水曜日の先生

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本国内の日本語教育機関では、毎日行われるクラスを2~3人の教師で担当するチームティーチングが行われることが多い。チームティーチングにおいては、月・水・金をA先生が、火・木をB先生がというように担当曜日と担当者を一学期間、固定して、クラスが運営される。これを学生は、曜日により異なる先生が来るというように認識している。

 さて、これまでのクラス担当経験の中で学生が学期の終盤になっても、私の名前を覚えてくれず、

「水曜日の先生」

などと呼ばれてしまうということが結構あった。(もちろん、対面では単に「先生」と呼ばれる。学生と授業外で話す際に、私と同じクラスを担当する他の先生を区別する必要が出てきた場合にこのような発言が現れる。)私と同じような経験をしている日本語教師も結構いるようである。

 私は、以前、この「水曜日の先生」という発言を

「先生の名前も覚えないなんて、全くしょうがないなあ」

とどちらかといえば、学生を非難するような気持ちを抱きつつ、一種の笑い話として語っていた。しかし、その後、この現象には、意外に複雑な背景があるのではないかと考えるようになった。

 私を「水曜日の先生」と呼ぶ学生にとって、私は「古屋憲章」という固有の名前を持つ固有の存在ではなく、毎週「水曜日」に現れる「先生」という代替可能な存在である。ややおおげさに言うならば、彼/彼女らにとって、私は血の通った人間ではなく、クラスを構成する部品のようなモノであったのではないだろうか。

 また、「水曜日の先生」という発言が出てくるようなクラスにおいては、教師だけではなく、クラスメイトに関しても、同じような現象が見られた。学期終盤においても、母語の異なるクラスメイトの名前を覚えていない。そのため、どうしても呼ばなければならない場合は、「一番前に座っている○○人」などとしか呼びようがない。(ちなみに母語を同じくするクラスメイトに関しては、授業外でも交流する機会が多いためか、このような現象はまれである。)これもやはり、クラスメイトを固有の名前を持つ固有の存在としてではなく、あの場所にいる○○から来た人として認識しているがゆえに現れる発言だったのではないか。

 ところが、同じようにチームティーチングで行われるクラスであっても、活動型のような学生が自分の経験や考えを述べたり、私が自分の経験や考えを述べたりする機会が多いクラスにおいては、まず間違いなく「水曜日の先生」と呼ばれることはなく、

「古屋先生」

と呼ばれた。クラスメイトに関しても同様である。これは、人は、ことばによりお互いの経験や考えに触れることではじめて相手を固有の名前を持つ固有の存在として認識できるということを傍証している。

 そのようなことがわかってから、私はどのようなクラスにおいても、(場合によっては、スケジュールを無視しても 笑)経験や考えを述べる機会をできるだけ設けるようになった。といっても、それほど大したことをするわけではない。何かのきっかけを捉え、

「で、あなたはどんなことをしたの/
どう思ったの」

と問いかけたり、自身が何をし、何を考えてきたかを話したりするというだけのことである。しかし、これを心がけるだけで、少なくとも私は、学生たちが固有の名前を持つ固有の存在であることを実感できるし、私自身が固有の名前を持つ固有の存在であると実感できる。

 私はどんなときも、代替可能な部品としてではなく、固有の名前を持つ人間として存在していたい。ともにいる人たちにも、固有の名前を持つ人間として、存在していて欲しい。ことばによりお互いの経験や考えに触れることのできない場所、すなわち、人間をモノのようにする場所にいるのは、まっぴらごめんである。だから、私は、今後もどこにいても、相手のことを問いかけ、自分のことを語るはずである。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

興味深い考察でした。言葉を交わした量と、その人を固有の存在として捉える度合いの相関が、(こんなこというと臭いですが)人間愛の関数になる気がします。

コメントありがとうございます。そうですね。それこそがことばの最も重要な意味ではないかと考えています。私の経験と考えが日本語教育関係者以外の方に伝わったことを非常にうれしく思います。

お話面白かったです!!部品ではなく、代替できない存在。ぼくも、自分だ!と発信し、ぼくだということを認識してもらうために、お話を投稿した気がしました。よろしければぜひお読み下さい(^-^)/

>Abeshiさん
コメントありがとうございます。私の文章が何かに気づくきっかけとなったとしたら、うれしいです。
Abeshiさんの文章を拝読しました。「『Twitter』と『執筆』が好きな自分」という気づきに即し、「1000RT達成したら、うつ本を出版する」というシンプルかつ力強い目標を設定するに至るプロセスがよくわかりました。おそらくAbeshiさんは、書くことで自身の過去や現在を把握することにより、(目標という形で)自身の未来を描けるようになったのではないでしょうか。Abeshiさんの文章を読むことで、あらためて書くことの意味が理解できたように思います。

古屋さん、お話読んで下さりありがとうございます!
こうしてコメント頂けると、自分がやろうとしていることを客観的に考えることが出来る気がします。ありがとうございます。
チャレンジ自体は、まだまだ時間がかかると思います。投稿しているお話のコメント欄で状況などを毎日書いていますので、またぜひお読みにきて頂けたら嬉しいです!

古屋 憲章

日本語教師。 メールマガジン『週刊「日本語教育」批評』を発行中。 登録:http://www.mag2.com/m/0001573661.html バックナンバー:http://archive.mag2.com/0001573661/index.html

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

古屋 憲章

日本語教師。 メールマガジン『週刊「日本語教育」批評』を発行中。 登録:http://www.mag2.com/m/0001573661.html バックナンバー:http://archive.mag2.com/0001573661/index.html

古屋 憲章

日本語教師。 メールマガジン『週刊「日本語教育」批評』を発行中。 登録:http://www.mag2.com/m/0001573661.html バックナンバー:http://archive.mag2.com/0001573661/index.html

古屋 憲章さんの他のストーリー

  • 日本語教育の罪深さ

  • 古屋 憲章さんの読んでよかったストーリー

  • 自由を求めて 「異質」からの脱出編