うつ病で休職してるけど、Twitterで1000RT達成したらうつ本を出版するという目標を作り、それから1ヶ月たったけど200RTしかいかなくて、心が折れそうになりながら、しょくぱんゆるキャラとか、Twitterで知り合った方々に励まされ、出版するまで頑張る28歳(男)の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

■はじめに

はじめまして!おはようございます、こんにちわ、こんばんは!あべし(@honjituno)です!あっ、@honjitunoは、ぼくのツイッターのIDです(ぜひ探してみて下さい、しょくぱんのアイコンのあべしが見つかるはずです)!長い長いタイトルのお話に目をとめて下さりありがとうございます。


えっと、何からお話しようかな・・・。ところでみなさんはどんなきっかけで、このお話に興味を持たれたのでしょうか?タイトルが長かったから気になったという方もいるかも知れません。しょくぱんゆるキャラってなんだろうって思われたからかも知れません。もともと、1000RTチャレンジをしているあべしという存在を知っていたからという方もいると思います。もしかしたら、ぼくと同じようにうつ病で苦しんでいる方かも知れません。


タイトルの通り、ただ今現在進行形でうつ病治療中で休職しております。休職し始めてからそろそろ1年がたとうとしています。うつ病治療中ですが、ココログで『ABELOG』という名前のブログを運営しております(ブログについても、もしかしたらご存知の方がいらっしゃるかも知れません。それはそれでめっちゃ嬉しいです 笑!)。←(2015年1月にブログをライブドアブログに引っ越しました。新ブログの名前は『ABELOG+』です!)


そして、『Twitterで1000RTを達成したら、うつ本を出版する!!』という目標をかがげて、チャレンジ中です。ぼくがなんでこんなチャレンジを始めようと思ったのか、少し長くなると思いますが、お話させていただこうと思います。社会人として働いていたらうつ病になってしまい、ちょっと無謀じゃない?という感じですが、1000RT達成&うつ本出版を目指して頑張っている、そんなどこにでもいる普通の28歳(男)のお話です。


※途中途中でしょくぱんのゆるキャラが登場してきますが、ABELOGの執筆スタイルです。それほどおきになさらず最後までお楽しみ下さい。

     

■会社に行けなくなった社会人3年目の春・・・。

社会人3年目の4月。ぼくはまだSEとして働いていました。毎朝、ゆううつな気分で満員電車に乗って通勤してました。多分普通のサラリーマンをやっていたと思います。


しかし、4月になったぐらいからだんだんと体調が悪くなりました。はじめは風邪かなと思いました(ぼくは季節の変わり目によく風邪をひくので)。でも、なんとなく違うような気がします。動けないほどでもないけど、元気というわけでもない。なんか変な感じです。


会社に働いていても、体がずっと緊張していて落ち着きませんでした。頭痛もありました。食欲もなくなっていきました。


睡眠にも変化が出てきました。夜はなかなか寝付けず、だんだん眠れなくなっていきました。体は疲れているはずなのに、眠ろう眠ろうと思うほど、頭の芯が冴えてしまいます。夜眠れないので、当然ですが朝は最悪な気分です。胃はムカムカするので、食事は不可能です。そして会社へ遅刻の連絡・・・


『すみません。午前休でお願いします・・・。』


様子をみるも、回復することはありません。そしてまた会社へ連絡(気まずさMax)・・・


『すみません。やっぱり全休でお願いします・・・。』


そんな感じで、会社に行けたり行けなかったりの日が続きました。当然、自分の仕事のスケジュールは全部遅れていきます。半日休んだら半日分、一日休んだら一日分遅れていきます。当時担当していた仕事はほとんどが遅延状態。やってもやっても終らない。残業をする体力も、気力もありません。納期からどんどん遅れ、全てリスケしなくてはならない状態。


『うぅ、うぅあぁああああぁー。』


ぼくは布団の中でうめいていました。ついに、朝に布団から起き上がることが出来なくなっていました。会社に行けなくなってしまったのです。そして、当時同棲していた彼女(現:奥さん)に、言われました。


『お医者さん(心療内科)に行こう。』


大人(男)が朝布団から出れずに、うめいて、泣いて、うめいているのです。今考えてみれば、彼女自身ではどうしようも出来なかったんだと思います。ぼくが彼女の立場だとしても、病院に連れて行ったと思います。その日に心療内科に電話をして、なんとか受診。お医者さんから、うつ病と診断されたのでした。


ここで、うつ病だと診断された当時に書いたブログ記事を掲載します。うつ病だと診断されたショックとか見え隠れしていますが、なんとか書いたエントリです。


(ここからがブログのエントリです)


