若年性脳梗塞になってみた  その8(終) ~ 小さくなったって末広がれば大きな幸せ ~

このエントリーをはてなブックマークに追加
651

 一晩たってみると親に言われた言葉を真に受けた自分が恥ずかしくなってきました(笑)

 第一今の自分の家族は誰でもない、夫です。両親や姉は夫の次の人。

 そんな人の言葉に惑わされ、自分が生きる価値があるかどうかなんて考えるなんて恥ずかしいたりゃありゃしない!(笑)

 第一それを決めるのは自分自身なのにね。

 まあそれが血族ゆえの想いというか呪いというか・・・難しい心であることに違いはありませんでしょうが(^^;;)

 あとから知ったことですが入院中「家族トラブル」は決して珍しいことではないそうです。

 なので元気なうちからもし病気になった場合を考えて、誰の意見をもっとも大事にすべきかなどその人と十分話し合い、かつ文書(エンディングノートなどで)で残しておいた方がいいと思います(それでもシャシャリ出てくる人はいますが抑止力にはなると思います)

 

 わたしにととってはこの言葉を機に「実家にもう何を言われても気にしまい。私の家族は夫のみ。」と強く感じるようになり、心を乱されることが減りました。


 また「家族は夫のみ」と思うことで「できるだけ今までの家事ができるようにすること」を一つの大目標に挙げ、次に自分の持っている資格(鍼灸)で「自宅で仕事をできるようにすること」を小目標にしてリハビリに臨みました。

 鍼灸では右手より左手が重要、右手も親指と人差し指さえある程度動かせれば治療は問題なくできます。

 リハビリも以前の漠然とした「元のような生活」という所から明確な目標に変わることでリハビリも熱が入りました。

 

                                  


 結局のところ、入院中に「なぜ脳梗塞になったのか?」は分からずじまいでした。

 血液検査でもピルにて上がる血液凝固系の数値が微妙に高い程度であとは全くの問題なし。(なので医師的には敢えていうならピルが原因??位な感じだそう。足の血栓も全くなかったので)

 血管や血液だけ見ればかなり健康体で、心臓も心配のない程度の問題。脳の血管にも問題はありませんでした。

 リハビリも自立が出来るめどがたっていることから3週間程度で退院することになりました。

途中でヒガシ先生(仮)から原因が不明だということでもっと偉い先生にバトンタッチしましたが本当にこの病院にはお世話になりました。


 退院直前の細かな治療の経過や今後のことなどはこの先生から説明を受けました。

 先生からは「たぶんピルが原因の脳梗塞」とされ、食生活、その他の生活も今まで通りで構わない。

 半年は血栓を作りにくい薬を飲むが問題がなければ半年で終了する。妊娠出産もそれ以降ならば特に問題はないとの説明・・・(このあと内膜症と卵巣嚢腫は同じ病院の産婦人科にかかるのですがこの先生の一言で悩ますことになるwまあ餅は餅屋という難しさですね・・・)

 退院後は一週間後に一回来るように言われましたが、その後3か月は2週に一度の通院。それ以降は時間を空けていく予定だが、原因不明に近い脳梗塞なので一年に一度はMRIを取り様子は見ていきましょう・・・・とのことでした。

 ただここでもひと悶着・・・

  その時姉が見舞いに来ており、私と夫だけで受けるつもりでやんわりと「お姉ちゃんはいいよ、二人の問題だから・・・」と断ろうとするも医師が明るく「お姉さんなら同席してもいいですよ。」

先生・・・場の空気呼んで・・・・orz

  この病気の経過と今後のことを実家にそのまま伝えたためにその後また実家とトラブルを起こしますが、長くなるのでこの辺りはまたそのうちにf^_^;)



 さて無事退院日。(退院日が平日だったので前日に夫にほとんどの荷物を車で持って行ってもらい、やはり入院時同様退院も一人w

 怯えていた入院費用は個室込で35万円くらいでした。ですが高額医療補助のために14万くらいで済みました。手続きは病院のケースワーカーさんがやってくれたのでほとんどなにもせず、本当に助かりました・・・


 退院手続きを終え帰宅のためにタクシーに乗った瞬間、ふと涙が出そうになりました。


 どうしてなのかはよくわかりませんでした。

 でも、久しぶりの家に帰ってやっとわかりました。


「生きて帰ってこれたよ!!よかったよ!嬉しいよ!!」


                               


