飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

このエントリーをはてなブックマークに追加

結論から言うと、遺失物法(落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、遺失物(落とし物)の拾得者(拾って警察に届けてくれた人)によって、所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、とても危険な法律である。

……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。

―――――――――

2014年4月某日。親しい友人と東京都内の居酒屋で久方ぶりの再会。互いの近況報告や雑談などで気分も場も盛り上がった帰り、自宅に向かう最終電車に乗る直前で、先刻までとは打って変わって気分も場も盛り下がった。Suicaが入ってるパスケースがない。

「何で!?」を連発する酔っ払いに相手も食傷気味である。

「切符買って帰れ」という真っ当な意見に従い、その夜は久しぶりに、金額が印刷された長方形の固い紙を駆使して自宅に帰った。


翌日。

駅やら交番やらに片っ端から電話した筆者。しかし、先方の返答は全て「届いてません」である。

実は、パスケースの中にはSuica以外にも、原付の免許証(期限切れ)、自分の名刺、映画『桐島、部活やめるってよ』の半券など、個人情報と思い出が凝縮されていた。個人情報よりも思い出の鱗片がなくなったことに絶望した筆者は、即、遺失物届を提出。


数日後、某S警察署から「届いてますよー」という連絡が来た。某S警察署はパスケースを落としたはずの地域から山手線で半周しないと着かない場所にあり、筆者は一度も降り立ったことがない。

「何でそこに?」と思いながらも、「思い出」が見つかったことに歓喜し、すぐに受け取りに行った筆者。


警察署の方の対応はとても迅速だった。

法律で、拾った人にお礼しなければならないと決められているので、今からお相手の連絡先(電話番号と住所)と名前を書いた紙を渡します。こちらでも相手に連絡しますが、あなたから連絡してお互いにお礼の内容を決めてください。その際、警察は一切介入しません

迅速すぎて筆者が質問する隙は全くなかった。まぁいい。見つかっただけでも御の字である。


そう思っていた。「相手の連絡先と名前」の書かれた紙を渡されるまでは。


「住所××、電話番号××、名前山田太郎(仮名)」

相手おとこじゃねーーーーーーか!!! 

え、なのに、お礼の内容は警察が介入せずお互いで決めるの?筆者の場合、顔写真や本名で明らかに女だと分かるブツが遺失物の中に入っていたのだけど……。これ、「お礼は身体で」とか言われたらどーすんの?


……しかし、法律で定められているのであれば従うしかないと思った筆者。Twitterに「パスケース見つかりました!相手にお礼しなきゃダメって法律で決められてるんですね!」とノンキに書き込んだところ「決められてねーよwww」とのツッコミが。


「え?警察の人は、あたかも『それが当たり前です』みたいな言い方だったのに?」と思い調べてみたところ、

Q6 落とし物を拾った人にはどのような権利があるのですか?

 落とし物を拾って届け出た方には、次の権利があります。

 ただし、拾った日から1週間以内に落とし物を警察に届け出なかった方等は拾得者の権利を失います。

 お礼(報労金)を受ける権利

 落とし主が見つかった場合、落とした物の価格の5%以上、20%以下に相当する額を落とし主からお礼として受け取ることができます。

 

 落とし物を受け取る権利(所有権)

警察に届け出て3カ月たっても落とし主が判明しない場合は、落とし物は拾って届け出た方のものとなります。ただし、携帯電話機、カード類等の個人情報が記録された物等は受け取ることができません。

 落とし物の保管等に要した費用を請求する権利

落とし物の届出や保管等に要した費用は、落とし主に請求することができます。


Q8 警察に届けた落とし物が落とし主に返還された場合、警察や落とし主から連絡があるのですか?

 警察に届けた落とし物が落とし主に返還された場合、拾われた方がお礼(報労金)を受ける権利や落とし物を受け取る権利を放棄していないときは、警察から拾われた方に、落とし主に落とし物を返還した旨を連絡します。

 拾われた方がお礼を受ける権利を放棄していないときは、落とし主からも連絡がありますので、お礼の支払方法等について、双方で話し合いをしてください。京都府警察「よくある質問(落とし物Q&A)」より引用)


お礼は必ずしも義務ではないことが判明!!!!!!!!!!!

「パスケースごときでお礼を求める相手って何だよwww」といった意見が多数よせられるなか、いやいや、拾っていただけたのだし警察に届けて書類書くのは手間でしょうよ。お礼も欲しくなるよきっと……と思いながらも「なんかヤバいんじゃね?」と感じたことを今ここで白状する。

ちなみに、Twitterで書いた時点で既に相手への電話連絡は済ませており、「お礼なんか要らないんですけど……どうしようかな……じゃあ、飲みにでも行きますか?」と相手に提案され、筆者は承諾していた。


そして、「なんかヤバいんじゃね?」の予感は的中した。


会って飲みに行く約束の日。

待ち合わせ場所に現れた男性。「あれ?なんか見たことあるな……」と思ったら、なんと、まさかの、筆者の元彼だったのである。


名前書いた紙と電話番号を警察から渡された時点で気付くだろ!