病気についての記事を書くのは抵抗がありましたが、闘病の記録という位置づけで記事を書いていきます。

最近体調がすぐれず、なにかおかしいと感じていたため、先日診療内科を受診してきました。

診断の結果、医師からは『うつ病』と診断されました。よく言われていることですが、まさか自分がというのが正直な感想でした。。。

ただ、私の場合は重度という訳ではなく、軽度と診断されました。かなり初期の段階で診察を出来たみたいでした。

どうやら脳の中の『セロトニン』という物質が少なくなってしまっている状態だそうです。そのせいで、気分が落ち込んだりと色々な症状が出てきてしまっているみたいです。

抗うつ薬を処方され、今朝、昼、晩と服用しています。ちなみに会社に行くことも出来ないため、誠に申し訳ないと思いながらも、お休みを頂いています。

ブログ開設から色々ルールを作ってきましたが、そのうちの『一週間に一度は更新すること』が最近守れていませんでした。何となく記事を書ける気分ではなく、今は多少落ち着いているため記事を書いております。

ブログを更新は、これまでの様に定期的に更新することは難しいかも知れませんが、なるべく更新していくようにします。自分の闘病の記録が自分の知らないどなたかのお役に立てればと願い記事を書いてまいりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

(ここまで!)


ちなみにこの記事を書いたのが、2013年4月17日。こうして、ぼくのうつ病とのお付き合いが始まりました。


■飲み方が分からなくなった!?不安でいっぱいの始めての抗うつ薬!


初めて薬を飲んだ時の話です。不安と抵抗でいっぱいでした。心療内科で書いた問診票に、治療に抗うつ薬を使用したいか、したくないかを書く場所がありました。ぼくは、したくないにチェックを入れました。単純に薬が怖かったんです。


その後、先生に病室の中に呼ばれ、今の自分の病状と今後の治療方針について説明を受けました。その説明の中で、うつ病の治療には充分な休養とお薬が必要といわれました。


『お薬は飲まれたくないとのことですが、元気になるために必要なもの。』ぼくの気持ちは受け止めてくれましたが、薬は処方されました。病院で薬を処方されて、家に帰ってきて、いざ薬を飲もうとした時に、ハプニングがありました。


『あれ?どれ飲むんだっけ?』


出してもらった薬の飲み方が分からなかったのです。すごいたくさんの種類の薬があるように思えて、どの薬を、どのタイミングで、いくつずつ飲めばいいのか分からない・・・お医者さんは時間をかけて丁寧に説明して下さったはずなのに・・・。


薬の飲み方といった、単純なことさえ覚えることが出来なくなっていました。記憶力が低下していたんだと思います。こんな簡単なことさえ出来ない自分が情けなく落ち込みました。。。結局その日は、薬の飲み違えをしたら大変なので飲みませんでした。次の日に、病院に電話して確かめることにしました。


翌朝、病院に電話しました。飲むタイミングは朝、昼、晩と眠る前のお薬でした。あっさり解決しました(そんな電話でも丁寧に対応してくださった先生には本当に感謝感謝です!)。


そしていよいよ、その日の朝の分のお薬を飲むことになりました。この時になっても、やっぱり薬は怖かったです。はっきりとは覚えていませんが、これを飲まなかったら、もっとひどくなるかも知れないと思いました。それは嫌だと思いました。


もう体を動かすのもだるいし、億劫だし、なんとなく不安だし・・・。何ヶ月か、何年か、どれぐらい長い時間がかかるか分からないけど、いつかは治る病気だと先生は言ってくれました。


ぼくが、その時に布団の中で始めて飲んだのは『レキソタン』というお薬でした(これはメインのお薬ではなく、メインはジェイゾロフトというお薬です)。薬をしっかり飲んで、ちゃんと治そうと決心しました。決心したら、あれだけ抵抗していた薬も、意外とあっさり飲むことが出来ました。これがぼくのうつ病治療のスタートでした。その日はそのまま布団に横になってすごしました(薬を飲んだのは朝なので、さっきまで寝ていたのですが・・・)。


※この時から1年ぐらいたちますが、増えたり減ったりしながら今もお薬を飲み続けています。今飲んでいるのは、この時に飲んだレキソタンに加えて、ジェイゾロフト、マイスリー、リフレックス、パキシルの5種類です。デパスとスルビリドという薬も飲んでいましたが、減薬したので今は飲んでいません。

■睡眠時間16時間!起きてる時間はドイツ語、ドイツ語!!


