戦後南米ボリビアに渡った私の祖父母達の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

南米ボリビア,その第2の都市であるサンタクルスから車で約2〜3時間,そこに私の故郷である「日本人移住地‘サンファン’」がある.
今でも日本人が約800人ほど住んでいるこの村に,私の祖父母を含む1世たちが移住したのは今から約60年も昔のことである.


第二次世界対戦後,経済難食糧難に喘いでいた日本政府が打ち出した移民政策
それに乗っかって新天地を求めた1世たち約1600人(1954~1992年,1次〜53次移民までの合計).



「さあ行かう一家をあげて南米へ」
初期の一世達が船に乗る前に聞かされていたのは,行ってしまえばそこには豊かな土地仕事,そして住居もあるというのような話だったそうだ.


しかし,船で数ヶ月,陸に上がってから鉄道や歩きで数週間,たどり着いた先にあったのはただのアマゾン川支流の回りに生い茂るジャングルのみ
ボリビア政府からの案内人が発したのは,
このあたりがあなた方の土地です,頑張ってください」
というような何の具体性も無い言葉ばかり.



...確かに(ジャングルばかりの)土地はあった.
しかし,他は?



嘆いていても始まらない.
そこから,一世たちの壮絶な数十年が始まった.



全ては,木を切り倒すところから.
食料,水の確保もままならないまま,生きていくための土地を開拓し,同時進行で住居の建設,道の確保をしていく.



熱帯雨林特有のスコールによる大雨.
せっかく作った獣道のような道路もぬかるんで作業が進まない.



動物,そして虫.
畑を耕しても,サルが荒らす.


日本では見られないようなサイズのアリ,蚊を始めとする虫達にさされた跡が絶えることを知らない.



圧倒的な物資不足.それによる病害.
時には移住者同士の殺人もあったとか.




幾多の困難を乗り越え,サンファン村(Colonia Japonesa San Juan (de Yapacani))は,

今では 'サンファン市' としてボリビア政府に認められるまでの発展を遂げた.



私たち三世の世代はもうほぼ完成した村の中で生き,その本当の過酷さを体験したものはほとんどいない
だが,一歩村の外に踏み出し,開拓前の姿を垣間見れば,1世たちがどれほど過酷な道を歩んできたかは想像に難くない.




そんな中,私の祖母は,入植後しばらくしてから一世たちが有志で建てた学校の初代先生陣の一人だったそうだ.
今でもたまにボリビアに帰って1世や2世の世代の人に名前を告げると「oo先生のお孫さんか」と言われることがある.
自分たちが生きていくのに必死な中,人を育てる,ということも忘れなかった一世たちの功績は大きいと感じる.



時が経ち,入植前(戦時中は)満州国の鉱山でダイナマイトを扱い,村では友人と共に農業に携わった祖父は数年前に他界した.

寿命とはいえ,激動の時代を生き,素晴らしい村,その精神を残してくれた先人たちが亡くなっていくのは,本当にせつないものがある.



そんな祖父母達から開拓者精神を受け継いだ者として,一世達に恥じない生き方をしていきたい,と切に思う.





南米はボリビア,日本人移住地サンファン.

そこには,日本が高度経済成長,そしてバブルと沸く中,遠い地球の裏側で懸命に生きた一世たちの生きた証,その「全て」が確かに残っている...



公民館隣接の移民資料館にて


アルゼンチナ丸出航前


やっと米が作れた...

今のサンファン村の入り口


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

かなりざっくり書いてしまいましたので,

サンファンについてもう少し情報の欲しい方は以下参照で.

http://www.fenaboja.com/SanJuan/sanjuan.htm

(サンファン日本ボリビア協会ホームページ)

あと,ちょいちょい旅行で訪れてくださる方のブログも落ちていますので,

ぜひ「サンファン ボリビア」等で検索を.

-------------------------------------

尚,12歳までのほとんどの期間をこの村で過ごし,3歳で抱いた大きな夢を追い,中学校進学を機に日本に来て,大学進学後現在はアメリカに交換留学中の私自身のことについては,また別のお話.

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

清瀬さんのブログ拝見しました.
留学されたのが大学4年とのこと,
私も今4年なので,本当親近感です笑
(もっとも私の場合大学の交換留学なので身分は休学ではないのですが)

確かに,アメリカのクラブとかの雰囲気はすごいですよねw
私のいるパデュー大学もかなり田舎にあるんですが,それでも大学周辺で唯一のクラブでは,大学生が騒ぎまくってます笑

おお なんか色々重なってますねw 奇遇すぎるw
交換留学で休学扱いにならないのはいいですねえ。工学部なのに。。羨ましいです! アメリカのクラブすごいですよね!笑 騒ぎまくるの分かります。。田舎にいるとクラブにいくか、ホームパーティーするくらいしか、することないですからね。たまに高校生もいますよね。 ・・ああいいなあ。アメリカ戻りたいです泣 ・・・何か話がはずみますが、ここで話続けるのもあれなので、もしよろしかったら、fbなどでお会いしましょう^0^  改めまして、ストーリーのご投稿ありがとうございました! 大きな学びでした。

そうですね,本当にコメントありがとうございました(^_^)

去年ボリビアを旅しました^ ^私はそのあとチリへ抜けてその時一緒に旅してた仲間4人がサンファンの日本人コミュニティーにに沢山お世話になっていました。みんな音楽ができたので学校で演奏させてもらう機会もあったようです。家にもホームステイさせていただいたようで、ずっとこのボリビアへ来た時の話、開拓の話、苦労の話を聞いて肌で感じたようです。そのあとみんなと合流しそのボリビアの話をずっと聞いていて心に残っていました!今回読めて嬉しいです^ ^ありがとうございます。私は今旅中でまたボリビアに寄る予定です^ ^!