と思われるだろうが、相手は知らぬ間に結婚しており、婿養子のため奥様側の姓になっていたことと、筆者が相手(以下、元彼)の電話番号を消去していたため、顔を見るまで全く気が付かなかった。電話で声も聞いたが、何年も前に別れた相手の声など憶えていない。


顔面蒼白の筆者。

しかし、「あの日、君のパスケースを拾ったとき、これは運命だと確信したんだ」「ずっと君のことが忘れられなかった」など、とって付けたような言葉を涙を浮かべながら嘘くさい笑顔で延々と言い続ける元彼。

「パスケースの中に、『桐島、部活やめるってよ』の半券入ってたよね。俺と一緒に観た映画の思い出を大切にとっておいてくれてたこと、本当に嬉しかった」

すみません私ひとりで観に行きました。しかも映画公開された当時はすでにあなたと別れています。

元彼がテキトーなことを言っているのが上記のカッコ内の発言で確定。

極め付けには、結婚したけど、妻と過ごしていても君の存在が脳裏をよぎる。俺が一番愛してるのは君なんだ。もう一度、付き合ってくれないか?と、この人は何かの病魔に襲われているのではとしか思えない発言が飛び出す始末。


「一刻も早くこの場から立ち去らなければ、大変なことになる」と思った筆者。


その直後。「へー、やっぱりねー!!!!」と、都心の駅前の喧噪をかき消すほどのラウドヴォイスがビー・ノー・ジョークなアトモスフィア……シャレにならんレベルの険悪な雰囲気が筆者と元彼の半径1mほどの範囲を覆った。

元彼の嫁の登場である。

顔面蒼白の元彼。

私が気づいてないとでも思った?あんたの浮気に。ってか相手この子(筆者のこと)なんだねー」と嫁。

「はい。そうです。すみません」と元彼。

はああぁあぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁぁあああああああ!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

「はい。そうです」ってなんだよあなたに会ったの数年ぶりだよ連絡も取ってなかったよ何言ってんの?と混乱する筆者。

目の前には完全に頭に血が上り私と元彼に罵詈雑言を浴びせる元彼の嫁と、嫁に対し「すみません」を連呼する元彼。

ここで何故か冷静になった…というか、ふたりを傍観するように思考がシフトされた筆者。完全に部外者なのに、勝手に浮気相手に仕立て上げられて黙っておけるわけがない。

怒り心頭な元彼の嫁に、パスケースを落としてから現在に至るまでの経緯を説明。それでも半信半疑な様子だったので、某S警察署からの着信履歴、連絡先を書かれた紙などの証拠を見せたところ、筆者の疑いは晴れ、糾弾の先は元彼一点に。


「お詫びを……」と、元彼の嫁は申し出てくれたのだが、もうお詫びとかお礼とかは懲り懲りだと思ったため、「旦那様に最強の私刑を」とだけ言って帰路についた。


落とし物をするのは色んな意味で危険である。所有物の管理には細心の注意を払おう。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

お疲れさまでしたm(__)m

みなさん、ありがとうございます!!

本当に実話だよね? 恐ろしや…

シマヅさんの居酒屋レポートいつも楽しく読んでます。今回は災難でしたねえ・・・

運命的な事って、あるんですね!面白かったです(笑)

久々びっくりする話しに出会った感じです‼
それにしても、元カレさんのことを悪くは言いたくないのですが、訳わからない行動を取る人ですね…

第三者的には思わず苦笑しましたが、
これが自分のことだったら、えらいこっちゃです_| ̄|○

久々びっくりする話しに出会った感じです‼
それにしても、元カレさんのことを悪くは言いたくないのですが、訳わからない行動を取る人ですね…

第三者的には思わず苦笑しましたが、
これが自分のことだったら、えらいこっちゃです_| ̄|○

純粋に笑った。ネタの宝庫の様な人生ですね(笑)

こういう運命のいたずらみたいな事って、本当に起こるんですよね。私も以前同棲して別れた女性と、その後付き合った外国人の彼女が、ドミノの国際大会で共に働く仲間である事を知った時には、鳥肌が立ちました。約70億人の内の2人ですから・・・。

嶋津 桂子

シマヅ。フリーライターです。

嶋津 桂子さんが次に書こうと思っていること

|

嶋津 桂子

シマヅ。フリーライターです。

嶋津 桂子

シマヅ。フリーライターです。

嶋津 桂子さんの他のストーリー

  • 新品のスポンジが泥水を吸ったらしい。―純粋だった少女が恋愛と酒とセックスで変わっていくお話―