薬を飲み始めてから変化したこと。それは、『睡眠時間』でした。とにかく寝てました。1日16時間は寝ていたと思います。これまでと、起きている時間と寝ている時間が逆転しました(昼夜逆転ではありませんよ。朝、昼、夕方寝て、夜もしっかり眠ります 笑!)。


じゃあ、起きている時間は何をしていたの??というと、なぜかドイツ語の勉強をしていました。きっかけは、NHK教育のドイツ語番組です(4月といえば、語学番組ですよね !)。タレントの高橋光臣さんが出ていて、ドイツ語の勉強をしている姿を見て、面白そう!ぼくも勉強したい!と思ったのでした。


こうして、1日16時間寝て、起きている時はドイツ語の勉強!という、奇妙な生活スタイルが確立されました。


この時期の治療方針は、お医者さん曰く、


①薬を飲んでしっかり休むこと

②心からやりたいと思ったことをすること


が、大切だよ!これをちゃんと守ってね☆と言われていました。


この時のぼくは、この先生の教えを忠実に守っていました。決まったタイミングで薬を飲んで、1日に16時間寝ているので①はクリア!面白そうだと思ったドイツ語をやっているので、②もクリアです!えらい!


というわけで、図書館でドイツ語の本を借りてきては、ノートにひたすら書き写していました。ドイツ語のテレビの時間には、テレビの前で高橋光臣さんと一緒に、


イッヒ、ハイセ、あべしっ!!イッヒ、ハイセ、あべしっ!!


と、ドイツ語の発音練習をしていました 笑!


この時のぼくには、ドイツ語の他にも、興味がわいたものがありました。スマホゲームでした。もともとスマホゲームは『パズドラ』ぐらいしかやっていなかったのですが、同じガンホーさんがリリースしている『クレイジータワー』というゲームに興味を持ちました。内容は単純で、『お金を稼いで、稼いだお金でタワーを高くしていく』。それだけです。


ほとんどの時間を寝て過ごしながら、ドイツ語を勉強し、せっせとタワーを高くしていく。休職してるのに、語学とゲームかよ!!って感じですが、これがぼくの仕事になりました。もちろん、不安に襲われている時は布団にうずくまることしか出来ませんでしたが・・・。こうしてあっという間に、春が過ぎていきました。

※当時のドイツ語ノートです!そして、タワーは241Fまで高くなりました!どんだけやってたんだよっ笑!


■ようやく動けるようになってきた夏!


だんだん暖かくなってくるにつれて、だんだんと活動できるようになってきました!季節は春から夏に変わっていました。睡眠時間は少しだけ短くなり、10~12時間ぐらい。お昼ぐらいに起きて、食事をして、少しなら外出も出来て、夜になったら眠る。見かけ上は普通に生活できている感じです。


この頃から、テレビを見て過ごすことが多くなってきました。頭の中をからっぽにして見れる『あまちゃん』とか、仕事ものの『倍返し』も見ることが出来るようになりました。中でも見ることが多かったのは『情熱大陸』です。録画していて、朝井リョウさんとか、古沢良太さんの回をエンドレスで見続けてました。台詞とか覚えてしまうぐらい見てました(正確には、テレビではずっと情熱大陸を流しつつ、他のことをしている感じです)。


そんな、少しだけ心に余裕が出てきたぼくですが、『仕事』について考えることが出来るようになってきたのもこの頃です。はじめに思ったのは、


『SEムリかも・・・。』


でした 笑(会社の方には本当申し訳ないと思いつつも)。多分、このまま治療を続けていけば、元気になって、仕事にも復職出来て、またSEとして働いていくということになると思います。しかし、元気になった自分が、SEとして働いていることをイメージすることが出来ませんでした。


休職を始めた頃、休職期間は3ヶ月間ぐらいだろうと思っていました。しかし、実際は3ヶ月間でようやく動けるようになってきたぐらい。長時間の外出は出来ないし(カフェなら数時間ぐらい)、集中力もそんなに長く持ちません(ドラマなら2話ぐらい、映画もなんとか見れてたと思います)。そんなわけで、休職期間を延長することになりました。


仕事に対する考え方も変わってきました。ぼくは就職活動の時、一生もののスキルが身につく職業とか、その世界をあまり知らないけど面白そうだという理由で、IT業界を選び、SEとして社会人になりました。


もちろん、得たものも多かったと思います。多くの人と出会えたし、知らなかったことも苦労しつつ、たくさん覚えました。でも、一生働いていくとしたら、本当にSEとして生きていきたいのか?SEの仕事が好きといえるのか?


働いていた頃は、自分に問いかけもせず、とにかく必死に走って、走って、走り抜いて。頭の中にずっとあるのは分かっていたのに、向き合わずにいた問いかけでした。


どういう巡り会わせでSEとして働くことになって、なんで休職することになったのか。うつになったのか。考えても考えても答えは分かりません。どういうわけか、こういうどうどう巡りになってしまう問いが、どんどん頭の中に浮かんできてしまうのです。


少し休んだぼくが、『SEとして人生を生きていきたいか?』その問いに出した答えは『NO』でした。


知らない面白そうなことではなく、知っていて自分が好きだといえることを仕事にしたいと考えるようになりました。『本』に関わる仕事がしたいと思いはじめました。ぼやっとですが、休職中に向き合って、考えて、辿り着いた一つの答えでした。


■節約、節約、節約!!


