最も好きな物を手放した悲しみを、最も嫌いな物が埋めてくれた|偏差値27だった大学生が、四ヶ月でTOEICスコアを測定不能から865点まで伸ばした話

このエントリーをはてなブックマークに追加

※2014年2月2日  記事をyahooニュースで紹介して頂きました。編集部の方、ありがとうございました。


お忙しい中僕の記事を読んでくださりありがとうございます。

いきなりですが、最初に一番言いたい話をさせてください。


もしあなたに苦手な物があっても、それを克服したいと思っているなら必ずできます。その方法を僕自身の経験をもとに、これからお話させていただきます。


僕は英語という物に対し、トラウマに近いような苦手意識を持っていました。タイトルの通り、偏差値27なんて数字も取ったことがあります。


しかし英語への苦手意識を克服しTOEICの学習をスタートさせ、スコア測定不能という最悪の状態からなんとか865点という点数をとる事ができました。

なので同じように苦手な物を持ってるあなたへ向けて、なぜ、何を、どうやったかをシェアしようと思い、この記事を書きました。

少しでも参考になれば幸いです。



TOEIC受験を決めるまで



高校模試で英語偏差値27!


今でもはっきりと覚えています。高校受験を控えた中学三年生の秋、僕は先日受けた模試の結果を当時通っていた学習塾の塾長から手渡されました。


上から順番に目を通していきます。国語、数学、英語と目を通していく中で僕は信じられない物を目にしました。


なんと、英語の欄の部分の棒グラフがどこにも無いのです。それもそのはず、模試の最低偏差値は27であり、僕の偏差値はその27でした。

塾長は僕に言いました。

ミスプリントだと思ったんだけど、どうやらそうじゃないみたいだな・・・。


勿論僕の勉強不足が悪いのですが、この経験から僕は英語に対してトラウマに近い物を感じるようになりました。


高校はなんとか推薦で入る事ができたものの、依然として英語は全くできませんでした。部活も三年間野球部で、朝から晩まで練習。


テストは常に赤点のボーダーラインを大きく下回り、休みの度に補修、補修、補修・・・。

友達に教えてもらいながらなんとか課題を出し、本当にいつもギリギリで単位をもらっていました。


大学も英語が使わずに入れる理系の学科に入り、野球部を引退すると同時にボクシングを始め、野球以上に打ち込みました。

大学を辞めてプロボクサーとして生きていきたい。そんな事を考えるぐらい、僕はボクシングに夢中になっていました。









僕がTOEIC受験を決めたわけ




しかし大学二年生の夏、僕はそれまで打ち込んでいたボクシングをプロテストの目前で辞める事にしました。


両親はプロになる事に猛反対していましたが受かる自信はあったし、ケガがあったわけでもありませんでした。


ただある日、自分が小さい頃とても体が弱く、手のかかった子供であったことを唐突に思い出したのです。


「自分は親に労力と時間を人一倍かけてもらって今まで育ってきた。そんな自分が、親の反対を押し切って自分から体を酷使するスポーツをするのは筋が通らないのではないだろうか?」


一度そう思ったらプロになるどころか、もうボクシングを続ける事すらできませんでした・・・。

僕は一週間練習にいかず悩んだ挙句、会長にジムを辞めるという話をしました。


生活の大変を占めていたボクシングを辞めたその日から、僕の生活に大きな時間の穴が空きました。

かといって空いた時間に何かをやろうと思っても、小学生のころからスポーツしかやったことのなかった僕は他の事に全く自信が持てず、新しいことを始める気にはなりませんでした。


ボクシングをやっていた時になるべく控えていた物(揚げ物やお菓子など)が食べられなくなりました。まるで体がボクシングを辞めた事を認めないかのようでした。


グローブやバンテージは全て捨てました。ボクシングを思い出すきっかけになるものを、自分の視界に入れることは苦痛でした。

時間は余っているけど、何をやりたいかわからない、何ができるのかわからない、そんな状態は頭が焦げつくほど苦しかったのを覚えています。

生きていても楽しいことは全くない、そんな事を僕は本気で考えるようになりました。僕は次第に一日の半分以上を眠って過ごすようになりました。




生きてる意味が見出せない毎日の中、「死んでしまおうか」と真剣に考える瞬間が増えてきました。

自分を大切に育ててくれた両親に恩を感じてボクシングを辞めたのに、死んでしまったら本末転倒じゃないか!


