定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その1 ~高学歴は嫌いです編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

前作の「定時制高校出が過去をちょっと振り返る」で多くの皆さんに読んでいただき、コメントまでいただいた上におススメ記事にしていただきありがとうございました。生まれて初めて文章を評価されたので当人驚きすぎて興奮してなかなか眠れません(笑)


せっかくなので読んでみたいというリクエストの多かったこの話を書くことにしようかと思います(笑)

分割すること、長くなることをお許しください。



 私の人生を話すと多くの人がいう言葉は「ウソでしょ!」「盛りすぎ!」と言われます(笑)

 まあ正直自分でもこんなに色々ある人生は珍しいのではないかと思うこともありますが、私の周囲やストーリーズの皆さんの話を読んでいるといろんな人にいろんな人生があることを思い知らされます。

                          



  前作の定時制高校を出た後、フリーターといいましたが実はキャバ嬢(笑)を2年ほどやっていました。その後1年間今は亡きフルキャス○で日雇労働派遣をやっていました。

 さて、ここで計算が変ですよね。フリーター2年なのに3年の職歴・・・

 そう、定時制高校に通いながらキャバ嬢をやってたのです(爆)しかも同居の親に内緒で。


                          


 両親は厳格・・・といえば格好がいいですが外面重視の人でことあるごとに「定時制は最低最悪のラインにいるんだからそのことを自覚しなさい!」とか「あんまり定時の事たちと一緒にいないのよ!」など定時制の悪口オンパレードでした。今思えばあんなにお世話になったのによくそんなこと言えたもんだと思いますが・・・

 また相性が良くない伯母は私の通った定時制高校の全日制に通っていたこともあり、「定時制なんて碌な人間にならないわよ」とか「私は全日制なのに姪が定時制なんて・・・身内の恥ね」なども会うたび言ってくれる人でございました(笑)

 その上昔から父は酒に酔ったり、私が言うことを聞かなかったりすると殴る蹴るをする人で母はそれを止めず「お前が悪いから!お父さんに謝りなさい!」と腹蹴りされてリバースしそうな私に言う人でした。


 高校二年の終わりくらいから自宅に居たくないことから友人やゲームセンターに入りびたり、家人が寝てから帰ってきて家人が仕事に言ったら起きるような生活をしていました。

「我が家に座敷童がいる」とよくからかわれましたが、そうやって身と心の健康を守っていたのです。

 最初はそういう生活してたのですがそのうち「毎日帰る時間がこれ位ならキャバくらいやってもばれなくないか?」と気が付いたのは4年生になってから。御年18~19歳でもうそれだけでも雇ってくれる時代でした。

 それなりにお金も貯まりました。あとは逃げるだけです。


 そこで出会った同世代の友人たちと相談し、高校卒業後は当時珍しいハウスシェアをすることにしました。

 高校を出た翌日にはその友人のハウスシェアの家に行きました。


 ハウスシェアについてはあんまり話したくない、思いだしたくない記憶ばかりがあります。

 やはり19歳は子供なんです。シェア仲間でのいざこざが絶えず、シェア仲間の一人がお金を滞納して、カツカツな私たちが家から追い出されたくない一心で払ったこともあります。

 親友と思っていた人に裏切られ、呆然としたこともありました。

でも実家に帰りたくない一心で一年は耐えたものの、心身疲れた私を見かねた両親がキャバを辞めて実家に帰ることを提案。

情けないことですがそれに従い、恥ずかしながらの帰還と相成りました。



                          

帰還後はキャバはやらない約束でしたので売り上げのいい日雇派遣へ。

とは言っても月二〇日入っても14万にしかなりません。それでも高卒の仕事の中では割と実入りがいい仕事ではありました。

朝から晩まで軽作業という名の倉庫の作業。夏は暑いし冬は寒いし、もう大変でした。

もちろん親は「この程度の仕事しかしないで!」とよく切れていましたが、キャバから足を洗ったこともありあまり以前より言わなくなりました。

きっと私の体格がよくなったこと、父が年を取り大病したこともあり暴力で娘をいうことをきかすこと(父に殴られたときに瞬間的に殴り返したらそれがショックだったようです。ただ私が寝ているときに腹を蹴るのは治りませんでしたが)が出来なくなったのを気付いたのでしょうね。