仕事について少し考えることが出来るようになってきたら、次はお金のことが心配になってきました(心配の種は尽きないのです・・・)。それまでは、それどころではなかったということもありますが、気にせず休んでいました。


ここで少し休職中の生活費についてのお話を書きます。休職中の収入の柱は『傷病手当金』です。申請してから手元に振り込まれるまで、だいたい1ヶ月半ぐらいかかります。収入の柱といいつつも、(ぼくの場合は)なんだかんだで、手元に残るのは月に10万円とちょっとぐらいです。


ちょっと一緒に生活費について考えてみてください。休職しているとはいえ、生活していくためにはお金がかかります。うつ病の治療をしているので医療費も必要です。振り込まれた傷病手当金の中から、家賃と、医療費と、光熱費と、しょ・・・食費??あれ、全然足りてないよ??


現実について少し考えることが出来るようになったら、今度はそこに目を背けたくなるような現実が立ちはだかっていたのです !泣


治療するために、安心して生活するにもお金は必要!!足りないなら、節約するしかないでしょ!!(当時っぽく言うなら、じゃあいつ節約するのか・・・今でしょっ 笑!!)というわけで、少し遅れをとってしまった感はありましたが、節約生活をスタートさせたのです。この時に(精神的に)専業主夫と化したぼくは、当時の生活費の無駄を、ガリガリと、ばっさばっさと削っていきました。


ここは削れるでしょ!ということになったのは以下の8つです!(他にもちょこちょこしたものはありますが、主なものは以下でした。)


1.食事は基本的に自炊!

2.新聞の購読はやめる!

3.スマホのキャリア変更!

4.本は図書館(or ブックオフ)!

5.美容院から1000円カットへ!

6.カフェに行く回数を半分に減らす!

7.飲み会には行かない(というか、お酒飲めない)!

8.TOEICとか情報処理試験とか受けない(というか、受けれない)!


そんな時によく読んでいた本が、イケダハヤトさんの『年収150万円で僕らは自由に生きていく』です。タイトルに書いてある年収150万円って、ほとんど今の財政状況そのものでした。この本を読みながら、この状況でも平気なの?大丈夫なの?安心していいの?と、すごく安心したのを覚えています。複雑なことは考えることが出来ないので、単純に簡単に考えることにしたのです。今出来ることをやっていこうと。


ぼくの場合、多少の貯金があったことに加えて、同棲していた彼女(現:奥さん)の収入があったことがとても大きく、とても助けられました。それに定期的に届く、両親からの食料でいっぱいのダンボール。これでもかというほどにつめこめれた野菜。食べきれないでしょって突っ込みたくなるほど大量のお米。届くたびに今でも泣きそうになります。

(※最近送って頂いた救援物資の図)


実際、生活は執筆している今も厳しいし、苦しいです。でも、生きていけないほどじゃない。ぼく一人じゃ生きていけないけど、今は誰かに頼って、甘えて、支えられてなら生きていける。元気になったら、好きなだけ恩返しをすればいい。ぼくは今、生かされているということを実感しています。


■そういえば、ブログやってたな・・・


と思い始めたのもこの頃でした。はじめにちょっとだけ書きましたが、ぼくはABELOG(

http://honjitsunocoffee.cocolog-nifty.com/blog/

)というブログを運営しています。調子がいい時に、ぽつぽつと記事を更新していました。


プロブロガーのイケダハヤトさんとか、ノマドの立花さんの存在を知り、文章を書いて生活をしているなんて、ずごいカッコいい!と思いました。ぼくのブログのアクセス数は、こうした有名ブロガーさん達と比べたら、足元にも及びません。繰り返しますが、まったくおよびません。それでも、ブログを書いている時間は楽しく、頑張って続けていきたいなという気持ちが出てきました。


徐々にではありますが、『集中力』が回復してきた実感がありました。文章を書くこと、活字を読むことが少し楽に出来るようになってきました。


集中力が回復してきたので、これまでの休職生活にだいぶバリエーションが生まれました。午後に近所のカフェまで散歩して、読書をして帰ってくるなんてことも出来るようになってきました。また、午後に図書館まで散歩して、駅前のカフェに行って、読書して帰ってくるなんてことも。そして、午後に駅前のブックオフまで散歩して、カフェに寄って・・・(以下略)。


郵便局ではがきを買ってきて、懸賞に応募したり(一度も当選したことはありません)、公募ガイドを買ってきて原稿用紙5枚程度の賞に応募したりしました。ブログを更新するもの、公募に応募するのも、文章を書くということ。それに、文章を読むこと(読書)がぼくの仕事に加わりました。


