若い人と話すときに僕が陥っていた3つの固定観念

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年で30歳になります。
最近自分が陥っていた固定観念をやっと理解できてきたので、そのことについて書きたいと思います。
反省点は三つに集約されます。
-----
・人は自分自身のキャリアを否定できない
・リクルートは下積み的経験を尊ぶ傾向にある
・スタートアップ(特にto C)では未経験の若者であることが強みになる
-----
僕は大企業であるリクルートに大卒で入社し、2年半みっちりしごいていただいて卒業しました。
なので自分より若い人と話すときにどうしても「しばらく社会で揉まれたら?」的な話し方で、就職を薦めがちでした。
自分はこうやったら結果的にうまくいった(と思っている)のでこうしたほうがいいというのは恐ろしい固定観念から来る話しでした。
彼らは社会人ぶった僕なんかより彼らのほうがとっくに「社会で揉まれていた」のです。
コンシューマーインターネットの歴史は常に、Yahoo←Google←facebook←snapchatのような若い世代によって塗り替えれています。
もちろん素晴らしい経験が何かに生きることはありますが、若い世代が若い世代に向けてサービスを作るときなど、言語化やいわゆる社会人経験に依らないものが大きなパワーを作る時があります。
このことに気付き始めたのが半年前で、それからなるべく10代の人に一緒に遊びに行かせてもらって考えていること見えているもの教えてもらい、今週やっと言葉にしてまとめることができました。
自分も気がついたらずいぶん嫌なおじさんになっているなと反省しつつ、今日も走りたいと思います。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

僕も最近大学生と話す機会があったので納得。

面白いものに乗っかってたら自然とエネルギッシュになる気が。ツイキャスとか

佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner VentureCapitalist http://anri.vc/ http://storys.jp/anrit

佐俣 アンリさんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の一・赤本】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其のニ・読書】

作曲知識0だったわたしがシンガーソングライターになり、全国のカラオケにも配信され世界をマーケットに【日本】を表現したPVを作った話

「勉強なんてできても将来何の役に立つの?」と馬鹿にしていた中高成績ワースト3のテニス脳筋がまじめに勉強を始める冒険①

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑨

時速80kmの車に轢かれ13m飛ばされ、高次脳機能障害で国立大学院生が「大きい」すら書けなくなった1000日の冒険⑧

生まれ変わったら『絶対に男になりたい』と30年間思い続けた“専業主婦”が女の世界に飛び込んだ理由 〜キッカケはある日、突然に〜

佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner VentureCapitalist http://anri.vc/ http://storys.jp/anrit

佐俣 アンリ

ANRI GeneralPartner VentureCapitalist http://anri.vc/ http://storys.jp/anrit

佐俣 アンリさんの他のストーリー

  • インターネットに詳しいやつ

  • 佐俣 アンリさんの読んでよかったストーリー

  • サイバーエージェント入社