないまま、時間は過ぎていった。

コネで就職

ある日、父の友人たちが実家に訪ねてきた。たまたま帰省していた私は、父の友人たちとも話を交わした。就職活動の話も出たのだと思う。
数日後、その友人のひとりから父に連絡があった。娘さんの様子ではマスコミは難しいのではないか。会社を経営している知り合いがいるから、受けてみては。そうゆう申し出だった。
年輩の男性から見たら、いかにも頼りなく見えたのだろう。ぼんやりしていて、一般事務くらいの仕事が妥当なのでは? と感じたのだと思う。
コネではあったけれど、一般採用と同じように面接などは受けた。ひととおりの試験は受けて、数日後ひとり暮らしの自宅で合格の電話連絡をいただいた。
電話を切ってから泣いた。これで私の人生はこの会社で終わるのだと。マスコミに就職するという夢は、これで完全に断たれてしまったのだと、悲しくなり涙してしまった。

学生気分から一転

4月も近づき、いよいよ社会人となるころ、「えっ?  会社って1日から始まるの?」と寝ぼけたことを言っていた。8日くらいから始まるのかと思っていた。父には呆れられた。
4月1日に入社式があり、そのまま2泊ほどの新人研修の合宿へ。すごく息苦しくて、厳しい研修だったけれど、同期と仲良くなれたので、それはそれで楽しかった。
合宿が終わると、今度はその会社が経営しているガソリンスタンドでの2カ月の研修が待っていた。ガソリンスタンドで仕事なんで、絶対無理だと思った。本社で配属先の所長たちとの顔合わせがあり、私の行くスタンドの所長は、その中でもいちばん怖そうな人だった。「私、研修中に絶対泣くんだろうな」。確信した。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

本質的な展開ですね。これからの展開が楽しみです。

Sakai Tomoko

バイリンガルなwheelchair-erの夫を持ち、08年生まれの息子、10年生まれの娘の二児の母で、フリーでライターやってます(子育てのため現在はほぼ休業中)

Sakai Tomokoさんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

サラリーマンの僕の心を折った一言は、罵声でも説教でもなく、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の一・赤本】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其のニ・読書】

作曲知識0だったわたしがシンガーソングライターになり、全国のカラオケにも配信され世界をマーケットに【日本】を表現したPVを作った話

Sakai Tomoko

バイリンガルなwheelchair-erの夫を持ち、08年生まれの息子、10年生まれの娘の二児の母で、フリーでライターやってます(子育てのため現在はほぼ休業中)

Sakai Tomoko

バイリンガルなwheelchair-erの夫を持ち、08年生まれの息子、10年生まれの娘の二児の母で、フリーでライターやってます(子育てのため現在はほぼ休業中)

Sakaiさんの他のストーリー

  • 車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その4

  • Sakaiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第3話】10年間で4回半同棲に失敗した【帰宅すると家具が無い!今度はチャラ男に浮気→夜逃げされちゃったテヘペロ】