今の生活スタイルが確立されたのはこの頃です。不安に襲われる頻度も少なくなりました。そして判を押したような生活を送りながら、うつ病治療を続けていきました。同じ毎日を繰り返し、気が付いたら季節が変わり、休職して初めての冬を迎えました。


今年の冬は、例年と比べ物にならないぐらい寒く感じました。多分、うつ病と寒さは相性が悪いと思います。寒いと外出するのも億劫になり、部屋に引きこもりがちになり、コタツの中で1日のほとんどを過ごすことになります。下がり続ける気温と一緒に、ぼくの気持ちもどんどん冷え切っていきました。


しかし、この後冷え切ったぼくの気持ちを熱くさせてくれる出来事が起こりました。寒い寒い1月の末。東京都知事選が始まったのです。


■東京都知事選2014!!


普段はあまり気にならないのですが、今回の選挙は違いました。一人だけiPhone片手に立候補した、家入一真さんがいたからです。他の候補者の方々と比べて年齢も若く、ぼくと同じように気になった方はたくさんいると思います。この人、何者なんだろうと。


なんとなく名前を知っていて、なんとなく気になったので、家入さんのTwitterアカウントを見つけて、フォローしたのでした。


その後の2週間に渡る選挙戦では、みなさんご存知の通り、これまでにない戦いを繰り広げた家入さん。ぼくは、この人のことを『革命家』だと思いました。政策がないのでみんなで作ると言っている、お金もないのでクラウドファンディングで集めると言っている。どう考えたって普通じゃありませんでした。面白すぎます 笑。


ぼくは東京都民ではないので、選挙権はありませんでした。それにTwitterのハッシュタグの使い方も知りませんでした。ですが、ためしに『#ぼくらの政策』をつけてツイートしてみたら、家入さんがぼくのツイートをリツイートしてくれたのです!


どんどん拡散されていくツイート。家入さんが、うつで休職しているけど、そんなことは関係ない。この選挙に参加していいよと言ってくれているような気がしました。政策を考えて、ぼくらの政策にツイートすることが、今のぼくの仕事だと感じました。


それからは、一日中政策を考えてツイートする日々が始まりました。休職して以来、これほどまでに何かに没頭したことはありませんでした。政治にはそこまで興味はなかったので、すごく新鮮さがありました。


家入さんのポスターを探したりもしました(結局、見つけた掲示板には家入さんのポスターはありませんでした・・・)。家入さんの演説を書き起こしたり、家入さんのツイキャスをチェックしたり、選挙期間中はとにかく毎日が楽しかったです。


最終的に#ぼくらの政策には30000ツイートぐらい集まったそうですが、そのうちの200ツイートぐらいはぼくのツイートです 笑!もちろん、ジョークのようなツイートもたくさんしてしまいましたが、発表されたぼくらの政策120のうち、4つもぼくのツイートが採用されていたのです!(@honjitunoで探してみてください!)


採用して頂けたのは、たまたまだったり、運だったり、色んな要素が重なった結果だと思います。でも正直、かなり嬉しかったです。休職していると、社会との繋 がりがほとんどなくなるんです。でも、こうやって声をあげて、社会と繋がることできて、自分の声を届けることができたと思うと、少しだけ自分の中に自信の ようなものを感じました。


都知事選での怒涛の政策ツイートは、仕事半分、遊び半分の感覚でやっていました。ただ、それまでは情報収集ツールとしてしか使っていなかったTwitterの面白さに気がつきました。ツイートがリツイートされたり、お気に入りされたり、家入さんが言っていたネットの双方性のようなものの楽しさだと思います。


都知事選が終ってしまったので、政策ツイートをするという仕事も終わりを迎えました。それから数日は何もせずにすごしていましたが、自分の中になにかに挑戦したいという気持ちが徐々に芽生えてきたのです。


■1000RTでうつ本出版チャレンジ開始!!

ようやく本題に入ります 笑!家入さんが落選して少し落ち込んでいたぼくが、何かに挑戦しようと思い、1つの目標を作りました。


どうせやるなら自分の好きなことをやろう。面白いと思うことをやろう。それは『Twitter』『執筆』でした。そして作った目標。


1000RT達成したら、うつ本を出版する!!


この1000RTというのは、家入さんのまねっこです。ちなみに家入さんは1000RTを30分ほどで達成したそうです。


そしてこれがオリジナルのツイートです!