ぼくはこう思い返して抵抗していたのですが、死のうと思う瞬間が増えてくるとそのうち抵抗できなくってしまう未来が容易に想像できました。


「何か動き出さなきゃいけない。このまま何もチャレンジしなければ僕は死んでしまう。」

そう思った瞬間、本当に久しぶりに何か新しいことをやろうという気持ちが生まれてきました。


そしてどうせ何かするのなら自分の一番苦手な事を克服して自信ををつけよう。そうすれば一生何かにチャレンジし続けて、死ぬことなんて考えない人生を送れるはずだと考え、英語の資格で一番知名度のあったTOEICを受ける事に決めました。


すぐさま目標の点数を決めようとインターネットで調べたところ、700点を超えればかなり英語ができると人という事だったので、四ヶ月後のテストで700点を目標にしました。


後で調べてみるとTOEIC700点は理系の東大大学院生の平均スコア、800点は文系院生の平均スコアでした。英語一教科だけとはいえ、偏差値27が東大クラスまで学力を伸ばすという事です。


当時の僕はこれがどれくらい大変なことなのか分からず、あっさりと目標を決めてしまいました。


Ads by ReMarkableAd Options




学習の準備

一日8時間以上の勉強



最初に僕がやった事はTOEICの模試をやることでした。自分が英語をできないのは分かっていましたが、どのレベルなのか正確に把握しておきたかったからです。


また、WEB上で現在のTOEICスコアから目標スコアを達成するまでにおよそどの位の勉強時間が必要かを教えてくれるグラフを見つけたので、これを使って勉強計画をたてるという目的もありました。


しかし結果は散々たるものでした。TOEICは問題の解き方の部分の説明から英語なのですが、その説明すら分かる単語が一個もありません。僕の点数はまさかの測定不能という事でした。


ちなみに先ほど話したグラフを参考にすると、TOEIC200点(そのグラフは200点からしか数値が出てなかったのです・・・。)から700点までスコアを伸ばすために必要な時間は1000時間。


四ヶ月で達成するためには一日8時間以上の勉強・・・。僕の模試の点数が200点よりも大幅に低い事を考えるとそれ以上の時間が必要です。

しかも学校に行きながら、バイトもしながら、本当に寝る間も惜しんでやらなきゃ達成できないと感じました。


今更ながら、とんでもない目標を立ててしまったんだなと思いましたが、不思議と不可能という気はしませんでした。


それに何より自分の中にまたしっかりと固まった目標ができたのが嬉しくて、僕は学習をスタートさせました。




勉強の勉強


自慢ではないですが僕は自主学習というものをした事がなく、今まで学校で教わってきたような形しか学習の仕方しか知りません。


しかし、そのやり方が僕に合っているなら、偏差値27をとったりすることもないでしょう(笑)

そこで僕は勉強の勉強をしました。


一週間ほどTOEICで高得点をとった人のブログを見たり、図書館や本屋で勉強法に関わる本をたくさん読んだのです。


一週間そんなことするなら単語を覚えたほうがマシ、そう思う人もいるかもしれません。

しかし僕はこの一週間が学習の中で一番大切だったと考えています。


高得点をとった人たちの学習法を参考にすることで、学習する過程で徐々にしか得られない経験値を一気に得ることができました。


走って10キロ先に行くなら、5分待って電車を使う方が早くつきます。

僕が焦って走り出していたら、きっと目標の点数にはたどり着けなかったでしょう。



具体的な学習の仕方

単語


英語学習の基礎中の基礎であり、とても大事な部分です。

TOEICの単語はビジネスよりに偏っているので、TOEIC用の単語帳を買うことをおすすめします。


よく参考書や模試をやりながら、わからない単語を辞書で調べていけばいいという勉強法を聞きます。

しかしそれはある程度の語彙がある人ならともかく、僕のように覚えている単語が0に近い人間は参考書が全く進まずモチベーションの低下に繋がると思い単語は一気に覚えてしまいました。


