母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年8月30日。

2週間程前から俺は実家の函館に帰ってきている。
母の最期を看取るためだ。
俺は母子家庭で育ち、母はたった一人の家族だ。
母が死ねば家はなくなる。
つまり帰るホームがなくなるってことだ。
自分の安心できるホームがなくなる。
故郷函館は「帰る場所」ではなくなり、「遊びに行く場所」になる。
それ自体は自分が物心つくころから覚悟はしていた。
物心つくころにはすでに母は癌だったから。
何度も生命の、家庭の危機を乗り越えつつもついに命のともし火が消えかかっている。
函館に来てからとりつかれた様に俺は毎日日記を書いている。
ものすごいこの状況はものすごい勉強の場でもあると思うから。
たった一人の家族が死ぬ過程を逃げ出さず直視するのはとても苦しい。
けど、逃げるわけにはいかない。
今が自分の今までの全てを費やし、母にエネルギーを返す時だから。
現状に至るまでのプロローグと日記を少しづつ更新していく。
これはだれのためでもなく、母に捧げるためだ。
これを読んでその人がどう感じるかはまったく考慮していない。
ただひたすらに尊敬し愛する家族、母に捧げる。

メメント・モリ 死を想え

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Takai Rei

生保を受ける母子家庭のど貧乏生活→奨学金のみで高校・専門学校卒業→精神科看護師4年半→24で母を看取り天涯孤独→住所不定無職の旅人→住所不定無職のまま結婚→そのまま旅人続行計2年50カ国→日本で一番忙しい病院の看護師しながら大学・大学院修了→大学教員

Takai Reiさんが次に書こうと思っていること

|

Takai Rei

生保を受ける母子家庭のど貧乏生活→奨学金のみで高校・専門学校卒業→精神科看護師4年半→24で母を看取り天涯孤独→住所不定無職の旅人→住所不定無職のまま結婚→そのまま旅人続行計2年50カ国→日本で一番忙しい病院の看護師しながら大学・大学院修了→大学教員

Takai Rei

生保を受ける母子家庭のど貧乏生活→奨学金のみで高校・専門学校卒業→精神科看護師4年半→24で母を看取り天涯孤独→住所不定無職の旅人→住所不定無職のまま結婚→そのまま旅人続行計2年50カ国→日本で一番忙しい病院の看護師しながら大学・大学院修了→大学教員

Takaiさんの他のストーリー

  • 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿①辛い時にこそ面白がろう!

  • Takaiさんの読んでよかったストーリー

  • 【末期がんの父に贈った病院ウエディング】めげない心が起こした奇跡