うつ病になって休職生活が始まって、働いていた頃のようには生活出来なくなりました。当然といえば当然ですが、以前は出来ていたことが出来ないということは多々あります。


でも、Twitterならできるし、文章を書くこともできる。そして楽しいと感じる。


『今ぼくができることの中で、ぼくはどれだけのことをやり遂げることができるのか?』


考えると少しわくわくしました。これって、かなり珍しいことです。だいだい不安が最初に出てくるので。


1000RT まで、1RTずつ積み上げていく。すごい単純。多分、長い時間がかかると思うし、1000RTを達成できたとしても、うつ本を書いて出版することができる のかわからない。でも、少しずつでいいなら、時間をかけてもいいなら、今のぼくにもきっとできる。思い込みにも似た気持ちを抱きながら、とにかく始めてしまえっ!と、勢いで始めたのでした。


■Twitterで広がる仲間の輪!


心機一転!チャレンジを始めたものの、最初はRT数が2とか3とかでした・・・。残り999RT、998RT・・・一体何年かかるんだ!1000RT、果てしなさすぎるぞっ!そこで、ぼくはこの休職期間中に身に付けた『頼る』というスキルを発動したのです!著名な方へのRTのお願いです。


そして奇跡が起こり始めました。


奇跡その1 プロブロガー、イケダハヤトさんによるRT!


奇跡その2 われらが家入一真さんよるRT!


このイケダさんと家入さんのRTをきっかけに、このチャレンジを知ってもらえたり、同じくうつで悩んでいる方が声を掛けてくれるようになりました。


そうしているうちに、Twitterで同じ悩みをもつ人と繋がりたいと思うようになりました。RTしてくださった方や、声を掛けてくださった方、このRTの輪をもっともっと広げたいと思いました。


それからのぼくは、人生の中でこれほど積極的になったことはないという勢いで(しかも無言で)、多くの方をフォローさせて頂きました。それで分かったこと。みんな優しいということです。


思わず同じテーマでブログを書いてしまうほど、みなさんの優しさに感動しました。ぼくのネガティブなツイートの数々にも親身になってかまってくれます。午前中に活動できない、悪夢を頻繁に見てしまう、夜眠れない、体重が増えた、不安に襲われた・・・。


同じ悩みを抱えている方、共感してくれる方、心配してくれる方、励ましてくれる方、色々な方がいます。みなさん、ぼくと会ったこともないし、顔も知らない、名前も知らないのに、とにかく優しい。


その後も、じわりじわりとRTは広がっていきました。でも、1000RTにはまだほど遠いレベル・・・。


その時、ふと思いました。よくこれだけの人がRTしてくれたなぁと。1000RTまではまだまだということは、達成まで時間があるということ。その時間でRTをしてくれた人達にお礼をしようと思いついたのです。


■感謝のしょくぱんばらまき祭り!!


思いついたのは、ミスドのトイレの中でした(すみません・・・笑)。顔も知らない、会ったこともないのにRTしてくれて、おまけに応援メッセージをくれたりする。ちょっと考えてみて下さい。これってすごいことだと思いませんか?


本当はRTして下さった人と、一人一人握手して、頭を下げながらお礼を言いたいところですが、今のぼくには初対面の人に会うことも、体力的にも、それは不可能です(という言い訳です)。


そこでぼくは、この大切なミッションをABELOGのマスコットしょくぱんゆるキャラに任せることにしたのです。どうせなら、楽しくやろうと勝手に『#感謝のしょくぱんばらまき祭り』というハッシュタグも作りました。


すでにしょくぱんをばらまき始めているので、感謝のメッセージと共に、RTして下さった方のツイッターID入りのしょくぱんを受け取った方もいると思います。例えばこんな感じです(イケダハヤトさんバージョンのしょくぱん)。


『ライバルはくまもん!打倒、ふなっしー!!』が コンセプトなだけあって、何気にうけがいいしょくぱん 笑!いきなりしょくぱんを送りつけられる、ある意味しょくぱんばらまきテロ的な感じも否めませんが、みなさん快く受け入れてくれております(しょくぱんを 受け取った方には、小さな幸せが訪れるそうですよ・・・噂ですけどね 笑!)。


みなさんにしょくぱんを配り続けている間にも、じわじわRT数は増えていき、ありがたいことにぼくのアカウントをフォローして下さる方も増えていきました。


そうしてチャレンジ開始から一ヶ月と少しが経過。RT数は約200RT。ちょっと振り返ってみようと思い、これまでのRT数の推移をグラフにしてみました!

いやいや、完全に頭打ちでしょ、これっ!


著名な方の力を借りたり、応援してくださった方がいたからここまでやってこれたけど、無理かも知れないよ・・・泣。すでに折れている心に、さらに追い討ちをかけるような現実でした。


うーん、どうしようかな・・・。そんな時、STORYS.JPを知ったのでした。


■STORYS.JPに投稿してみよう!