始めまして。
今Storysを始めて、初めて読ませていただきました。実は私の祖父母も戦後移住し、祖母は今もサンファンに住んでいます★

世界はせまいなあ、、と驚くばかりです!

>Shono Maho さん
なるほど,なんとなく雰囲気的に三o商店さんのにおいがしますが,悪しからずです笑
またボリビアにお越しの際は,チリ側からはちょっと遠いですがぜひサンファンまで(^_^)

>Sato Maho さん
初めまして! 世界は本当に狭いですね笑
日本に来てからはあまりサンファンにゆかりのある人と接する機会は無かったので,とても嬉しいです!

国は違いますが、私は日系ブラジル人3世です。4歳から日本におり、親戚は皆ブラジルにおります。1世である先祖は、もうすでに亡くなっており、当時の話を2世の人達に聞いたら、「俺たちを騙したやつらの国の話なんてするな」という空気になってしまい聞けませんでした。今となっては2世の人達も亡くなって、どのような様子だったのか聞くことが不可能な状態です。とても良いお話をありがとうございます。過酷な状況に立ち向かい、未開拓の地を切り開いた日本人の子孫であることを誇りに思います。

>下手さん
コメントありがとうございます.
確かに過去の訴訟問題の例を見ても,ブラジル移民の方々もかなり過酷な開拓生活を送られたと聞いております.
ただ,サンファンに限って言えば,私の祖父母を含め,(今となっては)「日本を恨むようなことを言う人はほとんどいなかった」,というのが私の実感です.
その違いの理由はとても気になるところですが,私の知るサンファンの1世達は,自分たちが歩んできた道を誇りとし,そこに築いた生活で満ち足りているようでした.
本当に穏やかな雰囲気の流れる,人情味あふれるいい村ですので,ブラジルに帰省される際,お時間と金銭面でゆとりがあればぜひ御立ちよりください.
きっと移民の違った一面が見られると思います(^_^)

こんにちは
突然のご連絡失礼します
早稲田大学二年の下遠野と申します

経団連の留学奨学金についてご相談がありましてご連絡いたしました。現在こちらの奨学金に出願中で、書類選考を通って11/19に面接を控えております。面接にあたりましてぜひ先輩にアドバイスをいただきたいと思っております。というのも現状私は家計の都合上、この奨学金に通らなければ留学に行くことができません。そのため今回ぜひアドバイスがほしいです。
お忙しいとは思いますが、ご返事お待ちしております。

こんにちは。私の父方の祖父母も戦後移民でボリビアに行き、サンファンで今の礎を築いていました。
父は、サンファンで生まれ、今は、同じボリビアの日系人移住地として有名なコロニア・オキナワ地区出身の女性と結婚しています。(その女性の両親も戦後移民でボリビアに渡っています)(私の両親です (笑))
もしかしたら、お知り合いかもしれませんね。世界は狭いなと思うばかりです。

深浦 希峰

略歴: 12歳までのほとんどの期間を中南米(ボリビアの日本人移住地:8年,他チリ・グアテマラ・ホンジュラス等)で過ごす. 中学校進学を機に, 日本へ. 筑波大学入学後,アメリカ,パデュー大学航空宇宙工学科での交換留学を経て,現在はプラントエンジニアとして働いています.

深浦 希峰さんが次に書こうと思っていること

|

旅行・海外生活のタグがついたストーリー

深浦 希峰

略歴: 12歳までのほとんどの期間を中南米(ボリビアの日本人移住地:8年,他チリ・グアテマラ・ホンジュラス等)で過ごす. 中学校進学を機に, 日本へ. 筑波大学入学後,アメリカ,パデュー大学航空宇宙工学科での交換留学を経て,現在はプラントエンジニアとして働いています.

深浦 希峰

略歴: 12歳までのほとんどの期間を中南米(ボリビアの日本人移住地:8年,他チリ・グアテマラ・ホンジュラス等)で過ごす. 中学校進学を機に, 日本へ. 筑波大学入学後,アメリカ,パデュー大学航空宇宙工学科での交換留学を経て,現在はプラントエンジニアとして働いています.

深浦 希峰さんの他のストーリー

  • 戦後南米ボリビアに渡った私の祖父母達の話

  • 深浦 希峰さんの読んでよかったストーリー

  • 第4話(前編)アフリカへ行く彼から学んだ"生きる"こと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】