フリークアウトの新卒採用ジョブをつくる時に考えたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
超地味なインターネット企業のフリークアウトで、新卒向けのサマージョブ、ウインタージョブをつくる時にどういうことを考えていたか、というと、もやもやっと
1. 人生最高の生産性を体験する
2. 異なる場所で生まれた既存のアイディアを組み合わせて、新しい、実用的でリアリティーのあるアイディア (コンセプト) を作り出す体験をする
3. 1, 2 を通して、「いまからなんでもやれるじゃん」と信じられるようになる
みたいなことを考えてました。
僕らは超地味で社歴もなく、戦略なんたらとかかっこいい感じでもない、就活マーケットでの競争力が極めて低いチームなわけで、そんな中、超優秀、かつ我々のカルチャーにフィットする人しか来てもらいたくない!というワガママ千万なことを成立させるためには、
- 圧倒的なインパクト (よい意味だけじゃなくて、つらいとかやばい!みたいなのも大事) をジョブ中に残す
- そしてそれが語られる
ようにせんとあかんなーとか思うわけです。
ということもあり、上記 1 - 3 を徹底するためのプログラムをつくりました。2015 年卒向けには、全く違うコンテンツを用意するので、2014 年卒向けジョブの内容をざっくりまとめると、
1. マーケティング、広告テクノロジーの最先端で起こっていること、そしてその歴史を学んで、
2. 特定のインダストリーの構造分析手法を、ケースを通して体験し、
3. チームごとに割り当てられたインダストリーの構造分析を実行、その中でおもしろい価値を提供する事業者をバイネームで選んで、事業モデルを分解
4. 分析した事業モデルを、1 で学んだマーケティングのマーケットに持ち込むと、どんな新規事業が考えられるか
みたいな感じです。3 日間かけて、寝食惜しんでやる感じですね。各チームにつくメンターも、マジで本気で取り組みます。
参加学生チームのスライドの一部をアップロードしてみました。こんな感じです。(一部マスクしてますが)
http://www.slideshare.net/usksato/1501summerjob2012
ジョブでわかることはホント超多くて、僕らも毎回学ぶことが多いし、採用面、という意味でみても、お互いがお互いを誤解しないで済む、のはよいなーと思います。
せっかく 3 日間も、いそがしい時期にきてもらう方々に、価値を提供できているかどうか、というプレッシャーに毎度苛まれますが、これからもがんばって続けてきたいなーと思います。楽しいよ。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

佐藤 裕介

フリークアウトやってます。靴下はアンティパストのが好きです。

佐藤 裕介さんが次に書こうと思っていること

|

自分が考える事・自分についてのタグがついたストーリー

佐藤 裕介

フリークアウトやってます。靴下はアンティパストのが好きです。

佐藤 裕介

フリークアウトやってます。靴下はアンティパストのが好きです。

佐藤 裕介さんの他のストーリー

  • 自信はどこからくるのかみたいな話

  • 佐藤 裕介さんの読んでよかったストーリー

  • ANRI設立