STORYS.JPを知ったのは、フォロワーの方が教えてくれたことがきっかけでした。


調べてみたら、『あのビリギャルのやつだ!本屋で見たことある!』とすぐに分かりました!ためしにそのストーリーを読んでみるとすごい面白い!ぼくも投稿してみたい!と思いました。


しかし、STORYS.JPの超初心者であるぼくは、投稿の仕方が分かりません。また調べてみると、投稿するにはFacebookアカウントでログインする必要があることを突き止めました!


そこで一つのアイディアがひらめきました!これって、しょくぱんのアカウントを作って、しょくぱんになりすまして、ストーリーを投稿したら面白いんじゃないか(※というのは冗談で、前々から作ろうと思っていたブログ用のFacebookアカウントをこの機会に作ってみました)?


とりあえず、しょくぱんになりすましたぼくは、タイトルだけ投稿してみました!


タイトルは『うつ病で休職してるけど、Twitterで1000RT達成したらうつ本を出版するという目標を作り、それから1ヶ月たったけど200RTしかいかなくて、心が折れそうになりながら、しょくぱんゆるキャラとか、Twitterで知り合った方々に励まされ、出版するまで頑張る28歳(男)の話』


長っ!!


そして、目次を作成!(字がきたないことには目をつぶってくださると嬉しいです)


今、ぼくはこれをやるべき!ぼくは、今からSTORYS.JPに全力を注ぎます!!

(※執筆中、STORYS.JPの方が声をかけて下さいました。本当にありがたいです。)


さて、無事に投稿できるかな・・・?


■今後について


いきなりですが、今後についてはまだ何も分かっていません。


でも、分かっていることがいくつかあります。


一つは、5月末でこれまでお世話になった会社を退職するということ。休職期間が満了をむかえるためです。


二つ目は、これからも1000RTチャレンジを続けること。うつ本出版に挑み続けることです。


三つ目は、本に関わる仕事をすること。休職中に出来た目標、夢です。ブログも、Twitterもライフワークにしたいと思っています。


最後に、うつ病の治療を続けるということ。


良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、その度に誰かに支えられながら、


出来ることを少しずつ、一歩ずつ、時間をかけて丁寧に、


ぼくは、これからも生きていく。


■さいごに


季節が変わり、また春になりました。休職してから、一年が経とうとしています。


先週、ぼくは奥さんと一緒に近所の公園にお花見に行きました。

桜がとても綺麗でした。一年前のぼくは、季節の移り変わりなんて分からなかった。うつ病になって、休職してから色々あったけど、よくここまで元気になったなと思いました。


ぼく一人ではここまでくることはできませんでした。


顔も知らないのに、会ったこともないのにいつも優しくしてくれるTwitterのフォロワーのみなさん、絶対に参加しないのに、飲み会とか、スキー旅行とか に誘い続けてくれる会社の同期、うつで休職中なのに結婚してくれた奥さん、そしてそれを認めてくれた両親、お義父さん、お義母さん。


ぼくは、数え切れないほど多くの人に支えてもらって、28年間生きることができました。


さいごに、感謝の気持ちを伝えたいと思います。こんなに長く、つたない文章を読んで下さったみなさまへ、


ありがとう、ありがとう、ありがとう。


■追記


STORYS.JP超初心者なので、追記機能があるかどうかも分かりませんが、1000RTを達成したら、必ずここで報告します。そして1000RTまで、しょくぱんを配り続けます 笑!


☆出版関係の方へ☆

もしうつ本出版チャレンジにご興味を持って頂けましたら、ぜひぼくのTwitterアカウントにDMを下さい!反応が遅いかも知れませんが、必ずご連絡させて頂きます!


☆RTして下さる方へ☆

もし、私も僕もRTしたい!!と思ってくださった方がいらっしゃいましたら、あべし(@honjituno)をフォローして頂けたら嬉しいです!ハッシュタグ『#あべし、本出版するってよ』で、毎日ツイートしてますので、ぜひぜひRTをお願いいたします!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

安藤さん、読んで下さり&読んで良かったありがとです(^-^)/

Mitchinsonさん、読んで下さり&読んで良かったありがとです(^-^)/

【今日の1000RTチャレンジ(5月6日)】

今日で19日目です!連休終わりですね!

RT数⇒222RT 1000RTまであと778RT!2RT増えた!ありがとうございます!
読んで良かった⇒58になりました!3増えた!ありがとうございます!

☆その他☆

・16000PV達成しました!ありがとうございます!