単語は書いて覚える事が主流かと思いますが、僕はなるべく耳で聴き、口で発音しながら覚えました。

これは合う合わないがあると思うのでどちらでも構わないと思います。


復習の際は復習するページの数を決め、毎回タイムをはかりなるべく早く完了する事を目標に学習しました。


こうすることで単語を英語を日本語に変換するスピードを速め、リスニングでの聞き逃しを防ぐこと、またひたすら暗記という単純な単語学習をゲーム感覚にすることでモチベーションを保つ事ができました。



リスニング

TOEICのパートは大きくリーディングとリスニングに分ける事ができますが、僕は圧倒的にリスニングに比重を置いて勉強しました。

理由は



1、 リスニングの勉強は音楽プレイヤーがあれば歩きながらでもできるから

圧倒的に期限まで時間のなかった僕にこれはとても大きなことでした。基本的に起きてから寝るまでイヤホンを入れっぱなしにし、TOEICの模試のpart3,4を一日中流しっぱなしにしていました。



2、 リスニングの学習によってリーディングの点数も伸びると考えたから

リスニングのリーディングより難しいところは自分が文字を読むよりも圧倒的に早いスピードで音声が流れるため理解が追いつかない事と、一度音声を聞き逃すとリーディングと違って読み返せない事です。


要するにリスニングの学習は自分のキャパシティよりも早いスピードで英語をインプットする事ができ、インプットした内容をしっかりと記憶する訓練になるのです。


この二つはTOEICの難所と言われるPART7の長文読解に大変役立ちます。読むスピードをあげ、読み返しをなくすことで問題を解くスピードを大幅に上げる事ができます。


実際僕はpart7対策を全くしませんでしたが点数は模試をやるたびにどんどん上がり、得点率はリーディングパートでは一番でした。



リーディング


前述の通り僕はリーディングの対策はほとんどしませんでしたが、Part5,6のみ専用の参考書を買って学習しました。


ご存知のようにこのパート5、6は文法問題であり、解き方に多くのコツがあります。このコツに関しては長くなるのでここでは触れませんが、これを使っていかに早くこのパートをクリアし、長文のpart7に時間を残せるかが鍵です。


なので僕はひたすら問題を解き、問題と回答のパターンを頭に叩き込みました。

このパートは学習の効果がすぐに得点に反映されると思ったので、一番最後に回しました。



発音


TOEICにはスピーキングが無いので発音の練習をする方は非常に珍しいです。しかし僕は英語学習で一番大事なのは発音だと思っています。


なぜなら自分が口から出せない音は聞こえないからです。リスニングにチャレンジしてみたはいいけど全く聞き取れず、しかしスクリプトを見ると全て知っている単語だったということはないでしょうか?


これは単語を正しい音で覚えていないから起きるのです。例えばlittleをリトルという音で覚えていても、実際に音声で聞こえてくるのはリロゥという音であり、聞き取れるはずがありません。


僕は一番最後に発音の勉強をしたのですがこれから学習を始める方は一番最初にやり、正しい音で単語を覚える事をおすすめします。


僕は試験一ヶ月ほど前にこれに気づき、そこからはひたすら発音の練習をしました。一日三時間以上こなしたので声が枯れてしまいましたが、これによりリスニングの点数が大きく上がりました。