 そう言ってえんえん泣き続けました。嬉しくて嬉しくて。

 これからも彼と一緒にいれるんだ。これからも一緒に生きていけるんだ。それだけが嬉しくてありがたくて。

 名前も知らないけれど宗教には入ってないけど、神様とか仏様にとかなにか人外の大きなものに心から感謝をしながら私は嬉しくて泣きました。



さて、帰ってきてからも眠れないなどの症状の他に、いくつか気になる症状が出てきました。

横になっていれば元気なのに上半身を起こしたりするとすぐ疲れる、ふらつく、気分が悪くなる。

手すりがあれば麻痺した足も普通に歩けるのにないと足を引きずってしまう。無理に足を上げるとふらついて倒れてしまいそうになる。

特に外ではその兆候がひどく近くのコンビニ(往復5分)もかなり厳しい。

乗り物は進行方向に体を向け、かつ外を見ないと吐き気がする。

 音が異常にダメになり、TVなどを1時間も見てると頭痛や気分の悪さが出る・・・


 入院中には気が付かなかった症状です。でも横になっていれば元気なのです。


 これはいったい・・・と思い医学書を開き調べてみると出てきたのは・・・・


   平衡障害でした。そしておそらく左耳の聴覚過敏も出ているようでした。


 平衡障害は以前も書いた継ぎ足歩行やロンベルグ検査と言う検査で分かります。

ロンベルグ検査は両足をそろえて立ち、ふらつかない状態であることを確認し、目を閉じたら大きく体がふらつく場合このロンベルグ検査陽性となります。


                 


  私の場合は両足をそろえて立つことがまず難しくかなりふらつきます。しかし記憶したところではそれが出来ます。

そして目を閉じると思いっきりふらつき右後ろ側に倒れそうになることもありました。


 これは平衡障害だろう!と思い一週間後に神経内科の先生に相談すると「脳のエリア的にはあり得ないんだけどな・・・」と言われました。


しかし同日に見ていただいたリハビリの先生は

右側は明らかに平衡障害出ていますね・・・でも平衡障害のリハビリはないんです・・・

Kaoさん程度の自立が出来ると申し訳ないけどこの病院でできるリハもありません。生活の中でリハビリをしていくしかありません・・・・


 もう衝撃でしたね。リハで何か良くなる方法が・・・と思っていたのでショックはありました。しかも追い打ち。

脳梗塞で一番大事なことは寝込まないことです。無理しないこと。一日一個やったら今日はそれで終わり、それぐらいのペースで生活に慣れていくことです

 これが一番大変です。脳梗塞で退院したからと言ってもう大丈夫なわけではないのです。壊れた脳を補うように他の脳がそれを代償していきます。それが早い人もいますし、遅い人もいます。焦らず生活に慣れること。焦って疲れて寝込んではまた逆戻りですからね。

 自分のペースを大事にしていってください。

 そして転ばない。骨折したりしないようにすること。あと再発させないこと。脱水症状には十分気を付けて。

 もちろんまた何か困ったことがあったらいつでも相談に乗りますからね。」


 先生・・・今困ってんです・・・と言えたらよかったのですが(笑)親身に心配してくれる先生の顔を見てたら何も言えなくなってしまいました。


 そう、これからは一人でリハビリをやらなくてはいけないのです。でもそれだけ軽かったことはラッキーだったともいえるのですが、また病気に一人で立ち向かわなければいけないのかと思うとまた井戸に落ちた気がしました。


 でも家に帰れます。ご飯食べれます。しゃべれます。笑えます。医療の知識がありますから対策も今後自分で立てれます。

 なにより夫がそばにいてくれます。


                           


 何も落ち込むことはないのだ、失ったものは大きいけど気が付いたものも大きいのだと思えばたいしたことではない気がしてきました。


 その後、自宅で自分を色々検査(笑)

 どうやら右足の平衡感覚がやられているのが判明。というのも右手を壁にあてれば目をつむってもふらつかないから。


 で、やった対策。


右手で平衡感覚を持たせれば大丈夫 = 右手で杖を持てば万事解決

進行方向を向いてない、窓を見ないと乗り物酔いをする = 4人掛けの席のある電車が走る夫の職場に近い所に住めばOK

今の賃貸の家は細かな段差やふろのまたぎが深く、また階段も急で上り辛く生活しづらい = バリアフリーの家を購入。ついでに鍼灸院もできちゃうお家で長年の夢がかなったぞ!!(笑)


