【第1ステージ】無名の大学生が「スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパを一周する」という夢を実現した話

このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本は、本当に地図通りに存在しているのだろうか」

地図帳を眺めるのが好きだったぼくは、中学生の頃から漠然とこんな疑問を抱いていた。

「日本は、本当に地図通りに存在しているのだろうか。地図通りに、道はつながっているのだろうか」

大学生になっても、その疑問はずっと頭の片隅にあった。こんな疑問はバカげているし、多分、日本は地図通りになっている。けど、自分の目で確かめてみたいと思った。2009年の夏、ぼくが大学3年生のときだ。

「一冊の日本地図帳を持って、家のある神奈川県横須賀市から九州まで、自転車で行ってみよう」

もちろんそれは、日本に無数にある道のうち、ほんのわずかに過ぎない。でも、もしも九州までの道がこの地図通りに繋がっていたら、ぼくはこの地図を信じることにする。自分の中で、そう決めた。

生まれて初めての一人旅だった。高校生の頃から好きだった世界最高の自転車レース「ツール・ド・フランス」にあやかって、この旅を「ツール・ド・西日本」と名付けた。ルートはこんな感じだ(当時作成した地図)

ぼくは出発の日(2009年8月12日)まで、電車の中や授業の合間など、毎日のように地図帳を眺めては、旅の計画を立てていた。

しかし、出発が近づいたある日、些細な事件が起きた。

授業の休憩中、隣に座っていた学科の友達に話かけられた。

Sくん
ちゃいにー(ぼくのあだ名)、さっきからなんで地図帳見てるの?
中村洋太
夏休みに、横須賀から九州まで、自転車で行くんだ

その後に続くひと言に、普段温和なぼくは珍しく、強い怒りを覚えた。しかしSくんには感謝したい。その言葉があったから、今の自分があると思う。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

自分の目で確かめて見たかったら、確かめてみるのが一番だよね!

大塚さん、ありがとうございます。おかげさまで、無事に記事が書けました。色々教えていただき助かりました。

nakamura yotaさんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

鬱で歩行すら困難だった失業者が「進撃の巨人」に感化され1人起業した話

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の六】

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

nakamuraさんの他のストーリー

  • 小さなことに愛を込めようと思った話

  • nakamuraさんの読んでよかったストーリー

  • 東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び