あとはモチベーションを上げるために以下の事をしました。



1、 週一で模試をやる。

自分の実力がどのぐらい伸びているのか目に見えるようにするためです。これにより点数が伸びたら楽しい→点数を伸ばしたくてさらに勉強→楽しいという正のサイクルをつくることができました。



2、 友達全員に自分の目標点数を話す

たった4ヶ月の学習でもサボりたくなり、ついつい友達と連絡をとって遊んでしまう事がありました。しかしその度に「そういえばTOEIC、目標の点数に届きそう?」と言われれば、学習に戻らざるおえません。



3、 勉強時間を記録する

点数が伸びない時、今まで自分がどれぐらい勉強してきたかということは僕を非常に勇気づけてくれました。僕はstudyplusというアプリを使い、記録できる範囲の勉強時間は全て記録しました。



あっという間に四ヶ月は過ぎ・・・


そうして僕は四ヶ月間学習を続けました。一日の中からどうしても必要な時間を先に引き、それ以外の全ての時間でTOEICの勉強をする。そんな生活を4ヶ月ひたすら続けました。


辛いこともたくさんありました。

なんせ今まで一番嫌いだった事と一日に何時間と向き合わなければなりません。最初の一月は一日中頭痛が止まりませんでした。

もっと辛かったのは周囲の態度です。自分の目標を話すと「絶対無理に決まってるだろ」と言われ、まともに取り合ってもらえない事がほとんどでした。本当に一握りの人だけが僕を応援してくれました。


しかしボクシングを辞めたときに感じていた気だるさは消え、僕は何かにとり憑かれたかのように勉強しました。


焦っていたわけではなく、楽しかったのです。僕の人生に目標が戻ってきて、その目標は必死に努力しなければ届かない場所にある。はたからみると健康や楽しさからは程遠い4ヶ月だったと思いますが、僕は本当に楽しかった。


今でも信じられませんが、僕が人生で一番好きな物に別れを告げた悲しみを、僕が人生で一番嫌いだった物が埋めてくれたのです。




成人式の前日にTOEICのテストを受け、その一ヶ月後に結果が郵送されてきました。

その日僕はあいにく自宅におらず、母親からのメールで僕は自分のスコアを知りました。



結果は目標を大幅に上回る865点。

この写真を見た瞬間の事は上手く言い表す事ができません。

目標を叶えた達成感、応援してくれた人への感謝、死ぬほど苦手な事を克服できたという自信、そして僕に向かって「無理だよ」と言った人がこの写真を見たらどんな顔をするだろうという悪戯心。

それらを同時に感じ、僕は人生で一番爽快な気持ちを味わっていました。




TOEIC865点をとって僕が気づいたこと



僕は865点をとれば洋書を読んだり、海外ドラマを字幕なしで見ることができるのだと思っていたのですが実際そんな事はありませんでした。


参考書や模試をひたすらやって身につけた「TOEIC力」ではネイティブの使う英語を理解する事はできないのです。なぜなら英語は「学力を測る物差し」ではなく、「ただのコミュニケーションの手段」だから。


実際に英語を使ってコミュニケーションをとってみなければ本物の英語力はつきません。TOEICは英語学習の入口であり、例え満点をとってもそこがゴールではないのです。(というか、英語学習にゴールなんてないのかも・・・。)