1000RTチャレンジをしていて、ふと思うことがあります。

なんか、ワンピース(国民的海賊マンガ)に似てる気がする・・・と。

自分のチャレンジを、あの麦わらの海賊団的な感じに例えるのは、大変失礼かとおもいますが、

目標(1000RT達成&うつ本出版)に向かって、

仲間を増やしつつ、仲間に助けられながら、

少しずつ進んでいく・・・。

きっとすぐに達成できちゃう人は、1000RTなんてすぐなんでしょうけど、

ぼくみたいな無名な、普通の若者は、誰かに助けられながら、

少しずつしか前に進むことができません。

でも、そんな超がつくほどのスローペースじゃなきゃ、

見えてこない景色があることを知りました。

毎日RT数が増えていく訳じゃなく、1増えたとか、2増えたとか、そんな地道な世界で、

ぼくはこういうやり方で、進んでいくんだ。戦っていくんだ。そして、そんな戦い方が、ぼくは好きだ。

ワンピース的には、まだグランドラインにも入っていない頃だと思います。

そして麦わらの海賊団ではなく、ぼくの場合は『しょくぱん海賊団』になると思います。

しょくぱんと、チャレンジを通じて知り合ったたくさんの方々に支えて頂きながら、これからもこの果てしないチャレンジに挑み続けます!

川野部さん、読んで下さり&読んで良かったありがとです(^-^)/

Satoさん、読んで下さり&読んで良かったありがとです(^-^)/

おねぇ、読んでくれて&読んで良かったありがと(^-^)/

なっちゃん、読んでくれて&読んで良かったありがと(^-^)/

Urakawaさん、読んで下さり&読んで良かったありがとです(^-^)/

かなりタイミングが遅くなってしまって申し訳ありませんが、GWは ご実家でゆっくりできて、良かったですね(^○^)
毎日チェックすればいいのですが・・・ひさしぶりに、あべしさんのコメントを読もうと思うと、本編全部の後に、コメント全部が出て来て、それをチェックしながら一番下まで下げて、やっと ここに辿り着きます(^_^;)
それでも、たまには遊びに来るので、これからも よろしくお願いします!!
あべしさんの言葉を読みたいです。

私もうつ病を患って8年が経ちました。
現在も治療中です。
私も、この私がうつ病になるなんて信じられませんでした。
今も外出はほとんど出来ず、家族の支えでなんとか毎日を過ごしています。

Abeshi Abelog

あべしの人生のストーリー Twitter IDは@honjitunoです! 1000RTでうつ本出版にチャレンジ中! 埼玉出身、元インフラSEの29歳男子。鬱病になり2014年5月末会社を退職、只今療養中。読書三昧、動物と暮らす、ゆる~くゆっくり、サスティナブルな生き方を構築中。ブログ『ABELOG

Abeshi Abelogさんが次に書こうと思っていること

|

うつ病のタグがついたストーリー

何年もこの症状なんだから少しは理解してよね。

薬は症状を操縦するために使う(うつ病)

いちばんの助け(うつ病)

うつ病とは、ゼリーの中に落ちたアリさん

うつだっていいじゃない!【其の十八】~学校編・特定リンク~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー エピローグ ~ウツが教えてくれたこと~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part6 ~『今』は高くジャンプする為に沈んでるだけ~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part5 ~神様は唯一幸せになれない人間を作った~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part4 ~サヨナラ元気な自分~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part3 ~家族全員ぶん殴ってやる~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part2 ~嘘つき自分を演じたバツ~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part1 ~永遠に罪が消えない『あの日』~

うつだっていいじゃない!【其の十七】~学校編・画像とリンク~

うつだっていいじゃない!【其の十六】~学校編・基礎固め~

うつだっていいじゃない!【其の十五】~学校編・HTML~

Abeshi Abelog

あべしの人生のストーリー Twitter IDは@honjitunoです! 1000RTでうつ本出版にチャレンジ中! 埼玉出身、元インフラSEの29歳男子。鬱病になり2014年5月末会社を退職、只今療養中。読書三昧、動物と暮らす、ゆる~くゆっくり、サスティナブルな生き方を構築中。ブログ『ABELOG

Abeshi Abelog

あべしの人生のストーリー Twitter IDは@honjitunoです! 1000RTでうつ本出版にチャレンジ中! 埼玉出身、元インフラSEの29歳男子。鬱病になり2014年5月末会社を退職、只今療養中。読書三昧、動物と暮らす、ゆる~くゆっくり、サスティナブルな生き方を構築中。ブログ『ABELOG

Abeshiさんの他のストーリー

  • うつ病で休職してるけど、Twitterで1000RT達成したらうつ本を出版するという目標を作り、それから1ヶ月たったけど200RTしかいかなくて、心が折れそうになりながら、しょくぱんゆるキャラとか、Twitterで知り合った方々に励まされ、出版するまで頑張る28歳(男)の話

  • Abeshiさんの読んでよかったストーリー

  • 霊感が若干ある程度の男に実際に起きた霊体験①