ドイツに一ヶ月いったときのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Kraftwerkを中学の終わりくらいに知り、90年代初頭のテクノブームよりもKraftwerkばかり聴いていた高校時代。
それからテクノにハマり、クラブイベントを立ち上げた時にフライヤーデザインに興味を持ち、我流でデザインしたところから今のデザイン人生が始まりました。
そして今度はKraftwerkを代表するテクノアーティストの多いドイツという国に興味がわき、ドイツ語学校へ1年通い、通ってるうちにドイツにいってみたくなり、フリーランスなことをいいことに1ヶ月ほどドイツをブラブラしました。
ドイツの西側にある日本人も多く住む都市デュッセルドルフ。その隣にエッセンという街があり、そこにあるアパートメントを拠点にして、オランダのユトレヒト、ベルギーにいったり、ケルン、デュッセルドルフ、アーヘン、ブレーメン、キール、ハンブルグ、ベルリン、ニュルンベルグ、ミュンヘン、アルプスにあるボーデン湖に浮かぶ島リンダゥ、オーストリア、小国リヒテンシュタイン、スイスからまたドイツに入りフランクフルト経由してエッセンとドイツを一周したりしました。
宿はその日その日で電話してみたり、駅のインフォメーションで紹介してもらったり。飛び込みでホテルに入ってみたり。
フリーランスだからできた旅で今のところ一番鮮明に覚えている旅です。
ちなみにこの旅の真の目的は、やっぱりKraftwerk。デュッセルドルフにあるKraftwerkのスタジオ「クリング・クラングスタジオ」を見に行くことでした。オフィシャルに住所は公開されていないので、ネットでひたすら情報収集して見る事はできました。外からだけですけど…。しかもそのとき撮った写真もMacbookのHDとともに吹っ飛んでしまいました…。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ヒグチ ツヨシ

UI/UXデザイン、JSerを主な生業としています。 http://wpe.jp http://b.wpe.jp

ヒグチ ツヨシさんが次に書こうと思っていること

|

旅行・海外生活のタグがついたストーリー

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

第9話『心動かすもの』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第7話『〜奨学金オーディション 後日 VSアメリカ〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第6話『〜奨学金オーディションその2 VS グレッグ〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第5話『〜奨学金オーディションその1 VS アドリブ編〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第4話『恋の病』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第1話『決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで。ープロローグー

平成14年韓国留学日記:温かいビビンバ

17話 帰国

16話 乗り継ぎは苦手

15話 さらばアイスランド

14話 空港へ

ヒグチ ツヨシ

UI/UXデザイン、JSerを主な生業としています。 http://wpe.jp http://b.wpe.jp

ヒグチ ツヨシ

UI/UXデザイン、JSerを主な生業としています。 http://wpe.jp http://b.wpe.jp

ヒグチ ツヨシさんの他のストーリー

  • ドイツに一ヶ月いったときのこと

  • ヒグチ ツヨシさんの読んでよかったストーリー

  • 空白の学習(2)