では得た事はなかったのでしょうか?そんな事はありません。僕は英語とは関係なくてもたくさんの物を得られました。


その中でも一番大きな事は何事にもチャレンジできるようになったということでしょう。なんせ自分の中で一番の欠点を克服できたのです。


できるかできないかではなく、やりたいかやりたくないかという事を主軸に色々な事を選択できるようになりました。



最後に


僕には今大きな夢があります。人に話すと「無理だよ」、「現実見な」と言われる事も多いです。

でも僕はできると思っています。根拠はありませんが、このできるという感覚は、TOEICで700点をとるという目標を立てた時と同じ感覚だからです。


しかしそれを一人で叶える力ができないことは自分で痛いほどわかっています。結局たくさんの人の力を借りなければいけません。


そんな時に英語を話せたら、世界中から人を集められ、チャンスが広がるかもしれません。


良い会社に入るためでも、年収を上げるためでもありません。

僕はこれからも自分の夢のために英語学習を続けていきます。



よろしければ、「読んでよかった」を押して、ワンクリックでコメントをいただければ嬉しいです。

また2015年より、英語学習に関する情報をブログやツイッターで発信し始めました。

こちらもぜひお願い致します。


偏差値27から4か月でTOEIC865点をとったブログ

twitterアカウント






✽追記

このストーリーとはあまり関係ありませんが、こんなサイトを作ったりしてます。


http://www.travelersbox.jp/










Ads by ReMarkableAd Options


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

すごいです!読んでいて、勇気が出てきました。 ひとつ質問いいですか? リスニングには、どのような教材で勉強をしていたのでしょうか?

ありがとうございます!リスニングは新公式問題集のpart3、4をひたすら聞きこんで勉強しました。特別リスニング専用の教材等は使いませんでした!

なるほど!公式問題集だけを使ったのですね。それだけでリスニング力ってあがるのでしょうか?僕もやってみます。 最近、夢を諦めざるを得ない状況になって悩んでいたことがあって、ちょうどこのストーリー出会いました、とても勇気が出ました。ありがとうございます。

そうですね、ポイントとしては聞き取れないところをスクリプトで確認し、自分の口で発音する事です。ここさえ抑えておけばどんな教材でもリスニング力はあがりますが、TOEICで高得点をとりたいなら、やはりTOEICの模試を使ったほうが良いですね。

夢を諦めるというのは本当に辛いですよね。
でも諦めた夢を叶えるよりも、もっと幸せな未来を掴もうと思って生きる事ができれば、きっと夢を諦めるという事も人生においてプラスに働くのではないかなと思います。頑張ってください!

ありがとうございます! そうそう自分の夢って見つからないものだと思うので、それを諦めるというのは身を引き裂かれる思いです。。。。でも仰るとおりです、それも糧にしないと前に進めませんものね! このまま引きずっていても、未練タラタラの失恋男みたいなものですし♪ がんばります!  ありがとうございました。

今年の目標が、TOEIC750点なので、非常に勉強になりました。
夢をあきらめた先に見えるものって、かけがえのないものですよね。

自分も、清水さんの勉強法を参考にして、今年一年、がっぷりよつで英語に向かおうと思います!

最高でした!!

ありがとうございます!
英語を勉強すると人生の様々な部分が変わるので、ぜひ今年一年頑張ってください!
何か学習で分からない事があれば、いつでもここにコメントしてくださいね!

清水さん、凄いですね…。僕もちょうど同じく4ヶ月間死ぬ気で勉強しましたが、スコアは800止まりでした。800以降はなかなか上がらないだけに、脱帽です。

ありがとうございます!
おお、正直800以上は運の部分もかなり大きいかなと思っておりますので、
ぜひ再チャレンジしてみることをお勧めいたします!!

清水 一貴

都内の理系大学の四年生です。 自転車で旅したり、旅のWEBメディアを作ったりしてます。

清水 一貴さんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ブラック社畜だった僕の心を折った一言は、キレイめOLの何気ないつぶやきだった。

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

清水 一貴

都内の理系大学の四年生です。 自転車で旅したり、旅のWEBメディアを作ったりしてます。

清水 一貴

都内の理系大学の四年生です。 自転車で旅したり、旅のWEBメディアを作ったりしてます。

清水 一貴さんの他のストーリー

  • 最も好きな物を手放した悲しみを、最も嫌いな物が埋めてくれた|偏差値27だった大学生が、四ヶ月でTOEICスコアを測定不能から865点まで伸ばした話

  • 清水 一貴さんの読んでよかったストーリー

  • フリーランスライフ!① “今日、会社を退職しました。”