しかしキャバの世界で見た人間のむずかしさ、優しさ、汚さ、綺麗さ、不安定に堕ちていく悲しさ。

日雇の世界で見た「貧すれば鈍す」人の悲しさ、「夢のために」日雇しかできない人の輝き・・・それはこれらの仕事をしたからこそ分かる「人の真実」の姿だったと思います。


そして自分もその一人なのだと思うとこのままでは鈍詰まり、行き場がないことに焦りました。

その時に改めて将来を考えていたのが日雇時代でした。


そんな中やはり大学ですら大氷河期で正社員がない時代、定時制卒ならば資格がないと厳しい。

そして自分が定時制で学んだ優しさ、勇気を持つこと、キャバ嬢時代に知った救われたくても救われない人の存在、「貧すれば鈍す人」の悲しさ、でもそこに咲く華のような「夢」にひたむきに走る同年代の輝き。


私は彼らにはなれない。けど彼らのサポーターとしてやっていけないかと考え、親族がやっていた医療系の仕事をやりたいと思うようになりました。

幸い親族も「この子は気がやさしいし、色んなことを経験しているからこういう仕事が向くかも」と勧められ学費で頭を悩ます両親を説き伏せてくれその資格の取れる学校に入学することになりました。


学校は・・・正直楽しくなかったですね。金勘定ばかりの教員が多く、医療の心とかを学べるのは一部の先生のみでした。でもその先生のお蔭で世界が広がり、同時にこんな先生になりたいと考えるようになりました。そして金勘定の先生を駆逐したいという夢が起きました。

しかし教員になるにはもう一つ学校に行かねばなりません。また二年かけ、説得し、努力している姿を見て何とか受験させてもらい、入学させてもらえることが出来ました。


しかし今度上がった学校はもっと魔窟でした(笑)

出身校別にカーストが惹かれ、有名大卒の子には丁寧に教えながらも高卒の私には鼻も引っ掛けないような先生ばかり。

各々の先生の手元には出身校と最終学歴が書かれた紙があるのです。それを見ながら指導する先生・・・屈辱・・・というより人権侵害だと思いました。


そのうえこの業界無理かも・・・と思った一言は某K大にいったものの就職先からリストラされた40台の同級生の一言でした。


「君はかわいそうだ。本来こんなとこ来るべきではない。定時制高校出が大学卒業生教えられるのか?まあ女だから許されるかもしれないが。」


 頭に血が上りました。私の努力を見てもいないやつにこんなこと言われるなんて。

でも言われっぱなしは性に合わない。お返しした言葉はこうでした。


「え?某K大入るのにいくらお金かかったんですか~。同級生はそれで成功してるのにねぇ、下の専門学校代もこの学校代も払わなきゃいけないから本当に不良債権ですよね。

男の人なのにねぇ・・・5年も学生やって恥ずかしくないですか?奥さんのお金で。成功するかもわからないのに。私の方が金がかかってない分ましなんじゃないですか?あ、そうそう結婚しちゃえばバイト程度での収入でいいんですしw本当に女って楽ですよね~~ww」


                         


 もちろんその後は不倶戴天の敵同士となったことはいうまでもありません(笑)


 しかしそんな経験を積んだことですっかり卒業時には「有名大学の男は鼻持ちならない上にプライドばかりで役に立たないから嫌い!」と思っておりました。


 学歴社会にコテンパンにされてやや擦れた私が就職した先は母校でした。

 母校での仕事は楽しく一生懸命だったのでしたが、それが悪かったようです。


 校長ににらまれ二年目からはパワハラが始まり、三年目には深刻な状態に。


「授業も学生も好きだけどもうこの学校にはいられない。こんな屈辱耐えられない。

この校長のパワハラがあるし学歴社会の教師の業界にもいられない。でももう耐えられない。」


 四年目の春、私は退職届を出しました。



 しばらくはストレスで寝込みました。毎日15時間とか20時間とか。

 でもとりあえず失業保険の申し込みをし、寝てる日々。でも寝ながらも今後のことを考えると不安で頭がグルグルします。

ただ手取り18万の給料から毎月5万の貯金、ボーナス半分の貯金でしたがそれと失業保険で一人暮らししていてもとりあえずはしばらくは何とかなりそう。

 まずは心と体を治してからやりたいことをやろう。そう決めました。


 その一つが婚活でした。

 本当のことを言えば「愛してくれる人がほしい」だけだったと思います。正直親との関係はよく無く、傷付くことが多かった。(暴言も暴力もありましたし「誰の金でくわせてやってるんだ!」で黙るしかありませんからね)