 家についてはあと数年、お金を貯めてからと思っていましたがそれが早まったわけです。今では逆にリフォームなく鍼灸院できる作りの家がそうあるわけではないので(笑)あのタイミングで買ってよかったと思っています。(小金は貯めておくに限ります(笑))


 また以前の家は夫の職場まで1時間弱かかっていましたが半分以下の時間で職場に着くようになり夫も体が楽になりました。その後デスマーチ(笑)を何度かするはめになった夫にとってもよいタイミングだったと思います。



 私にとって「脳梗塞はたとえるとなんですか?」と聞かれたら「ナイル川の氾濫」と答えます。


                     


 『エジプトはナイルの賜物』と言われますが、決して川の氾濫はその瞬間はいいものではないと思います。

 毎回失うものがあるでしょう。でも毎回得るものはそれ以上だからこそその苦しい場所に住むことを選ぶのでしょう。


 私にとってもそうだったのです。

 健康なときには分からなかったもの、気が付かなかったものを気が付くようになりました。鍼灸院を開院するという夢が叶いました(ただ体調の関係でまだまだ完全予約制ですが・・・^^;;;)

 体は不自由です。

 最初は一日動けば翌日は動けないくらいの疲労でした。長時間の外出はかなりの苦痛でした。

 でも動けなくはないのです。それだけでもすごいことです。


 数年たち、平衡障害や聴覚過敏の付き合い方も覚えてきた今は「病人兼専業主婦」ぐらいまでには家事ができるようになってきました(笑)

 やはり杖は付いていますが今は二日までなら予定をいれてもなんとかやっていけます(疲れはするのでその後休業日作りますが)

今では一人で電車に乗って一日外出することもあります(やはり疲れますが)

 車で旅行も行きます。海外は再発の心配と平衡障害の心配でまだ行けてませんがまだそこまでのエネルギーはないかな(^^;;)

でも国内旅行もゆったりできていいものですよ!

鍼灸院もそれなりにやっています。

 テレビもバラエティのようなたくさんの人の声が混ざるものはダメ(聞き分けが出来ず頭が痛くなる)ですが、少ない人の声で進めるニュースなどなら見れるようになりました。

 

 しかも不思議なご縁で昔の仕事をやったりなどもしています。


 昔のように週5回働くのは無理ですが週2回くらいは仕事や外出をしたりしています。



 あの脳梗塞は私からたくさんのものを奪っていきました。

 でも残ったものを育てていくようにしたらもしかしたら病気の前より今の方が幸せなのかもしれないと思うこともあります。


 

もし「脳梗塞になったのにあなたは幸せですか?」と聞かれたら「脳梗塞は幸せではなかったです。同世代の子たちが出来ることが出来なくなったのもあるので。でもだからといって不幸せではないです。幸せなことが多いです。」と答えるでしょうね。

小さくなった幸せも末広がれば大きくなります。幸せは育てることが出来るから。


              


そんなわけで私の「若年性脳梗塞になってみた」は縁起良く幸せ末広がりの八にて終わりにさせていただきたいと思います。

この話が誰かに役に立てれば幸いです。




 長い文章お付き合い頂き、誠にありがとうございました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

本音の言葉が軽快に読みやすかった。生きるヒントを学ばせてもらいました。私自身、55歳になり、うつ病で、ゴロゴロベッドから起き上がれず苦しい日々ですが、今になってみて、本当の自分の幸せを熟慮しています。
今までの人生、必死に忙しいばかりでした。死に直面することも無かったので、「幸せ」を考える機会がなかった。そこに、Kaoさんの素敵な幸せSTORYは、残ったものを育てていく事を教えていただきました。
55の私にどれだけのものが残っているかわかりませんが、それを大切に育てる事が幸せと関係する発想がなかっただけにありがたかったです。
ありがとうございました。

溝部さん、コメントありがとうございます!
うつ病大変ですね・・・自分もベッドでゴロゴロしていることが多いので焦る気持ちも苦しい気持ちもなんとなく分かります。でも今はこれが薬の時期なんだと言い聞かせてます。
人生の先輩にそんな風に言われて恐縮です!
きっと溝部さんなら沢山幸せが残っていますよ(^^)たまたま気がつかないだけで。
本物の幸せはかなりみた目が地味wなんだけど絶対残るもんだと思います。
そして慌てなくても気がついた事でそだっていくんだと思います。
そしてこの話に共感出来る溝部さんなら上手に育てる才能があると思います!(⌒▽⌒)
こちらこそ読んで頂きありがとうございます!お身体を大事にされてくださいね!

