若い人と話すときに僕が陥っていた3つの固定観念

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年で30歳になります。
最近自分が陥っていた固定観念をやっと理解できてきたので、そのことについて書きたいと思います。
反省点は三つに集約されます。
-----
・人は自分自身のキャリアを否定できない
・リクルートは下積み的経験を尊ぶ傾向にある
・スタートアップ(特にto C)では未経験の若者であることが強みになる
-----
僕は大企業であるリクルートに大卒で入社し、2年半みっちりしごいていただいて卒業しました。
なので自分より若い人と話すときにどうしても「しばらく社会で揉まれたら?」的な話し方で、就職を薦めがちでした。
自分はこうやったら結果的にうまくいった(と思っている)のでこうしたほうがいいというのは恐ろしい固定観念から来る話しでした。
彼らは社会人ぶった僕なんかより彼らのほうがとっくに「社会で揉まれていた」のです。
コンシューマーインターネットの歴史は常に、Yahoo←Google←facebook←snapchatのような若い世代によって塗り替えれています。
もちろん素晴らしい経験が何かに生きることはありますが、若い世代が若い世代に向けてサービスを作るときなど、言語化やいわゆる社会人経験に依らないものが大きなパワーを作る時があります。
このことに気付き始めたのが半年前で、それからなるべく10代の人に一緒に遊びに行かせてもらって考えていること見えているもの教えてもらい、今週やっと言葉にしてまとめることができました。
自分も気がついたらずいぶん嫌なおじさんになっているなと反省しつつ、今日も走りたいと思います。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

僕も最近大学生と話す機会があったので納得。

面白いものに乗っかってたら自然とエネルギッシュになる気が。ツイキャスとか

佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner VentureCapitalist http://anri.vc/ http://storys.jp/anrit

佐俣 アンリさんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner VentureCapitalist http://anri.vc/ http://storys.jp/anrit

佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner VentureCapitalist http://anri.vc/ http://storys.jp/anrit

佐俣 アンリさんの他のストーリー

  • はまの

  • 佐俣 アンリさんの読んでよかったストーリー

  • 【3話】日本の広告代理店営業出身の私がどうやってY Combinatorのハッカソンで受賞をし、シリコンバレーでiOS Developerとしてゲームを作ったか