小中学校のイジメで人間不信は頂点に達し、それを溶かしてくれた定時制の先生や仲間がいたものの、みんな苦しい中でやっている分相談することも出来ない。


 ものすごい孤独でした。孤独の中で戦い、敗れた私は「もう人を愛することできないかもしれない、親にすら愛されない自分だもの。でもできるなら愛し愛される関係がほしい、そんなものが本当にあるのなら」と切望していました。

 でももう傷付くのも嫌でした。だけど挑戦しないのも癪でした。

 なので「1年だけ結婚相談所に入りダメならもう一生おひとり様で頑張る」ということを決め、結婚相談所に入ることにしました。

 そう1年後、「やっぱり無理だったか~~w」と笑うつもりで結婚相談所の門を叩きました。



そこは最近は珍しくなった仲人型の結婚相談所でした。

丁寧なカウンセリング、性格診断のテストなどを受け、そして自分の今までの人生の辛さを伝え、「本当は男性が怖い。暴力や暴言を言われそうで」などの不安を伝えました。

相談所の先生は優しく頷きながら「徐々にお見合いで治していきましょう。そんな男性ばかりではないですよ、あなたは運が悪かっただけですから。」と慰めてくれました。


結婚相談所ではマッチングシートというのを書き、仲人型の結婚相談所しか見れないインターネットの出会いのサイトがあるのですがそれも二人で相談して書きました。


自分で美味しいつまみ作って美味しいお酒を飲むのが好きなこと、好きなことは神社仏閣、博物館を回ったり、歴史を訪ねることが好きなこと、今は仕事をやっていないけどいずれ仕事は再開し続けたいと思っていること・・・

 そしてマッチングシートには希望条件やお断りしたい条件も会員さんが直接には見えないけどそういうことも情報に書きます。

 

 私の希望条件は三つだけでした。

1 高学歴お断り(有名大学出・国立大学出はお断り。できれば学士で理系のみ修士可)

2 働くのが嫌いな人、今の仕事に誇りが持てない人お断り

3 定職についている人で年収300~400万以上ある人


 許せる条件は1 長男可  2 同居は無理だけど近距離同居は可  3 遠方の嫁入り可の3つでした。

 見た先生もびっくりするほどの希望のなさ(笑)

特に1番の話は以前の経験から仕方ないとしても『いい大学出ててもいい人はいるんだけどな・・・』と思っていたそうです。

でも私の強い希望でそういう人はできるだけ外す方向でマッチングシートを出すことになりました。



さてさてこのマッチングシートでどんな人と出会えるのでしょうか???



~以下その2に続く~


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

長坂さんコメントありがとうございます!
そう言っていただくと励みになります!

あの、フルキャス○はまだありますよ...

ハチャメチャな感じもしますが、逆に人間の弱さとかが素直に書かれていて親近感が湧きました。

Naitoさんコメントありがとうございます!まだあるんですね。失礼しました。

小野寺さんコメントありがとうございます!ハチャメチャ・・・確かにこれほど
ピッタリな言葉はないと思いますwでも親近感と言っていただき嬉しかったです。

Kuribara Kao

小中学校イジメられっこ&親との不仲 → 定時制高校でハッチャケ→ キャバ嬢やったり日雇いやったり → 鍼灸師になったら学歴コンプ に→ 社畜3年で挫折 → 半年後なぜだか結婚? → 新婚やってたら脳梗塞ですとも! → 鍼灸師+病人+自宅警備員。 現在軽い片麻痺で杖をつきつつ低空飛行中の鍼灸師。

Kuribara Kaoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

過去世について

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

Kuribara Kao

小中学校イジメられっこ&親との不仲 → 定時制高校でハッチャケ→ キャバ嬢やったり日雇いやったり → 鍼灸師になったら学歴コンプ に→ 社畜3年で挫折 → 半年後なぜだか結婚? → 新婚やってたら脳梗塞ですとも! → 鍼灸師+病人+自宅警備員。 現在軽い片麻痺で杖をつきつつ低空飛行中の鍼灸師。

Kuribara Kao

小中学校イジメられっこ&親との不仲 → 定時制高校でハッチャケ→ キャバ嬢やったり日雇いやったり → 鍼灸師になったら学歴コンプ に→ 社畜3年で挫折 → 半年後なぜだか結婚? → 新婚やってたら脳梗塞ですとも! → 鍼灸師+病人+自宅警備員。 現在軽い片麻痺で杖をつきつつ低空飛行中の鍼灸師。

Kuribaraさんの他のストーリー

  • 定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その1 ~高学歴は嫌いです編~

  • Kuribaraさんの読んでよかったストーリー

  • 都市部・地方都市・そして田舎で暮らした私が教える、田舎ライフの落とし穴8つ。