人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 孤独を抱いて寝る時

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅に出ると不思議とみんな社交的になる。

特に一人旅をしている者はとても社交的だ。



同じ安宿で出会った旅行者同士すぐに

「やあ!どっからきたの?どこ周った?一緒にご飯食べよう!」となる。

男女、国籍関係なく、すぐに仲良くなる。

不思議だった。


日本に居たらすれ違う人と一緒にご飯を食べようなんてすぐには声を掛けない。

むしろ、怪しまれる。

なぜだろう?と旅に出る度に考えていた。



うすうすわかっていたが、痛感したのは長期旅行に出てからだった。

俺はある時ミャンマーにあるパガン遺跡のある町タウンシップに長く滞在していた。

現地で友人もでき、町にもずいぶん馴染んできた時、そろそろ次の町に移動しようと決めた。

そして友人と別れ、昼過ぎにバスに乗り次の町に着いたときはすでに夕方で暗くなっていた。


その時、ものすごい孤独感に襲われた。

あんなにすごい孤独感は初めてだった。


なじんだ町から知らない町へ。

言葉が通じない現地の人々。

他の旅行者も見当たらない。

すでに夕方で暗くなっている。

空腹だが、宿も食堂も見つからない。

ミャンマーはインターネットが通じないので、自分の友人らと連絡も取れない。


様々な条件が重なっていた。

ようやく宿を見つけ滞在することにしたが、宿のボーイは英語がままならずコミュニケーションが難しい。

さっさと近場の食堂で夕食を済ませシャワーを浴びたら、もうやることがない。


心はものすごい孤独感が占めていた。

本を読む気にもならない。


今まで旅に出てこんな気持ちになったことがない。

いつだって周りに旅行者がいたし、ネットで日本の友人に連絡することだってできた。

隔絶された環境は、すっごく心細く、不安でいっぱいだった。


今後も一人旅を続けていると、この強い孤独感に襲われるのかと思ったら、おかしくなりそうだった。

寂しくて寂しくて寂しくて、身もよじれんばかりの寂しさを感じた俺が取った行動がいまだに忘れられない。


旅先で子供たちと遊ぶように持ってきた折り紙で動物を沢山折って、枕元に並べ、「寂しい!」と孤独を抱いたまま寝たのだ。


日本にいると寂しかったらテレビをつける。

寂しかったらラジオをつける。

寂しかったらネットを開く。

そもそも寂しいと感じることが少ない。


人恋しかったらコンビニに行けば人がいる。

友人に電話をして話ができる。

連絡をしなくても近くに友人がいるという安心感もある。

そもそも日本語であらゆるやり取りができる安心感がある。


日本で生活していると普段気にしていないことが、意外と安心の材料であったと気付く。

また、寂しさをごまかす術が日本にいるとたくさんある。

携帯やインターネットの普及は世界中すさまじく、人とのつながりを容易にさせた。

それはすばらしいことだが、同時にじっくりと孤独を抱く瞬間を個人から奪い去った。


旅先で感じたあの強烈な孤独感。

そこまで感じなくても、「寂しい」と感じるからこそ人は人とつながろうとする。

旅先で旅行者が気軽に声を掛けるのは、旅行中で舞い上がっているからではない。

人としての基本的な感情「寂しさ」を実感するからこそ、皆新たな友人を得ようとするのだ。


「寂しい」ときちんと実感すると人とのつながりを大事にする。

これは俺にとって日本にいる時には実感できないことの一つだった。


一人旅は素晴らしい。

生きる上で最も大切なことを教えてくれる。

けど、二人旅も素晴らしい。

だれかと一緒にいる安心感と感動の共有が出来るから。


ちなみに孤独を抱いて寝た次の日、早朝から町を散歩するうちにお気に入りの場所や食堂を見つけたり、別の旅行者と知り合ったりとすぐに前向きになった。

しかし、一時でも深い孤独感を感じることができたことは、今でも思い出に残る大切な宝物だ。


寂しさをごまかすことなく、むしろ寂しいと感じる気持ちを大事にしながら、これからも人とつながって生きたいと思う。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大きな発見をもらった気がします・・・。私もフィリピンを1人旅してるときに、同じような状況になり孤独すぎて気がおかしくなりそうでした。人とつながりたい証かあ。 自分の望みを認識すると力が湧くんですね。 読めてよかったです!

コメント心から感謝します。日々の日常で「人は一人では生きていけない」なんてありふれた言葉をどれだけ実感できるでしょう。海外に一人旅に出たからこそ実感できたことの一つだったと思います。
今はすべての人とのつながりに感謝する日々です。
ありがとうございました。

すごくよくわかります。うなずきながら読んでしまいました。孤独をよく知っている人こそ、誰かを深く愛することが出来ると思います。

コメント心から感謝します。だれかと一緒にいる安心感は一人でいる孤独感を知ってこその感情だと。思います。時には寂しさを抱えて寝ることも人生には必要なのでしょうね

人は基本的に一人であり、孤独なものではないでしょうか。だからこそ、他者との一期一会の出会いや触れ合いを大切にしようと考えるし、好きな人ができたら、ずっと一緒にいたいと思うのです。そして自然に温かい家族を作って暮らして行く。実は人生のある時期に、孤独を感じるという事は重要なのかもしれません。その孤独を紛らわすようなサービスは、実は不要な物なのかもしれませんね。

hamanaka様

コメント心から感謝いたします。
おっしゃるとおりだと共感します。
途上国では多くの人が友人・家族との時間を大事にしていました。
孤独を紛らわすことなく、寂しい気持ちを感じながら人との関係を築いていくことを大切にしたいですね。

Takai Rei

生保を受ける母子家庭のど貧乏生活→奨学金のみで高校・専門学校卒業→精神科看護師4年半→24で母を看取り天涯孤独→住所不定無職の旅人→住所不定無職のまま結婚→そのまま旅人続行計2年50カ国→日本で一番忙しい病院の看護師しながら大学・大学院修了→大学教員

Takai Reiさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(7)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

ある小さな女の子の生きた姿

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

自立神経失調症→産後うつ→双極性障害ママの徒然草

ヨーロッパでアクティブラーニングは死語!ケンブリッジCELTAが日本の英語教育を変える

【おしゃべりな胎児⑥ 〜"宇宙"になる子宮〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

【おしゃべりな胎児⑤ 〜ママがやりたいこと、胎児がやりたいこと〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

24歳の田舎育ちの芋娘がたった3年で300人以上の生徒が通うお菓子教室を作った物語~14歳から20歳~

東大法卒32歳が何も考えずに起業して1年経った結果

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

転職大魔王伝「オレ、結婚相談所に就職。」2

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

Takai Rei

生保を受ける母子家庭のど貧乏生活→奨学金のみで高校・専門学校卒業→精神科看護師4年半→24で母を看取り天涯孤独→住所不定無職の旅人→住所不定無職のまま結婚→そのまま旅人続行計2年50カ国→日本で一番忙しい病院の看護師しながら大学・大学院修了→大学教員

Takai Rei

生保を受ける母子家庭のど貧乏生活→奨学金のみで高校・専門学校卒業→精神科看護師4年半→24で母を看取り天涯孤独→住所不定無職の旅人→住所不定無職のまま結婚→そのまま旅人続行計2年50カ国→日本で一番忙しい病院の看護師しながら大学・大学院修了→大学教員

Takaiさんの他のストーリー

  • 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑤

  • Takaiさんの読んでよかったストーリー

  • 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿①辛い時にこそ面白がろう!