素晴らしい体験記、ありがとうございます。
どうかこれからもお身体第一になさってください。

私が大好きな春山満さんという方がいらっしゃいます。
筋ジストロフィーになられて、首から下が全く動かないのにもかかわらず、社長業をされ、素晴らしい商品を世の中に出し続け、先日60歳でお亡くなりになりました。

この方の言葉に「無くしたものを数えるな!今あるものを最大限に活かせば、かならず道は拓ける」という言葉があります。
今回拝読して、この言葉を一番に思い出しました。

私も、これからの人生がんばって行きたいと思います。

村瀬さん、コメントありがとうございます!
春山満さんは存じ上げませんでしたがこんな素晴らしい先輩がいるんだと思うと元気が出ました!教えてくださってありがとうございます!
そうであうね、なくしたものを数えてもダメですよね。
私もこれからも前向きに頑張って行きたいと思います!素敵な言葉ありがとうございました!

色々共感できました^ ^

高野さんコメントありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいです!

かなり軽く済みましたが
色々考えさせられました……
とても不安になり終活はじめました……

私も以前、軽い脳梗塞にかかりましたので、Kaoさんの気持ちは少しは分かります。私の場合は発症したその日のうちに大病院に行けたので比較的軽くすみました。でも、この脳梗塞はなってみないと分からない。
大変だと思いますが、これからもぼちぼち頑張ってください。
やはり支えてくれるのは伴侶ですね。

詳しいお話をありがとうございました。
大切な知人が同じご病気になられて、時折お辛い気持ちを私に話してくださるのですが、本当に自分がその方の気持ちを受け止められているか不安に思っていました。

今回読ませていただいたKaoさんのお話が、その方のことをこれまでより深く想像できる助けになってくださいました。
本当にありがとうございます。

今晩は、自分も37才で脳梗塞になり4年経ちますが、kaoの若年性脳梗塞になってみたを読んで自分は忘れていた気持ちを思い出しました。ありがとうございます。

Kuribara Kao

小中学校イジメられっこ&親との不仲 → 定時制高校でハッチャケ→ キャバ嬢やったり日雇いやったり → 鍼灸師になったら学歴コンプ に→ 社畜3年で挫折 → 半年後なぜだか結婚? → 新婚やってたら脳梗塞ですとも! → 鍼灸師+病人+自宅警備員。 現在軽い片麻痺で杖をつきつつ低空飛行中の鍼灸師。

Kuribara Kaoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

父と母が離婚した時の話

入院を繰り返したメンヘラが自分で商売をはじめてデジタルノマドになった話 (2)

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 3

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 2

パプアの森の勇者デメギョの復活 (アトピー地獄からの脱出) 1

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

「あること」に気づいた瞬間、運気が一気に好転しはじめた!

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

レッドブルは本当に「翼をさずけてくれるのか」、を90日間試してみた“名もなき男”の人体実験結果。

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

時効だから話す殺人事件 第五回

第1話あーすじぷしー【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

Kuribara Kao

小中学校イジメられっこ&親との不仲 → 定時制高校でハッチャケ→ キャバ嬢やったり日雇いやったり → 鍼灸師になったら学歴コンプ に→ 社畜3年で挫折 → 半年後なぜだか結婚? → 新婚やってたら脳梗塞ですとも! → 鍼灸師+病人+自宅警備員。 現在軽い片麻痺で杖をつきつつ低空飛行中の鍼灸師。

Kuribara Kao

小中学校イジメられっこ&親との不仲 → 定時制高校でハッチャケ→ キャバ嬢やったり日雇いやったり → 鍼灸師になったら学歴コンプ に→ 社畜3年で挫折 → 半年後なぜだか結婚? → 新婚やってたら脳梗塞ですとも! → 鍼灸師+病人+自宅警備員。 現在軽い片麻痺で杖をつきつつ低空飛行中の鍼灸師。

Kuribaraさんの他のストーリー

  • 定時制卒が帝六の博士さまに娶られた話 その1 ~高学歴は嫌いです編~

  • Kuribaraさんの読んでよかったストーリー

  • 親からの束縛で自由が無いと思っている人へ